格安ハワイ旅行より

安く周遊旅行をしたいけど安心も重視したい!

ありきたりのハワイ旅行でなく
ハワイ諸島の島々をまわってみたい。
でも海外は心配、安心を求めたい!


格安ハワイ旅行方法より

トップ
ハワイ旅行



 ツイート


    
サトウキビ列車                   アカカ滝
  (マウイ島)                    (ハワイ島)


ネイバーアイランドは自然や魅力がいっぱい!


以下のように分けました
(クリックするとジャンプします)


ネイバーアイランドへ行くフリープラン
複数の島をまわるプランもある。



(1)信頼できる旅行会社を利用しよう!
周遊型フリープランの場合
ある程度大手の旅行会社が多い

(2)プランの内容
周遊型フリープランの場合
ある程度大手の旅行会社が多い

(3)利用航空会社
ハワイ諸島周遊に強い航空会社は?

(4)送迎サービス
周遊プランは送迎サービス付が普通

(5)トロリーやオプショナルツアーで
より安心のハワイ旅行を

現地自由行動日のフリープランをより楽しく!

(6)周遊型フリープランの注意点

(7)インターネット予約がおすすめ
種類が豊富 値段も安いことも!

周遊フリープラン
おすすめ旅行会社









ネイバーアイランドへ行くフリープラン
往復航空券+ホテルセットで添乗員が同行しない
現地自由行動のフリープラン
一見不安そうだが、旅行会社によっては
サポート体制が充実
はじめてでも安心だ!


(1)信頼できる旅行会社を利用しよう
サポート体制充実

単に航空券とホテルの手配だけでは
海外旅行に不慣れな旅行者にとって不安なもの
空港からホテルまでの送迎
携帯電話やWIFIルーターを追加料金不要で貸し出し
困ったときのサポートサービスを設定している会社もある。
安くても
サポート体制が充実した旅行会社を選びたい


詳しくは

周遊フリープラン
おすすめ旅行会社




ハワイ島 コナ空港




(2)プランの内容
一例としてオアフ島(ワイキキ)+ハワイ島(カイルア・コナ)7日間を挙げると
1日目
成田空港(夜出発)→ホノルル国際空港(午前中着※)→乗継でハワイ島コナ空港→ホテルまで送迎
(※ 日付変更線を通るため 時間が戻る)

2日目3日目
自由行動 別料金で日本語オプショナルツアーの参加もいい

4日目
コナ空港からホノルル国際空港へ そのままホテルへ
空港〜ホテルは送迎付

5日目
自由行動 別料金で日本語オプショナルツアーの参加もいい。

6日目
ホテルからホノルル国際空港へ 帰路につく

7日目
成田空港に到着

インターネットで簡単に作成できる。
海外ツアーで自分の行きたい島(街)や日数を
選択すると希望にあったフリープランが紹介される。
旅行会社によるが安い所なら
交通費(飛行機)+ホテル+送迎付で18万円前後など?

詳しくは

周遊フリープラン
おすすめ旅行会社




ハワイ島 コナコーヒーベルト





(3)利用航空会社
ハワイアン航空など

成田空港〜ホノルル国際空港のように単純往復するだけなら
大韓航空やチャイナエアラインが安いが
ハワイ諸島をまわるなら
周遊チケットのあるハワイアン航空などが安い
2島以上周遊の格安フリープランなら
ハワイアン航空利用が多いように思えた。


ハワイ諸島周遊するなら
ハワイアン航空を利用する人も多い!?






(4)送迎サービス
空港からホテルまで送迎

ホノルル国際空港はいいが
ネイバーアイランドの場合
レンタカーやタクシー以外に空港〜ホテルの
「あし」がないことが多い。
ハワイ諸島をまわりフリープランは送迎付が普通であろう。
海外旅行の不慣れな旅行者なら日本語スタッフによる
送迎サービスは付けた方がいい。
到着フロアーでスタッフがお出迎え!
通常 到着フロアーでスタッフがお出迎え
(日本語スタッフが一般的)
送迎車乗場へ案内される。
注意したいのは
どこに、どのようなバッチを付けたスタッフがいるのか
旅行前に確認しておきたい。
多数の日本人旅行者が訪れるハワイ
お迎えスタッフの数も多いのだ。
なお、ホテル前ではなく
ワイキキにある指定された停留所ということもある。
そこからホテルまでは事前にチェックしたい。


空港では多くの人がお出迎え!





(5)トロリーやオプショナルツアーでより
安心のハワイ旅行を!

