ハワイ旅行の宿泊設備

B&B(ベッド アンド ブレックファースト)に泊まる

ハワイの民宿といったところか?ワイキキ郊外や
その他のエリアでも見られた。ゆったりとしたスペース
キッチンやクラシックな家具、中には豪邸のような建物もあり
そこで住んでいるような気分になれる。
B&Bでちょっと変わったハワイライフを楽しんでみたい。



                 







 ツイート



くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






B&B(ベッド アンド ブレックファースト)に泊まる。


B&B(ベッド アンド ブレックファースト)とは
そもそもB&Bとはどのような宿泊設備なのか?
アメリカの民宿といったところか?
日本でいうなら高原にあるプチペンションといった所かもしれない。
一般の民家に泊まるようなものだ。
しかし、ハワイ(アメリカ)の人々は大きな家に住んでいることが多いので、
必然的に大きな建物になり、豪華なライフを過ごすことができる。
部屋の広さはもとより、ゆったりとしたテラスや庭、まるで貸し切っているようなビーチで
ゆったりとひとときを過ごすこともできるのだ。場所も郊外の田舎に位置することが多いので
街の喧騒を忘れ静かな生活を送ることができることが多い。


自分が泊まったB&Bの部屋の中
(70ドル程度だったと記憶している。 ハワイ島 ボルケーノビレッヂにて)


生活している気持ちになれる。

B&B(ベッド アンド ブレックファースト)の最大の魅力は
そこに住んでいる気持ちになれることだ。見た目は一般の民家なので
家具なんかもアメリカの一般家庭で使っているようなもでキッチンもある。
つまり自分で料理もできるのだ。その地域に溶け込んでいるみたいだ。


そこに住んでいる気持ちになれるのがいい!(^0^)/


一軒に何室?

シャワーやダイニング、キッチンは共同で
一軒につき2〜6室(3〜6グループ)泊まるようなB&Bをよく見かけた。
ちょうど寝室が2〜6室に分かれているといった感じだ。
また、一つのB&Bに数件を家を持ちそこまで車で移動というところもあった。
朝食時は受付のある家まで車で移動するのだ。
ホテルのように一軒に何十室もあるようなことは考えられない。
逆に
別荘のようなところを貸し切るところもあり8人位で泊まれるところもあったが
コンドミニアムに値するかもしれない。

朝食付き?
ベッド アンド ブレックファーストというのだから、一般的に
朝食は付くものと思われるが宿にもよると思う。
自分の泊まったB&Bでは
6.35ドル程度の別料金で朝食があった。
雰囲気としては
高原にあるプチペンションの食堂で
トーストやベーコン、レタス、フルーツ、オレンジジュースにコーヒーなど食べ放題
アメリカの家族連れも多く。
すごくよかった。


朝食を楽しむ!


コンドミニアムやモーテルなどと混乱する!?

B&Bとは書いたものの ハワイには他にコンドミニアムやINN 他にも
モーテルというのがあり、はっきりとした区分は付けにくい。
例えば、一週間など別荘を貸し切るようなプランもあるが、B&Bよりコンドミニアム
に近いかもしれない。朝食も付かないようだ。

B&B(ベッド アンド ブレックファースト)はどこにある?
どこにでもあるわけではない
レンタカーで郊外をドライブするとあちこちにB&Bやモーテルなどありそうな気がするけど
ほとんど見かけることはなかった。あったとしても外見は分かりにくいと思う。
予約なしで泊まるのは考えがたい
ちなみに
オアフ島ならワイキキかから車で数十分ほど行った
ハナウマ湾近くなどにあるようだ。また、ハワイ島ではキラウエア火山近くの
ボルケーノビレッヂでは多くのB&Bがあるようだ。
ボルケーノビレッヂの場合はまわりは森で高原といった所
街中に位置することは考えにくく、だいたい公共交通機関の便は悪い。


ボルケーノビレッヂにて
(森の中に建物が建つ、日本でいう高原の別荘地と似ている。)



値段は?
60〜100ドル程度と見ている
一概にいえないが安い所なら1室70ドル位で一軒屋貸し切るなら300ドル以上することもあろう。
部屋もそれぞれ個性的で、部屋によって値段が異なることもあり
個人的には60〜100ドル程度がいいと思っている。
ちなみに
日本の民宿と比べると高上がりに思えるがそれなりに豪華なことも多い。
部屋の様子などインターネットで紹介されていることも多いので
チェックして自分好みのB&Bを見つけよう!朝食は別料金とか付かないこともあろう。

部屋の様子
一概にはいえない
部屋もそれぞれ個性的なので一概に言えない。
例えば
寝室には広いベッドやテレビ、エアコンなどで
共同のテラスやキッチン、ダイニングルーム 庭があり など
アメリカの一軒屋を想像すればいいと思う。

