ハワイ旅行より オアフ島の観光スポット

カイルア・ビーチパーク

全米でもトップクラスに選ばれ
ガイドブックやオプショナルツアーでも
よく紹介されるビーチパーク、白い海岸に青く輝く海は
まるで別世界のような美しさ、ワイキキから1時間程度
で行けるのも魅力的なのだ!カイルアタウン歩きもしてみたい!








 ツイート



くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷





カイルア・ビーチ
カイルア・ビーチパークを歩く


カイルア・ビーチパークの場所
ワイキキから北東へ約25kmほど離れた所に位置する。
下の地図を見ての通りカイルア・ビーチパークはワイキキから
北東へ約25kmほど離れた場所に位置する。交通状況によるがザ・バスなら1時間程度
レンタカーやツアー利用のバスなら30〜40分で行ける範囲、途中までハイウェイもあるし
日帰りでも十分に楽しむことができる範囲なのだ!


カイルア・ビーチパークの場所




カイルアはこうなっている。
カイルアタウンとビーチパークに分かれている。
下の地図を見ての通り、カイルアはタウンとビーチパークに分かれている。
というのも、オプショナルツアーの内容を見ると「カイルアタウン散策」と「カイルア・ビーチ」
とに分かれているのだ。タウンというのはローカル色のある商店街でB級グルメを楽しんだり
ショッピングを楽しんだりというものに対し、ビーチは美しい白砂のビーチでシュノーケルやカヤック
などを楽しもうというもので雰囲気もちょっと違っていた。いずれにせよタウンから歩いて20分位で
ビーチに出られるから両方楽しむことをおすすめしたい!
ちなみにラニアイ・ビーチはカイルアビーチのすぐ隣に位置する。

詳しくは
ページ下の「カイルアについて」で紹介します。



カイルアタウンとカイルア・ビーチパーク




カイルアへ行くには?
先にも述べた通りワイキキから1時間もしないで素朴で美しい町と海外
のカイルアに訪れることができる。ワイキキから気軽に行ける観光スポットとして
多くのオプショナルツアーでも紹介されていたしオアフ島をめぐる路線バス「ザ・バス」
でも行ける。レンタカーで訪れることもできるのだ。
カイルアへの行きかたをいくつか分けてまとめてみました。


オプショナルツアーに参加
安心して訪れることができる。
インターネットで調べると数多くのオプショナルツアーが紹介されている。
値段も10ドル程度から100ドル位するものまでさまざまだ!
タウン散策
先にも述べた通りカイルアタウンを散策ツアー
カイルアショッピングセンターを中心にローカルなショップで買物を楽しんだり
ロコモコやハンバーガーなどB級グルメを楽しむといったもの
タウン散策がメインのツアーもあるが ビーチツアーとセットになっていることが多い。
ビーチを楽しむ
カイルアツアーといえばその多くがビーチを楽しむツアーである。
安いツアーだと送迎のみで20とか30ドルしないツアーもあるし
高いツアーだとボディーボードやカヤックで無人島へ訪れるといったマリンツアーの他
ランチセット付といったプランがあり、
多少高くてもマリンスポーツを楽しむツアーをおすすめしたい。
カイルアビーチは美しいことでオアフ島でも人気があるビーチ 見ているだけでも感動的だ。
しかし、ただのビーチといわれたらそれまでで、水着を持って行き、ただバシャバシャ泳ぐだけでは
物足りない気がする。ワイキキビーチとは異なりビーチバーがあるわけではなく
本当に砂浜なのだ。多少高くてもマリンスポーツなどを楽しむツアーの方が満喫できると思った。
また、ノースショアなど複数の観光スポットとセットになるツアーもあり!
追加料金不要のツアー
旅行会社によってはフリープランに参加すると追加料金不要で参加できるツアーもあり
カイルアにちょっと訪れてみたい場合は価値があるかもしれないが
元の旅行代金が高かったり、タウン散策+ビーチを見るだけといったツアーも多いので
一概にいいとは思えなかった。インターネットで調べるといろんなツアーが紹介されているので
より充実したツアーに参加するのもいいのではないか?


オプショナルツアーについては下をクリック

格安オプショナルツアーに参加しよう



オアフ島ではオプショナルツアーのバスをよく見かけた。
(ドールプランテーションにて)





ザ・バス
片道2.5ドルで訪れることができる。
安さを追求するならオアフ島をめぐる路線バス「ザ・バス もしくは シティーバス」
ワイキキから2.5ドルで行くことができ、状況にもよるが
1時間位で着くだろう。代表的な行きかたとしては
まずはアラモアナセンターへ
ワイキキのクヒオ通りからアラモアナセンターへと向かう。
クヒオ通りからアラモアナセンターへは多くのバスが出ている。
「知っている限りではE、8、19、20、23、42系統のバスがある。」
乗車時にトランスファーチケットをもらおう!2時間以内なら追加料金不要で乗り換えができる。
トロリーでアラモアナセンターへ
なお、トロリー(ピンクライン)でアラモアナセンターへ行けるが
フリーパスを持っている人やクレジットカード特典などで無料で乗車できるが
通常別途2ドルかかる。
57系統でカイルアへ
次はアラモアナセンターから57系統のバスでカイルアへ行くことができる。
トランスファーチケットがあり有効時間内なら追加料金はかからない。
また、アラモアナセンターは広くバスのりばが多いのでどのバス停から乗るか事前にチェックをしたい。
ガイドブックに書いてあることが多い。(57系統や確か南側(海側)のバス停だと思った。)
確か40分程度で着いたと思う。なお、帰りのバス時刻のチェックをお忘れなく。
終バスが行ってしまうと悲惨だ!
70系統でカイルアビーチへ
70系統のバスはカイルアタウンからカイルアビーチパークを結んでいるので
ぜひ利用したい。先にも述べた通り、トランスファーチケットがあり有効時間内なら
追加料金はかからない。

