格安ハワイ旅行方法
(ジャンル別に紹介)


ハワイ5日間63,300円などの格安ツアー
ハワイ諸島を周遊したり、長期滞在する
こだわり旅行など、それぞれのスタイル
にあった格安旅行方法を紹介します。









 ツイート





ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






      
ホテルに泊まる            ハワイへ出発             グルメを満喫


目次

1.とにかく安さを重視したい
燃料サーチャージ込で63,300円など
とにかく安くハワイへ行きたい!
ハワイ5〜6日間を中心に紹介

2.格安志向だが安心も重視したい
ハワイ6日間98,000円など
はじめての海外、困ったとき
いつでもサポートできる旅行をしたい!
+3万円位でサポート充実のプランになることもある

3.格安に周遊旅行をしたい
オアフ島(ホノルル)+ハワイ島7日間155,200円とか?
ありきたりのハワイでは面白くない
ハワイ諸島を周遊したい!

4.安く周遊旅行をしたいけど安心も重視したい!
オアフ島(ホノルル)+ハワイ島7日間180,000円?
ハワイ諸島を周遊したいけど
海外は不安 安心を買いたい!

5.長期滞在をしたい
14日間とか30日間など長期間ハワイに滞在したい。






1.とにかく安さを重視したい
とにかく安くハワイ旅行をしたい!
ハワイ5日間63,300円!?

インターネットで格安ハワイ旅行を検索すると
ハワイ5日間63,300円とか74,300円、中には49,800円といった
格安ツアーが続々と紹介される。
コミコミでも15〜18万円で充実した旅行ができるだろう。
その内容を簡単にまとめると
(1)フリープランである
往復航空券+ホテルがセットであり、添乗員は同伴せず
現地自由行動というプランだ。
旅行会社によってサービス内容の違いはある。
(2)ワイキキ滞在
通常ワイキキのホテルに滞在する。
(3)エコノミーホテル
ハワイといえばビーチ沿いのリゾートホテルを想像するが
それより一歩入ったエコノミーホテルが多い。
経験からビジネスホテルような雰囲気
(4)チャイナエアラインか大韓航空が多い
ホノルル国際空港までの直行便で
安い航空会社の部類にあたる。
(5)満足度大のことも!
以上の話を聞くとあたかも危なっかしく、不快な旅に感じるが
飛行機は新型であったり、
ホテルは快適だったということも多い。。
そういった格安プランで旅行している
リピーターも多いそうだ。
個人旅行にした方が安いこともある
ハワイ5日間とか6日間といった旅行なら
フリープランの方が安いことが多い。
ただ、条件によっては
格安航空券やホテルを別々に手配する
個人旅行の方が安いこともある。

詳しくは

とにかく安さを重視したい!



10万円台でハワイを満喫できることも!




2.格安志向だが安心も重視したい
格安ハワイ旅行をしたいが、海外は不安
なるべく安心も重視したい!
ハワイ6日間104,000円とか!?


フリープランがベスト!?

往復航空券+ホテルがセットで添乗員は同伴せず
現地自由行動のフリープラン
そこに
日本語オプショナルツアーを加えることで
安心感ある旅行ができる。
初めてのハワイ旅行でもおすすめだ!
信頼できる旅行会社を利用しよう
フリープランといっても旅行会社によってサービスは異なり
あまりに安いと
航空券引換証とホテルのバウチャー(予約確認証)が送られるだけ
というところもある。
サポートサービスが充実した旅行会社なら
現地係員がお出迎え
ホテルまで送迎
さらに
携帯電話を無料で貸し出し
困ったときは24時間現地デスクに
連絡とれる体制をとっているところもある。
さらに
クレーム処理の対応
送迎の待ち時間は1時間以内など
きめ細かなサービスを実施している会社もある。
海外に不慣れなら多少高くても
信頼ある旅行会社がいいだろう。

詳しくは

格安志向だが安心も重視したい!