ワイキキトロリー

ワイキキにはトロリーというバスがクルクル走り、街中はもちろん
その隣のダウンタウンやダイヤモンドヘッドなどへ行くことができる
日本人旅行者の利用も多く安心感がある。
フリープラン参加者にはトロリーのフリーパスをもらえることが多い。
詳しくは
ワイキキトロリー
を参考に!
追加料金不要のツアー
例えば近畿日本ツーリストのLAILAI(ライライ)バスのように
旅行会社独自のツアーを出し
フリープラン参加者には追加料金不要で
利用できることがある。
そういったサービスも利用したい
有料オプショナルツアー
オアフ島やハワイ島、マウイ島周遊観光にマリンスポーツ
グルメなど個人ではなかなか手配が難しいプランが豊富
日本語OKのツアーも充実しているし
ホテルまでお出迎えというのもある。
より充実したハワイを楽しむためにおすすめだ
なお、旅行会社でもオプショナルツアーを紹介するが
専用会社を通した方が種類は多く安いこともある。
なお
初日にオプショナルツアーは入れないようにしている。
飛行機の遅れなどで参加できないこともあるのだ。


詳しくは

格安オプショナルツアーに参加しよう!




ハワイ島 標高4,000m級 マウナケアからの眺め
(個人で行くのは難しい オプショナルツアーがおすすめ)






(6)フリープランの注意点
早めの予約を!
特に航空会社、だいたい安いチケットから売れ切れていくものだ。
格安ハワイ旅行の場合 2ヶ月位前で売れ切れもあった。
早めの予約をおすすめする。
あまり早すぎるのも?
旅行代金とは6ヶ月位前から発表されることが多い。
(その頃に航空会社やホテルと契約するとか?)
まれに8ヶ月位前から発表する旅行会社があるが
契約前に過去の実績に+して紹介するとのこと
8ヶ月前にみたプランを6ヶ月前に見たら値段が下がっていた。
ということがあった。
自分は6ヶ月〜3ヶ月前位の予約を目安にしている。
料金の変動
ホテルも航空券(格安航空券)もツアーも
資本主義の原理が働く
旅行代金が発表されても、売れない物はその後値下がりし
売れるものは値上がりすることがある。
これは自分の経験から
ハワイは人気観光地の一つ
7月下旬出発のツアーを5〜6ヶ月位前に予約したことがある。
ほとんど空席で
その後料金が大きく変動することはなかった。
また
12月下旬出発を2ヶ月前に予約しようとしたら
安い航空会社は全て売れ切れで困ったことがあった。

ある程度の下調べをしよう
どんな旅行でもそうだが
何をしたいか?どのような旅行をしたいか
確認したい。
信頼できる所なら旅行会社に相談してみるのもいい。

ちょっと高い
ハワイ諸島周遊の場合は個人旅行の方が若干安くなることがある。
インターネットで
航空券やホテルなど別々に手配でき
安いこともあるが
個人旅行となるので、何があってもすべて自分で対処する必要あり
海外に不慣れな旅行者におすすめしたくはない。



(7)インターネット予約がおすすめ
格安ハワイ旅行をするなら

同じ旅行会社でもプランや扱う航空券の種類も豊富
インターネット限定割引を設定していることもある。
店舗が必要ない分、経費も削減できるだろう。
また、分からないことは電話やメールで対応可能
また、フリープランを扱う旅行会社で
オプショナルツアーを紹介されることもあるが
オプショナルツアー専門の会社を通した方が
種類が豊富で安いこともあるのだ。
ネットなら簡単にチェックできる。




周遊フリープランおすすめ旅行会社
近畿日本ツーリスト

オアフ島(ホノルル)+ハワイ島7日間で20万円を下まわることも!

海外ツアーを開き、ハワイ島など目的地や出発日など検索
続々紹介される。中にはハワイ島5日間で15万円前後のプランもあり
次に
行先追加、滞在日数を7日にして
オアフ島(ホノルル)など選択
行先の全てに訪れるにしたら
また、ゾロゾロと多くのプランが紹介された。
ハワイ島+オアフ島(ホノルル)7日間
のフリープラン(空港からの送迎付)で18万円前後なんてのもあった。
なお
オアフ島+ハワイ島=2泊/3泊  1泊/5泊など
滞在日数の選択もできる。


サポートサービスもあり
調べるとWIFIルーターなど貸出しサービスや
困ったときのサポートサービス病院の紹介などあり
安心感を感じた。

詳しくは









 ツイート







自分にあった旅をしよう!

格安ハワイ旅行方法

とにかく安さを重視したい  格安志向だが安心も重視したい

格安に周遊旅行をしたい  周遊旅行したいけど安心重視

個人旅行を楽しもう!

格安オプショナルツアーに参加しよう!




トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2015年8月までの旅行経験から2016年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。