B&Bに泊まるには?
B&Bはどのように泊まるのか?
個人手配の他 オプショナルツアーで紹介されていることがあった。

旅行会社では紹介されないことが多い
場所が悪くレンタカーでなければ不便
ホテルのように一度の多くの人は泊まれない
言葉が通じない・・・
いろいろ考えると旅行会社が出すハワイ6日間といったフリープランで宿泊するのは
考えがたく、格安航空券やホテルなどを別々で手配する個人旅行で泊まるのが
一般的であろう。ただ、旅行会社で紹介されることがほとんどなく
一般の日本人旅行者で泊まることはあまりないことから
正確な位置の確認などそれなりの下調べは必要となろう。

インターネットで別途手配
とはいえインターネットの普及している現在 ネットだけで格安航空券やホテルの手配はできる。
中にはB&Bを紹介するサイトもあり、ネット予約ができる。
日本語で予約できるところもあったし、中には日本人経営のB&Bもあった。
英語に自信があるなら直接B&Bにアクセスして予約するのもいいと思う。
いずれにせよ個人旅行になるので それなりの自己責任を問われよう。
ネットで場所の確認もしっかりしよう!

オプショナルツアーに参加する。
個人的にはB&Bは旅慣れた人向けと思っている。
でも
B&Bに泊まりたい!
その場合はオプショナルツアーでB&Bに泊まる方法もある。
インターネットで調べると
「ホノルル発 ハワイ島のB&Bに泊まる1泊ツアー」
なんてのもあり。
フリープランの場合は宿泊ホテルが全てセットされてしまってるので
インターネットを通し個人で格安航空券やホテルなどを別途手配するという方法があるが
旅行会社で相談してみるのもいい。
B&Bはホテルにはないような独特のよさがあるのだ!

詳しくは下をクリック

格安オプショナルツアーを利用しよう!


入口の雰囲気もいい!


1泊では受け付けないこともある

個人の場合 1泊〜ドルとなっていても最低2泊以上とか
5日とか1週間で〜ドルなんてのもある。
そこでゆったりとしたひとときを過ごすのがハワイライフなのだ!


B&B(ベッド アンド ブレックファースト)の泊まりかた
手配のしかたそのものは難しくはなかった。
私の場合は
インターネットで予約 料金はクレジットカードで引き落とされる。
プリントアウトした予約確認証を持って行き手続き
キーを渡される。
チェックアウトにキーを返す
そんな要領だ。
言葉は英語のみだったが、予約をしているのでなんとかなった。
ただ、場所に着くのに迷う心配があった。

B&B(ベッド アンド ブレックファースト)の注意点
外見では分かりにくいことがある。
場所は分かりにくい。看板が出ていることもあるが外見も普通の民家
オプショナルツアーではなく個人で訪れるなら
場所をしっかり確認しよう!インターネットでマップを開いて確認したが
それでもそこは一面の森の中で 〜ロードの〜あたりまで細かく確認
さらに受付の建屋を確認しても自分の泊まる建屋まで車で数分ということもあるので
早めの行動をとりたい。
場所が悪いこともあり
場所によっては路線バスでも行けると思うが、基本はレンタカーであった。
場所が悪いのだ。またB&Bに到着しても周りは森や住宅街
買物などへ向かう足を考えると やっぱりレンタカーがいい。
フロントが閉まってしまう
ホテルみたいに24時間とは考えがたく 17:00にはフロントが
閉まってしまい係員不在になることもある。
その時間までには絶対に着きたい。
やむを得ない場合はポスト受けにキーを入れておいてくれることもあったが
自分が泊まったボルケーノビレッヂのB&Bは夜ともなればまわりは人っ子一人いない
真っ暗な森の中 かなり不安だし 危険でもあろう。鍵もかけてある
自分が泊まる建屋が別のところになると悲惨だ。
予約確認証に電話番号があったので 夜 携帯電話で係員を呼び出して
案内してもらったことがある。
英語のみが多い
まず、B&Bに泊まる客のほとんどがアメリカ人らしく、日本人旅行社は見かけなかった。
日本に例えれば 浜辺の民宿に西洋人が泊まっているようなものかもしれない。
日本人経営など一部を除けば言葉も英語のみと思った方がいい。
クレジットカード
B&Bに限ったことではないものの
日本の旅行会社を通した場合 銀行振込みでも可能だが、ネット予約の場合
クレジットカードが必要になることも多い。


夜の雰囲気もいいが 周辺は真っ暗 早めに着こう!


 





ハワイの宿泊設備についてに戻る




トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。