ハワイ旅行より

物価について

旅先の物価は気になるもの、世界的に有名なリゾート地
ハワイ、物価も高いのではないか?と思うかもしれない。
確かに観光エリアなら若干値段は高めだが驚くほどでもなかった。
ハワイに訪れた経験から値段についてまとめてみました。








 ツイート




ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷








ハワイの街を楽しむに物価は気になる。


ハワイの物価を全体的に見て!
特別高いわけでもない。
ハワイといえば高級感も感じ全体的に「高い」というイメージが強いかもしれない。
確かに円高でもすすまない限り「物価が安い」と思うことはあまりないが、
日本と比べても特段 高いというわけでもないのだ。
例えば 安くすれば食事だって5〜10ドルで楽しむことはできるし
1ドル程度の小物 日本人旅行者に人気のチョコレートも1箱5ドル以下というのもあった。
バスだって1回あたりの乗車が2.5ドルといったところだ。ただ、高いところは高いがそれ以上の
クオリティーもあることが多い。

観光エリアはひとまわり高いこともある。
日本でもそうだが観光地の物価は若干高めである。ハワイでも
食事や買物など有名リゾート地「ワイキキ」と地方の町と比べると
ワイキキの方が高いということがある。ただ、値段が倍も違うわけでもないし
若干高いといったところ、観光地の方が名物料理を味わえるし
旅行者を満足させてくれる買物ができるもの、それに
よく分からずレンタカーで地方へ行って食事となると
コンビニやファーストフードになってしまうこともあるし、
お土産にいいと思う品もなかなか見つからないので
食事も買物もワイキキを中心に楽しんだ!


ワイキキなど観光地は若干高いこともある。

税金
日本でも消費税があるのと同じでハワイにも州税がかかる。
(税率はオアフ島で4.712% それ以外では4.166%)他にもホテルの場合
8.25%のホテル税、レンタカーなら車両税だ登録料だだのいろいろかかる
さらにセルフサービスを除くレストランやタクシーなどは15%チップがかかったりと
いろんな出費がある。それも外税ということが多い。


ワイキキのホテル
(フロントにて)


おおよその値段
私のハワイ旅行経験からおおよその値段についてまとめてみました。
品や場所によっても値段は異なるので一概には言えません。
おおよその金額です。



食事など
高いか安いかの判断は難しいが、日常的な食事なら日本と変わらない位だが
贅沢な食事となれば高上がりといったところか?
例えば
ファーストフードやフードコート、コンビニのテイクアウトやスーパーで買った
食料など日本と変わらない位だ(100円マックほどの安さではないが)
しかし、レストランでゆっくりディナーとなると高くなる上にチップも払う。

レストランで食事

(ビーチバーは若干高めだったが大きく異なることはなかった)
一概には書きにくいがワイキキのレストランでステーキやシーフード
ハワイアンフードなどを注文してチップを入れて25$程度
ビールやカクテルを注文して+5〜7$程度だった。
ちなみに
ランチで15〜20$程度だった。


ステーキ&シーフード
ビールを付けて30$弱だった。

バーでお酒

ビール(中ジョッキより若干少なめ)で5〜6$程度
ハワイアンブルーなどのカクテルでも同じ位だった。


バーでビール
(5〜6$程度だった。)


フードコート

5〜10$で1食分といったところか?


フードコートでBBQ(バーベキュー)
(ドリンクを付けて8.46$だった。)


観光客が立ち寄りそうな食堂

オアフ島北部の道路沿いの食堂で名物のエビのプレートランチで12$だった。
ハワイ島のアカカ滝近くの食堂で11.35$のプレートランチ
観光客が立ち寄りそうな町の食堂だと12〜15$程度といったところか?


ハワイ島「アカカ滝」近くでランチ
(コーラを付けて12.5$程度だった。)

ファーストフード

バーガーキングやマクドナルド、タコベルで
ドリンク付 6〜8$程度といったところ
ワイキキのファーストフード店でハワイ名物ロコモコを食べたときは
ドリンクを付けて6.5$程度だった。


ワイキキのファーストフード店ででロコモコ
ドリンクを付けて6$ちょっとだった。

喫茶

スターバックスでホットチョコレート 3.3$
ハワイ島にあるカイルア・コナでカップコーヒー2.34$で飲んだ。


ハワイ島のカイルア・コナでコーヒー
(2.34$でだいたいは紙コップ入りであった。)


屋台でシェイブアイス
(ハワイ名物のカキ氷)

Sサイズで2〜4$程度
観光スポットなら4$程度であった。


ハワイ名物「シェイブアイス」
2$位のところもあったが、観光地なら4$程度だった。



コンビニエンスストアーやスーパーマーケット 雑貨屋にて
気軽に利用できるコンビニエンスストアー、ハワイにも多くのコンビニを見かけた。
ジュースや菓子などいろんな品を手頃な価格で購入できる。
ワイキキにあるABCストアーなら日本の品やお土産も購入できる。


