ハワイ旅行より ネイバーアイランド

ハワイ島内の移動方法

標高4,000m級の「マウナケア山」に「キラウエア火山」
広大な牧場が広がる「パーカーランチ」など多くの魅力的なスポット
が点在するハワイ島「ビッグアイランド」島内の移動方法について
いくつかまとめてみました。






 ツイート

くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
ケアウホウ・ショッピングセンター
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






ハワイ島を走る
(パーカーランチからカイルア・コナへ)



ハワイ島内の交通機関
いろんな交通機関があるがハワイ島内を周遊するのに
便利な交通機関としては
「レンタカー」「観光バス」「シャトルバス、路線バス」
の3つが挙げられる。それらの交通機関についてまとめてみました。


レンタカー
ハワイ島は広いものの、公共交通機関はあまり発達していない。
自由気ままに走るならやっぱりレンタカーだ。空港や周辺にもレンタカー
のオフィスがあったので、飛行機でハワイ島に到着後 そのままレンタカーで
ドライブもできる。

ハワイ旅行でのレンタカー、ドライブについては
下をクリック

レンタカーを利用しよう!



便利なレンタカー


ハワイ島の運転について

1日では大変かも!?
レンタカーでハワイ島を周遊なら最低2日はほしい。
メインストリートを通り
ヒロ〜パーカーランチ〜カイルア・コナ〜キラウエア火山〜ヒロ
とまわって約350km 軽く7時間はかかる。
道中の観光スポットやビュースポットに立ち寄るならさらに時間は追加だ。
1日ならばオプショナルツアー(観光バス)の方がいいと思う。
いうまでもないが途中道に迷うこともあるので時間に余裕がほしいものだ。
ただ
カイルアコナなどのリゾートエリアなどに滞在し、早朝に出発するなら
少々きついが可能でもあろう。

通れない道(保険適用外)の道
ハワイ島に限ったことではないが全ての道が安心して通れるわけではない。
例えば
ハワイ島の人気観光スポット マウナ・ケア山への道「サドルストリート」
最近は道の整備も進んでいるとは聞くものの、4輪駆動車のみとか
レンタカーでは走行禁止 危険な道とも言われている。
さらに標高が高ければ空気が薄くエンジンがなかなかまわらないなどとも聞く。
他にも
島の南部にあるサウスポイントロードなども危険と聞くし
キラウエア火山国立公園内には通行止めになっているところもあり
また、危険な道の場合 保険適用外というのもあるらしいので注意したい。

他にも
道が平坦でうっかり脱輪しそうになったこともある。注意したい。
もし、脱輪して道路から外れたらハンドルもとられるだろう。


脱輪に注意しよう。
(キラウエア火山国立公園にて)


便利なハワイ島のMile Markers

ナビがあればいいがハワイ島をドライブしているとまわりは
ジャングルだらけでどこを走っているか分からなくなることがあった。(特に夜)
キラウエア火山やヒロなどを通る主要道路11号線を走るとき便利だったのが
Mile Markersといって道路の脇に27とか26とか番号をふった標識があるのだ。
もし ボルケーノビレッジのB&Bなどに宿泊する場合など場所の案内に
「between the 27 & 26 Mile Markers 〜」なんて書いてあることがある。
26と27の間の道に曲がるのだ。


Mile Markers


観光バス(オプショナルツアー)
安心
公共交通機関は本数も少ないし不便、乗り遅れた場合などの不安がつきもの
慣れない右側通行 レンタカーも不安
そのとき便利なのが観光バスだ。ハワイ島1周ツアーやマウナケア山ツアー
などその種類は豊富 ハワイ島に訪れるプランに島内ツアーがセットされていることもあるが
ハワイ島やワイキキ(オアフ島)からの日帰りツアー(オプショナルツアー)もある。

オプショナルツアーについて詳しくは下をクリック

格安オプショナルツアーに参加しよう!



観光バスをよく見かけた。
(アカカ滝にて)



シャトルバス、路線バス
ハワイ島にも公共交通機関として便利なバスは出ているが
その本数は少なく 路線バスで1日1本とか2本、シャトルバスでも2時間に1本程度
があったりとかなり不便ではある。
ただ、リゾートホテルから郊外のショッピングセンターへ買物に行く場合や
周遊ではなくポイントからポイントまでの移動の場合はかなりお得で便利である。


ハワイ島の地図(手書き)


西海岸のリゾートエリアを走るバス

カイルア・コナをはじめ、西海岸のリゾートエリアには
「〜シャトル」「〜ショッピングトロリー」といった観光客に便利なバスが出ている。
例えば、カイルア・コナにあるリゾートホテルに滞在、ビーチを楽しんだり
近くでショッピングや食事を楽しむのもいいが、飽きてしまう。
郊外のショッピングセンターなどへ行くバスがあるのだ。

ホヌ・エクスプレス・ケアウホウ・トロリー
よく聞くのが「ホヌ・エクスプレス・ケアウホウ・トロリー」
白い車体で見るからに観光客向けのトロリーバスといった雰囲気
カイルア・コナの中心部のカイルア桟橋からケアウホウエリアまで
約10kmほどの距離を30分程度で結んでいた。
ケアウホウショッピングセンターやマジックサンドビーチ、アリイガーデンといった
スポットをまわる。運賃も無料とのこと。(1$とも聞いたことがある。)
本数は少ない
確か1日6本程度しか走ってなかった。オアフ島にあるワイキキショッピングトロリー
のようにはいかなさそう。時刻表でしっかり調べたい。

近くのショッピングセンターへ行くバスなど他にもあるようだ。


ホヌ・エクスプレス・ケアウホウ・トロリー
(カイルア・コナにて)


ヘレオン・バス
(Hele on Bus)

ハワイ島内を走る公共バスである。確か13〜14ルートほどある。
例えば
キャプテンクックからカイルア・コナを結ぶバス
中には
ヒロからカイルアコナへと向かうバスもある。
ヒロを巡回するバスもあるようだ。
驚くことに運賃も無料なのだ。

本数は少ない
本数は1ルートあたり1日1〜2本程度
また、空港から出ているバスもないし観光地に立ち寄るわけでないので
一般の旅行者には不便でありおすすめはできない。あくまで生活の為のバスといった雰囲気
途中下車の旅というより長期滞在などしていて、ポイントからポイント移動に便利ではないかと思う。


ヘレオンバス
(ヒロにて)



 





トップに戻る
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。