ハワイ旅行より ネイバーアイランド

ハワイ島の観光スポット

巨大なカルデラと溶岩台地で有名なキラウエア火山
標高4,000m級のマウナケア山、素朴で美しい西海岸沿いのリゾートエリア
ジャングルの中から現れるアカカ滝に広大な牧場パーカーランチなど
魅力的な観光スポットやビュースポットがいっぱいの島
ビッグアイランドの観光スポットについていくつかピックアップしました!






 ツイート

くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
ケアウホウ・ショッピングセンター
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷





  
 キラウエアの溶岩台地               アカカ滝                カイルア・コナにて


ハワイ島にある観光スポット


ハワイ島(ビッグアイランド)はこうなっている!


人気スポットはキラウエア火山とマウナケア山
ハワイ島観光といってもいろんな方法があるが一般的なパターンは
ホノルル国際空港を出発し1時間弱でコナ空港に到着、カイルア・コナを中心とした
西海岸リゾートエリアのホテルに宿泊し、そこを拠点にハワイ島観光を楽しむといったところ
観光の内容としてはいくつか挙げると


ハワイ島1周
カイルア・コナからキャプテンクックやプナルウ黒砂海岸、キラウエア火山、ヒロ、アカカ滝や
パーカーランチなどをまわりカイルア・コナに到着するといったパターン、ハワイ島1周ツアー
もあるし、レンタカーを使って個人でまわるにも適している。
ツアーならだいたい1日でまわる。個人(レンタカー)でも1日でまわれるとは思うが2日はほしいと思った。
なお、ヒロ空港に到着しヒロを拠点とすることもあるし、個人旅行ならキラウエア火山のボルケーノ
ビレッジにあるB&Bに滞在するのもいいかもしれない。

マウナ・ケア山ツアー
標高4,000m級の山 マウナ・ケア山でサンセット(夕日)を見て、中腹で満点の星空を見る。

キラウエア火山
ハワイ島1周でも立ち寄ることが多いが1日位ゆっくりしたいスポットだ。公園内をトレッキング
したり中にはヘリコプターを周遊するようなプランがあり。

主な観光スポットを紹介
ハワイ島内にあるいくつかの観光スポットを紹介します。

コナ・コースト
ハワイ島の北西部のエリアだ。その北側のコハラ・リゾート
とならびハワイ島を代表するリゾート地であろう。
感想から
高級リゾートというよりなんとなく歴史感がある
素朴な雰囲気を感じるリゾートであった。
(コハラリゾートは高級ホテルのイメージが強い)
中心となる カイルア・コナを始め
コナコーヒーで知られる コナコーヒーベルト
他にも歴史を感じる教会などがある。

詳しくは下をクリック

コナ・コースト


カイルア・コナ
ちなみにコナ・コーストの中心地ともいえよう。
ホテルやショップ レストランやバーなど集まるエリア
とはいえ
ワイキキと比べるとはるかに小さな街で
素朴さが感じるのがいい。
レストランで食事をしたり、ショッピングを楽しんだりコナコーヒーを飲んだり
といったところ、風景に合うのがモクアイカウア教会、1823年ハワイで最初に
建てられた教会なのだ。

詳しくは下をクリック

カイルア・コナ



モクアイカウア教会


コナ・コーヒーベルト
カイルア・コナから内陸部へ行くと
コーヒー農園が多いエリアに着く
コナ・コーヒーベルトといい
気候的にコーヒー農園に適してるのだ。
ここから眺めるカイルア・コナも素晴らしい

詳しくは下をクリック

コナ・コーヒーベルト


サウス・コナ
カイルア・コナから見て南側のエリア
観光地といった雰囲気は少ないが
何とも素朴な雰囲気
レンタカーでハワイ島を周遊するなら
ちょっと立ち寄ってみるのもいい。

詳しくは下をクリック

サウス・コナ


プナルウ黒砂公園
ハワイでは御馴染みのビーチであるが、特徴は砂が黒いということだ。火山島であることを
実感させてくれるのだ。ハワイ島1周ツアーなら立ち寄ることが多い。キラウエア火山に近い。