ワイキキ歩きに便利なABCストアー

缶ジュース

80¢〜1$程度

ペットボトルのジュース
1.5$程度

ペットボトルのミネラルウオーター
1$程度

ガム
35¢〜1$程度


ガムとドリンク
ガムは35¢ ドリンクは1.35$程度だった。

カップコーヒーやジュース

一番小さくて1.3$程度
日本のLサイズもしくはそれ以上に大きかった。

ホットドッグ
1.4$程度


コンビニでホットドッグとコーヒーを購入

コンビニや雑貨屋で売っているような菓子パン(メロンパン)など
1.5$程度

ビール(コナビールなどハワイ産のビール)355cc瓶
1本2$程度


お土産にもいいハワイのビール

アイスクリーム
2$程度が多かった。

スナック
1.5〜2$程度

カップラーメン(中国産)
1〜1.5$

ヨーグルト
1.2$程度から

ワイキキでは日本の食料も見かけたがかなり高めだった。


スーパーマーケットで食材を購入
コンドミニアムやキッチン付のホテルの泊まるなら自炊もしたいところ
スーパーマーケットで食材を買い集めれば安上がりでもあろう。
ただ、ステーキや野菜などかなりの量で売られているので1回だけの料理なら
メリットは少ない。家族などグループでの食事や長期滞在に適している。
ワイキキ中心部にもスーパーマーケットはあるが郊外と比べ高上がり しかし
少ない量で売られていることもあるので旅行者にとっては便利かもしれない。
1人あたり10$程度でそこそこ豪華な食事ができるだろう。
ただ、一人用サイズは期待しない方がいいだろう。


旅行者に便利なワイキキのスーパー

ステーキ

1枚あたり2〜5$程度でレストランより安上がりだが、1枚で売られることは少なく
4枚8$といったところ、1枚なら3.5$程度からと記憶している。

ソース
粉末ソースが1.5〜3$程度であった。4人分位になろう。

牛乳
3.78?入で4.5$程度

豆腐
396g 1.8$〜(でかい)

真空パックのライス3個
8$〜

キャベツ 1玉
1.2$程度

チーズ
2〜5$程度

つまみ(さきいかなど)日本で300円程度のつまみ
2.5〜3$程度


スーパーで食材を購入

買物
高級ブランド品などを除くと特段高いと思うものはなかった。
お土産でもそこそこのものを数ドルから購入することができた。
ただ、100円ショップほどの安さは期待できない。

チョコレート

1箱3〜8$程度
まとめ買いする旅行者も多く5個セットなどでも売られていた。

コナコーヒー
品によっていろいろだがスーパーで安い物なら5〜6$程度
高いものだと数十$位するのも見かけた。

小物(飾り)
小さなレイ 1$程度
飾りのが小さなもので5$弱
手作りの木彫りとなると20〜30$といったところ

記念Tシャツ
15〜20$程度

アロハシャツ
15$程度〜
安いものなら15$ 中には12$程度もあるし高ければ50$以上の品も普通に売られていた。
屋台や観光客目当ての店の方が安いことがあったがしっかりしたものなら多少高くても
デパートの方がいいと思った。

ハワイ限定グッツ
ちょっとした財布など(女性向け)で20〜30$程度からある。

ボールペンやシャープペン
安いものは1$からあるが1本1$というのは少なく
1本なら2〜3$程度をよく見た。
2本とか3本セットというのが多い。


お土産にいいチョコレートやコナコーヒー クッキーなど

交通機関
路線バスは日本と同じ位か?安いか?といったところ
タクシーやレンタカーの場合は割高だと思った。

路線バス

オアフ島のシティーバス(ザ・バス)で1回2.5$ 1回あたりの運賃なので
ワイキキ(アラモアナセンター)から島北部(ノースショア)まで移動すれば
50km以上あるのでかなり得ともいえよう。(そのかわり疲れる)
ワイキキをクルクルまわるワイキキトロリー(ピンクライン)は1乗車2$だった。


オアフ島のシティーバス「ザ・バス」

タクシー

距離によって異なるが参考に
ホノルル国際空港からワイキキまで45$だった。(チップ含)
ワイキキ内の移動なら8$程度(チップ含む)


タクシー

レンタカー

大手のレンタカー会社で一番安いコンパクトカー24時間
保険や各種税金が入ったセットプランで80$程度だった。


レンタカー

ガソリン

ガロン(3.785?)で見ることが多いが1?1$弱といったところだ。日本より安上がり
参考に
コンパクトカーで
ワイキキ→ドールプランテーション→ノースショア→ポリネシアカルチャーセンター
→カイルアタウン→シーサイドライフ→ワイキキとドライブしたときの
ガソリン代が30$程度だった。


ガソリンスタンド

駐車料金

場所によるが 駐車料金が高いのがワイキキで
1時間4$とか1日20$とか 場所によってかなりのバラつきがある。
割引が利くこともあるがそのホテルの宿泊客も駐車場は有料というのが一般的
マウイ島のカアナパリリゾートエリアなど高級リゾート地もそこそこの値段はかかる。
その他 全体的にみれば1回あたり3〜4$程度といったところか?
もちろん無料駐車場も多い。


観光地など駐車場が有料であることも多い。


 





トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任での調査してください。