詳しくは下をクリック

オアフ島の路線バス「ザ・バス」



ワイキキからアラモアナセンター経由でカイルアへと向かう!




レンタカー
どこでも好きなところへ行ける
どこでも好きなところへ行くことができ便利なのがレンタカー
ホノルル国際空港周辺やワイキキには多くのレンタカー会社があるし
主な会社なら日本からインターネットで予約ができる。
日本語予約が可能なうえに日本語スタッフが常駐するレンタカー会社もあるし安心だ!
オアフ島周遊ドライブのついでに
カイルアまでの行きかたはいろいろあるが、一番最短距離が61号線で向かう方法
30分位で着くはずだ。途中 ビュースポットで有名なヌウアヌパリ展望台があるので
立ち寄るのもいい。でも せっかくのレンタカー利用だからいろんなところをまわりたい
例えば、ハナウマ湾やシーライフパークなどを経由する東まわり
日帰りだとゆっくりできないがノースショアまでまわって訪れるコースがある。
駐車場について
ショッピングセンターやビーチパークには駐車場があり
無料で駐車することができた。ただ、シーズンともなると訪れる人も多く
ビーチパークなど満車に近い状態になることもあった。
また、街中も道がゴチャゴチャしているうえにビーチパーク周辺は歩行者も多いので注意しよう!

詳しくは下をクリック

レンタカーを利用しよう!



ビーチ沿いに駐車場があった。




カイルアについて
実際に訪れた感想を含めカイルアについてまとめてみました。
タウン散策
ワイキキがビルに囲まれた街と見れば カイルアは平屋建ての
商店街(もしくは郊外のちょっとしたショッピングセンター)といったイメージを受けた。
カイルアショッピングセンター周辺にも衣類や小物を扱う店やレストランやファーストフードなど
見かけ、また違った視点でハワイを楽しむことができるのだ。
食事やショッピングなどビーチと比べると便利
ただ、旅行者よりも地元向けといった感があり、町歩きだけをして帰るのはもったいない気がする。
ビーチとセットで楽しんだ方が充実できると思った。


カイルアタウンでは食事やショッピングを楽しみたい!


カイルア・ビーチ

ビーチでは家族連れなど多くの人々で賑わっていたがワイキキのような混雑は感じなかった。
日本人旅行者も少なく、アメリカ本国からの旅行者で賑わっている感があった。
全米でも人気があるビーチだけに海岸は美しく水も青くきれい。
ビルもなく、林に囲まれている雰囲気なので気持ちもいいのだ。
カイルアは田舎町なのだ。ただ、ワイキキビーチのようにビーチバーがあったり
レストランや売店があるわけでもないし、ビーチ沿いにホテルがあるわけでもない。
食事をするとなればちょっと入ったところでホットドッグなどの軽食といったところであろう。
何の準備もなければ不便を感じるかもしれない。
ツアーによってはカヤックなどのマリンスポーツやプレートランチの昼食を用意しているプラン
もあるのでそういったツアーに参加することをおすすめしたい。


ビーチを楽しむ!


カイルアに泊まる。

ハワイ旅行(オアフ島)6日間とか8日間といった一般的なプランなら
そのほとんどがワイキキに滞在しそこから日帰りのオプショナルツアーに参加し
オアフ島(もしくはハワイ)各地の観光スポットやビーチを楽しむといったプランが多い。
カイルアに泊まることはほとんどないと思った方がいいだろうし
周辺は広い住宅地でホテルといえるものが見当たらなかった。
ただ、コンドミニアム、B&B(民宿)というべきか?ウィークリーというべきか?別荘の貸切というべきか
一般の家(もしくはその間取りの一部)を貸し切って滞在する設備、民宿のような設備を
多く確認した。アメリカ本国からの旅行者を中心にそういった施設を貸しきって
カイルアに長期滞在する人も見かけた。
インターネットで調べるとハワイの貸し別荘やコンドミニアム、B&Bを予約紹介する
サイトもあるので個人旅行ならば手配可能であろう。
まるで そこの住人になった気分を味わえるのだ。
しかし
以下の注意が必要となる

1泊では受け入れないことが多い最低でも2泊3泊通常なら1週間や10日といった
単位で料金が表示される。

日本の旅行会社では紹介されることはほとんどなく日本人向けではない。
個人経営が多いらしく日本語が通じることはほとんど考えられない。

外見からは一般の民家なので分かりにくい。場所のチェックなどしっかりと下調べをして
明るいうちに到着したい。ワイキキの夜は明るいが郊外に出ると暗いのだ。


カイルアの様子


 





オアフ島の観光スポットに戻る


トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。