詳しくは下をクリック

プナルウ黒砂海岸



黒い砂の海岸が見えてきた


キラウエア火山
ハワイ島の観光雑誌を見ると、黒い台地に溶岩が飛び出す写真をみることがある。
キラウエア火山である。まずはビジターセンターに立ち寄り、そこからキラウエアカルデラ
周辺をまわるといった形だ。黒い台地は海まで続いているのだ。火山公園内は広いので
車(レンタカー)やバス(ツアー)であちこちの展望台、溶岩トンネルなどをまわる。
トレッキングコースもあったので時間があれば歩いてもみたい。2〜3時間位でもまわれるが
慌しくなってしまう。時間が許すなら1日位かけてトレッキングなどたのしみたい。
なお、中は広い上に通行止めが多かったり、車(レンタカー)でも迷ったりするので
綿密な計画をとりたいと思った。短期間に効率よくまわるならツアーの方がいいと思った。
ヘリコプターで上空から迫力ある火山を眺めるツアーもあった。
周辺(ボルケーノビレッジ)は高原のリゾートといった感じでB&B(ペンション)やキャンプ場
などがあり、また違った雰囲気があった。

詳しくは下をクリック

キラウエア火山



黒い台地が広がる。


ヒロ
カイルア・コナ(西海岸)はリゾートエリアと見るなら、ヒロはハワイ島にある行政の街といった
ところだ。とはいえオアフ島のダウンタウンのようなゴチャゴチャした都会ではなく、ゆったりと
しながらもローカルな感じの街、日系人が多いことでも有名だ。そういった街をフラリと歩いて
食事や買物するのもいい。また、ビッグアイランドキャンディーズに立ち寄りそこでお土産の
コナコーヒーやクッキー、チョコレートが有名、ツアーでも立ち寄ることが多い。
ビッグアイランドキャンディーズに寄るだけでも30〜40分はほしい。

詳しくは下をクリック

「ヒロの街」を歩こう



ビッグアイランドキャンディーズ


アカカ滝(ホノム)
ヒロから車で20〜30分位のところにある。ツアーで立ち寄ることが多い。
ジャングルの中から現れる滝、緑に囲まれているので気持ちもいい。
20〜30分位の散策を楽しめた。また、その手前にあるローカルな街「ホノム」
道沿いにはクラシックなレストランはショップなどがあり、静かなひとときを
過ごすことができた。

詳しくは下をクリック

ホノムとアカカ滝



ホノム「ローカルな感じがいい」


パーカーランチ(ワイメアタウン)
広大な牧場の中を走る。観光スポットとはいいにくいが走っていても気持ちがいい。
立ち寄る場所といえばワイメアタウンであろう。ショッピングセンターがあり
道中に食事をしたりするのもいい。

詳しくは下をクリック

パーカーランチ



ワイメアタウンにて
(背景に牧草地が広がる。)



ワイピオ渓谷展望台
ハワイ島北東部にある景勝地 断崖絶壁と
緑豊かな自然 美しい海に多くの人は魅了されるのでは
古代ハワイ時代は王族が住み
政治経済の中心であったらしい。
そして神聖な場所でもあるとか


詳しくは下をクリック

ワイピオ渓谷展望台



ワイピオ渓谷展望台



マウナケア山
標高4,000m級の山でハワイ島ツアーで最も人気があるという。
サンセット(夕日)を眺め、中腹で満天の星空を眺めるといった形
星空は美しいことで有名で日本の「すばる」などいくつかの展望台がある。
ちなみに、サドルロードという道があり個人でも行けないことはならしいが
「酸素が薄く、エンジンがまわらない」とか「四駆のみ」などと聞くし その前に
レンタカー会社によっては走行禁止とか、保険対象外など聞いた。確かに
レンタカーで紹介されることはなかった。現在はツアーで行くのが普通だろう。

詳しくは下をクリック

マウナケアへ行こう!


 





トップに戻る
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。