独自のトロリーを持つ旅行会社もある






3.格安に周遊旅行をしたい
オアフ島(ワイキキ)だけじゃない
島を周遊したりハワイ島やマウイ島へも行ってみたい


個人旅行にした方が安いことが多い
オアフ島(ワイキキ)+ハワイ島7日間で16万円を切ることも?

ハワイ旅行の場合 フリープランの方が安いことがあるが
オリジナルティーな旅を求めるなら
航空券(格安航空券)やホテルなど別々に手配する
個人旅行の方が安くなることが多いようだ。
例えば
オアフ島(ホノルル)+ハワイ島8日間
フリープランを使えば18万円を下まわることは困難
しかし
個人旅行なら上手に組み合わせをすれば
16万円を下まわることも可能だった。
(それなりの自己責任は問われるが・・・)

航空券+ホテル
インターネットの普及で増えてきているのが「航空券+ホテル」
成田空港〜ホノルル国際空港〜コナ国際空港(ハワイ島)〜成田空港
というように利用したい路線を選択し
日数など入力すると
それにあった航空券やホテルが紹介されるシステムだ!
オリジナルティーなプランもたてられる上に
思わぬ穴場チケットが紹介されていたりして
意外に安いこともある。


詳しくは

格安に周遊旅行したい!



ハワイ諸島をまわり大自然を満喫したい
(ハワイ島 キラウエア火山)






4.安く周遊旅行をしたいけど安心も重視したい!
オアフ島内周遊やハワイ島やマウイ島などへも行きたい
でも海外は不安!安心も重視したい!


フリープラン+オプショナルツアーのセット

ハワイ6日間114,000円といった安心重視のフリープランに参加
滞在中のホテルからハワイ島やマウイ島へ行く
日帰りの日本語オプショナルツアーがあるのだ
朝5時前に出発し到着は21時近くというプランだが
値段は350$前後 4万円弱と思えば
セットで15〜16万円位になる。
オアフ島(ホノルル)+ハワイ島7日間フリーなど
せっかくだからハワイ島やマウイ島に宿泊したい

ホノルル3泊+ハワイ島3泊の6泊8日フリープランというのがある。

内容は
成田空港〜ホノルル国際空港往復航空券

ホノルル国際空港〜ハワイ島(コナ空港が多い)往復航空券

ワイキキのホテル3泊 ハワイ島のホテル3泊

空港からの送迎付

ホテルのグレードや安い航空会社を利用すれば
オフシーズンで
18万円前後ということがあった。

航空券+ホテル
インターネットの普及で増えてきているのが「航空券+ホテル」
成田空港〜ホノルル国際空港〜コナ国際空港(ハワイ島)〜成田空港
というように利用したい路線を選択し
日数など入力すると
それにあった航空券やホテルが紹介されるシステムだ!
アメリカ系会社の周遊チケットが紹介されたりして意外に安いこともある。
ただし、個人手配旅行(旅行会社は手配のみで主催者は個人)となるので
ある程度の下調べも必要だし、自己責任は問われる可能性はある。


詳しくは

安く周遊旅行をしたいけど安心も重視したい!



まるで別世界 標高4,000m級マウナケアへ行くツアーもある。
(ハワイ島)





5.長期滞在をしたい
ハワイ14日間17万円!?
格安に長期滞在

ハワイに14日とか30日間の長期滞在も可能だ。
14日で17万円といったプランもあるのだ。
キチネット付エコノミーホテル
長期滞在の格安プランだと
滞在するホテルはビーチ沿いでなく一歩内陸に入った
エコノミーホテルである。
あと、キチネット(キッチン付)のホテルとなる。
長期滞在となると、全て外食というわけにはいかないし
料理でもしないと
そこで生活している実感もわかないだろう。

詳しくは

ハワイ長期滞在をしよう!



キッチン付のホテルなら長期滞在も楽しい




 





トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2015年7月の旅行経験に基づき2015年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。