ハワイ旅行より

ハワイ島 コナ・コーヒーベルトへ行こう!

カイルア・コナからみて山に登ったエリア
コーヒー農園が見られる。コーヒーの試飲
やコーヒー作り体験などができる農園もある。






 ツイート

くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
ケアウホウ・ショッピングセンター
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






コーヒー農園
(その向こうにカイルア・コナの街が見える)




コナ・コーヒーベルトの場所


コナ・コーヒーベルトとは?
ハワイの有名コーヒー「コナ・コーヒー」
何故 ここでコナ・コーヒーの栽培がされたのか?

コーヒーの栽培に適したエリア
カイルア・コナから山を登った所に見られるコーヒー農園
地形的にも気候的にもコーヒー栽培に適したと言われている。

例えば
(標高450m地点)
カイルア・コナからみて内陸側にある「フアラライ山(Hualakai)」
の麓、標高がだいたい450m地点に位置するのだ。
というのも
標高が低いと暑すぎ 高いと寒すぎで
コーヒー栽培に適しないのだ。

ハワイ島の気候は様々で
カイルア・コナは冬でも泳げる位の気候だが
マウナケア山頂付近は夏でも防寒着が必要なほどの寒さだ。

(朝夕の寒暖差や雨量)
カイルア・コナに滞在すると分かるが
17:00頃になると山に雲がかかり雨が降ることがある
その気候がコーヒー栽培に適しているとか?

(土の状態)
ハワイ島は火山性であり土も弱酸性
コーヒー栽培に適している


日系人の活躍があった
コナ・コーヒーといえばハワイを代表するコーヒーだが
簡単にはいかなかったようだ。
もともと
ハワイを代表する農産物といえばサトウキビ
コナは土壌からサトウキビの栽培に適さないこと
そして
農場労働者として移り住んだ
日系人の努力によって
コーヒー栽培を成功させたと言われている。
ちなみに
今のハワイは観光として有名だが
明治時代はサトウキビ栽培が主要であり
農場労働者として多くの日本人がハワイへ渡った。
ハワイ島には日系人が多い。


夕方のカイルア・コナからの風景
(そういえば山は曇っていた)



コーヒー農園


コナ・コーヒーベルトの楽しみかた 滞在時間
コナ・コーヒーベルトをどのように楽しむか?
農園の雰囲気を楽しむ
コーヒーの他
オレンジにライム マケドニアナッツ シナモン
などが植えられている。
緑豊かな農園でゆっくりしていると
時々、清々しい風が吹くのだ。
また、農園から眺めるカイルア・コナの街や
エメラルドグリーンに輝く海など
ビーチリゾートとは異なるよさがある。


農園を楽しむ


コーヒーを試飲したりコーヒーの説明を聞く

コナ・コーヒーベルトには観光用の農園もあり
コーヒーの試飲をしたり、コーヒー栽培についての
説明を聞くことができる。日本ではあまり馴染みないコーヒー
興味を注ぐのだ。
(コーヒー豆を食べてみた)
コーヒーの実を
皮をむいて口の中に含めると
甘い匂いが広がった
我々が想像する
コーヒーとはまた違うのだ。
(コーヒーの実をとる)
コーヒーの木から実をとるのだが
赤い実とまだ青い実がゴチャゴチャしている。
機械で採るのは難しく人の手でとるのだ。


コーヒーの実


コーヒーの実を口に入れてみる
(甘い!)


本場のコーヒーを購入

農園によってはコナ・コーヒーも売られている。
品種によって値段もいろいろだが
100%コナ・コーヒーで200gで20ドルとか?

ちなみに
ハワイ州の法律では
コナ・コーヒーが
10%以上含まれている場合
コナ・ブレンドと明記できるらしい。
スーパーなどで売っている安いコナ・コーヒーの多くは
100%コナではない。


コーヒー焙煎体験をする
実際にコーヒーを焙煎するツアーもあるのだ。


焙煎体験もできる


周辺は「観光地」といった雰囲気ではなかった が

カイルア・コナから登ったところ
Mamalahoa Hwy(ハワイ州道180号線)という道沿い
にコーヒー農園やカフェがある。
実際行ってみると 細くてクネクネした道で
緑豊な田舎道といった雰囲気 観光客らしい人の
姿は見られなかった。
レンタカーの場合「この道でいいのかな?」
と思った位だ。しかし実際コーヒー農園に入ると
その雰囲気が分かると思う。


このような道を走る


滞在時間
30分〜半日位?
観光農園に訪れてコーヒーを試飲
農園内を散策するだけなら30〜1時間位でいいと思う。
ただ、せっかくだからゆっくりとしたひとときを過ごしたいなら
半日はほしいだろう。
なおカイルア・コナからコナ・コーヒーベルトまで20分位かかった。

主な観光農園
UCCハワイ
個人的には一番のおすすめ観光農園だ。
高台から眺めるコーヒー農園も素晴らしいし
コーヒーの試飲も楽しめる。
農園の中を歩きまわることもできるのだ。
入場は無料
(焙煎体験も!?)
有料ではあるが焙煎体験ツアーもある。
日本ではなかなか体験できないし
オリジナルコーヒーをもらえる。
ハワイ島観光のオプショナルツアーでも参加できる。


コーヒー農園を眺めながら試飲を楽しむ


ドトール・マウカメドウズ

ゆっくりとくつろぎながら、農園を楽しみたいなら
緑豊か農園に「あずまや」やくつろげるベンチ
などがある。コーヒー以外にもいろんな植物が
育てられている。UCCと比べ人が少ないのもよかった
入口で5ドル払った。

コナ・コーヒー・リビング・ヒストリー・ファーム
「ウチダ・ファーム」という名前でよく紹介されている。
1925年に日本から移り住んだ内田夫妻が作った
といわれるコーヒー農園 昔の生活や農機具など
が展示されているのが最大の魅力


ゆっくりとコーヒーを味わえる


コナ・コーヒーベルトへ行くには?
オプショナルツアーに参加する
コーヒー焙煎ツアーも
コナ・コーヒーベルトへ行く公共交通機関はなく
レンタカーがなければタクシーかオプショナルツアー参加となる。
ハワイ島観光ツアーを調べてみよう!
調べるとハワイ島周遊ツアーでコーヒー農園に
訪れることもあるし
カイルア・コナと周辺をまわるツアーもあり


詳しくは

オプショナルツアーに参加しよう!



レンタカーを利用する
ハワイ島周遊するのに便利
コカイルア・コナから20分位で到着した。
コナ・コーヒーベルトに行くだけでレンタカー
利用はもったいないハワイ島周遊を楽しもう!


 





ハワイ島の観光スポットに戻る




トップに戻る
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2015年7月の旅行経験に基づき2015年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。