ハワイ旅行の食事

ファーストフードを楽しむ

定番というべきファーストフード店、気軽に食事や
喫茶を楽しむことができる。マクドナルドなど
日本でも御馴染みの店も多いがタコベルなど珍しい店もあるし
歩いているとロコモコのファーストフード店などもあり
ハワイのB級グルメを堪能することだってできるのだ!








 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






ハワイでもファーストフード店を見かけた。
(マウイ島にて)



ハワイのファーストフード店
ファーストフード店をよく見かけた。
だいたい予想はつくと思うがハワイにもファーストフードが多い。
ワイキキなど街中でも見かけるし、郊外をドライブしていても見かけることが多い。
郊外などドライブするとファーストフードでしか食事ができなかったということもあるのだ。

どのような店がある?
マクドナルドをよく見た。他にもバーガーキングなどがあり
味やメニュー内容は日本と似たようなもの
珍しい店としてはメキシカンファーストフードのタコスの店「タコベル」をよく見かけた。
アメリカ旅行をするならタコベルには立ち寄るようにしている。
ハワイではワイキキ・ショッピングプラザの地下にあったのでそこでランチをとった。


タコベルでタコスのランチ(^0^)

個性的なファーストフード店!?

日本人旅行者から見ればタコベルも珍しいがワイキキなどを歩くと
ロコモコのファーストフードの店などを見かけることもあった。
実質的にはハワイのB級グルメともいうべき
そういったものを楽しめるのもファーストフードまたフードコートの魅力であった。


ロコモコを食べられるファーストフード店もあった(^0^)


値段はどれくらい? ボリュームは?
ざっと5〜10ドル位 フードコートと似たかよったか
ちなみにドリンクのみなら1〜3ドル
モーニングセットやハンバーガーセットなどで5ドル前後
ビッグマックセットなどで7ドルとか8ドルといったところだ。
ハワイ(アメリカ)はボリュームがあると聞くが実際は日本と変わらなかった。
ただドリンクのサイズは大きく、一番小さいサイズでも日本のLサイズ並みにあった。


バーガーキングにて!


ファーストフードの利用方法
カウンターで注文 セルフサービス
基本的には日本と同じだが 若干の違いもあるので
それらを含めて利用方法をまとめてみました。


カウンターで注文
(言葉が通じない)

カウンターで注文をする。海外のファーストフードで日本語が通じたことはない。
しかし、写真入りのメニューがあることが多いのでそこに指をさしてオーダー
すればいいだけだ。ただ、少々面倒なのはセットやドリンクの大きさを
注文するときうまく伝えられないことがあったので注意しよう。
持ち帰りなら「テイク アウト」とでも言えばいいと思う。
チップ不要
フードコート同様 セルフサービスなのでチップは不要だ。
ただ、そのせいか店員のサービスも日本と比べると低く感じた。
例えば ドリンクの注文漏れなどがあり困ったことがあってもレストランみたいに
親身になって対応してくれない。こちらでトレイを下げますなんてことはなかった。
ドリンクもセルフ
ドリンクを注文した場合、渡されるのは紙カップだけ
近くにドリンクバーがあるので自分で注ぐ、氷もドリンクバーから出る。
カップのサイズによって値段が異なることから飲み放題ではないだろう。注意
なお、勢いよくドリンクを注ぐと泡ばかりになるので注意しよう!

ドリンクもセルフだ!
(個人的にはDr Pepperをよく飲んだ。)



トレイを戻す
食事が終わったらゴミを捨ててトレイを戻せばいい。
日本と同じだ。


 





食事についてに戻る



トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。
また 一部グアム旅行の写真もありますが知っている限りハワイも同等と思われます。