ハワイ旅行より

バーを楽しむ

「アメリカの居酒屋?」ともいうべきかもしれないが
もっとカジュアルな所、立ったまま軽くビールといった雰囲気
バンドを聞きながらゆっくりとトロピカルドリンクを楽しめるところもあり!
一人でも気軽に立ち寄れる雰囲気もいいのだ!
夜の街歩きのついでに立ち寄るのもいい(^0^)/








 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






カジュアルにバーを楽しむ!
ワイキキにて



アメリカンバーはどんなところ!?
酒場である
最近は日本でもよく見かける「バー」 バーといってもいろいろあるが
一般的にはカウンターでビールやカクテルなどを飲む「酒場」といったところ
カウンターでテレビを見ながら軽くビールとポテトの飲酒を楽しんだりできるところもあれば
ビーチ沿いのテラスでバンドを聞きながら飲酒を楽しむところ
レストラン同様 テーブルで飲酒を楽しむなどいろいろある。
ちなみに「居酒屋」ともいうべきだがもっと軽めで中にはつまみなしで
ビールだけを飲むという人もいた。
もちろん チーズ、ポテト、ピザなどのつまみもある。


ビーチサイドでバンドを聞きながらのバーもある!


どこにあるの?
ワイキキの中心部を歩けばあちこちで見かけた。ただ、「バー」というより
「レストラン&バー」(Restaurants & Bars)という表示が多く。
レストランの中のカウンター席がバーとなっている といった雰囲気
それ以外の場所でも 町ではバーというのをよく見かける。
ちょうど日本でいう「赤ちょうちん」のような存在で
ハワイ(というかアメリカ)の田舎町でも見かけることがある。
中にはまるで廃屋のような薄暗い中にバーのカウンターがあることもあった。


ワイキキビーチウォークを歩くついでにレストラン&バーに立ち寄った。


アルコール制限の厳しいハワイだからこそ
ハワイでは公共の場での飲酒は禁止、公共交通機関の中や道を歩きながらの
お酒はもちろん ビーチであってもアルコールをとってはならない(捕まる)
またフードコートや屋台でもアルコール類を扱わないところも多いので
アルコールをとれるところは限られてしまう。
それゆえお酒好きにとってバーの存在は大きいであろう。

ビーチサイドのバーでハワイらしい雰囲気を!
アメリカではよく見かけるバーであるが「ハワイらしさ」を楽しむならビーチサイドに
バーのテラスが並ぶことがある。生バンドが流れる中、ビーチの夕日を眺めながら
傾けるカクテルは最高の思い出となる。
ビーチサイドバーでもカウンター席があり一人でも入れた。
ただし、一般的なバーと比べ割高であった。


夕日を眺めながらバーを楽しむのもいい!


カジュアルで一人でも楽しめる
ハワイ(アメリカ)の場合レストランは一人で入りにくいが
バーなら一人でも気軽に入れるのがいい。
カウンターで一人で飲んでいると隣の人が英語で話しかけてくれることもあった。
酔っていると通じない言葉も通じてしまうので不思議である。(*・・*)

値段の目安 メニュー
ざっとビールの中ジョッキ(より小さめかな?)で6ドル程度
そこにつまみでポテトやピザ、ソーセージなどを1皿注文して15ドル弱といったところ
軽く一杯ならともかくカクテルやビールを2杯 3杯と飲んでいると
20とか30ドル位は軽くいく 日本の居酒屋チェーン店よりは割高であった。
ちなみにつまみにいいメニューも多いが
日本の居酒屋ほどでもなく。ビールなどアルコールもさっぱりめ
「食べる」より「飲む」に重視している感じ。


つまみにピザを注文


注意点
パスポートの提示を求められることも
ハワイは21歳以上でなければアルコールはとれない
店も結構厳しく身分証明証の掲示を求められることも多い。
30歳であっても40歳であっても持って行った方がいい。
厳しい目で「パスポート」と言われることもあった。
あと0:00〜6:00など時間帯によってアルコール販売禁止の時間帯もあるので注意

飲みすぎ注意
雰囲気に飲まれてグタグタになるまで酔ってしまう。
ハワイではそういう人はほとんど見なかったのでそのようなことがないように注意しよう!

言葉の問題
日本語を話せる店員のバーは見たことがない。ワイキキの場合 日本語メニューが
置かれていることもあるが、ちょっと離れればほとんど英語
ただ、なんとなく分かるはずだし、心配なら旅行の英会話集でも持って行けばいい。
高度な語学力は求められない。

利用方法
そんなに難しくはないが簡単に利用方法をまとめてみました。
店の中に入る
まずは店の中に入る。Bar と書いてあるはずだから
分からないことはないと思うが、心配ならハワイ旅行のガイドブック等で
確認しておこう!

カウンターか?テーブルか?
基本的には勝手に席につかずに店員の案内を待つ
ビーチサイドバーなどはカウンターでもそうだった。
ただ、ちょっとした所ならそのままカウンターへ向かったと思う。
カウンターの前に店員がいるのだ。

注文する
注文する言葉が通じなければ メニュー表に指をさしても通じよう。
カウンターの場合 アルコールを注文したらすぐに出てくることが多い。

会話が弾むことも
まれに隣の席の人や店員に話かけられることもある。
英語を話せればいいものの、自身がなくても片言英語や笑顔でかえそう!(^^)
アルコールのお代わりをすすめられることもあり
一杯のつもりが2杯3杯となってしまったこともある。


可愛らしいハワイアンブルー


チップを払うの?
テーブル席ならレストラン同様 チップを払うだろうが
カウンターでチップを払ったことはない。


 





食事についてに戻る



トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。
また 一部グアム旅行の写真もありますが知っている限りハワイも同等と思われます。