格安ハワイ旅行より

個人旅行を楽しもう!

インターネットのオンライン予約を使えば
簡単に個人旅行もできるのだ!オリジナルな旅ができるのが特徴で
フリープランでは紹介されないような宿に泊まったり
航空券、ホテル、オプショナルツアー
をそれぞれ違う旅行会社で予約することにより
格安な旅をすることもできるのだ!


 ツイート



自分のオリジナルな旅をしよう!





トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法




個人旅行とは?
募集型企画旅行?個人手配旅行?
少々専門的にはなるが旅行では大きく「募集型企画旅行」と「個人手配旅行」に分かれる。
募集型企画旅行とは旅行会社があらかじめ旅行計画を作成して募集を募る。いわゆる「ツアー」である。
フリープランは自由であるが募集型企画旅行にあたる。
しかし、旅行会社では格安航空券やホテルの予約、各種チケットの手配を行っていて
そういったものを組み合わせて旅行するのが個人手配旅行いわゆる「個人旅行」となるのだ。
個人手配の場合、旅行会社は航空券やホテルの予約代行を行ったのにすぎない。

意外に簡単 ハワイ個人旅行
個人旅行者も多いのではないか?
個人旅行といえば難しそうだが、ハワイ旅行においては意外に簡単
インターネットを通すと数多くの格安航空券やホテル オプショナルツアーを手配するサイトがあるのだ。
「海外旅行は慣れている」とか「ハワイは初めてではない」とか「下調べをよくする」
といった人なら、フリープランより自由度が高い個人旅行を選ぶ人も多いのではないか?
どのように選ぶ
最初に格安航空券を選んで手配 次にホテル レンタカー オプショナルツアーや各種チケット
というように私は選んでいく。フリープランとは別にフルチョイスとか選択型自由旅行というのを設定していて
一つの旅行会社で格安航空券+ホテル+オプションといったように手配するという形もあるが
話を聞いていると
インターネットで検索して「格安航空券はA会社が安いのでここで手配」「ホテルの予約はBの予約サイトが充実している」
「オプショナルツアーは専門会社のCで予約」「〜レンタカーは早期割引を実施しているので直接予約」
というように条件のいい会社を見つけて別々に手配するという形をとっている人も多いようだ。(私も)
結果的にその方が安いのだ。
言葉の問題
まず航空券にしろホテル、オプショナルツアー、レンタカーでもインターネットで日本語予約ができる。
質問も日本語でできるし、ワイキキなど日本人スタッフがいることも多いので、まず言葉の心配は無用
しかし、好奇心旺盛な個人旅行者ならば、B&Bやゲストハウスなど通常日本人旅行者が訪れない所に泊まる人も多いのでは?
そうなると日本語通用度はほとんど0と思った方がいいだろう。
英語力が堪能ならともかく、英語に自信がないなら、辞書を調べたり翻訳サイトを使ってインターネットやメール
を使うと思う。保障できるものではないが、私はそれでなんとかなった。ちなみに早めの到着も心がけたい。
場所によっては17:00にフロントが閉まって電話で対応してもらうこともあるのだ。
レンタカーもオアフ島以外に日本語が通じないことも多い。
一人旅なら個人旅行の方がいいかも?
調べると一人でハワイ旅行をする人もいる。その場合は個人旅行をおすすめしたい。
基本的にフリープランだと2人1部屋で設定しているので1人だと追加料金がかかり
結果的に割高になってしまうのだ。一人なら安いエコノミータイプのシティーホテルもあるし
ワイキキにはドミトリー(相部屋 男女別が普通)を備えたユースホステルやゲストハウスがあり
一人旅を楽しむ旅行者も見かけた。
格安航空券だけの手配では?
アジアなど自由気ままにまわるバックパーカーは航空券だけを手配して宿は現地で探す。
そういう人も多い。ただ、ハワイ旅行の場合は安宿であっても事前に予約することをすすめる。
その理由としては、ソウルやバンコクのような安宿が集まるエリアはほとんどない。
(厳密にいえばないわけでもないが・・・)
もっと大変なのは、郊外に出ると宿すらないということもあるのだ。
それに1泊15$とか20$で泊まれるような格安ゲストハウスでもインターネット予約を受け入れているし
ネット予約の方が安いことも多い。さらにピークシーズンなど条件のいい部屋は満室というのもよくある。
あと、ハワイでキャンプという方法もあるが、テントはどこでも張っていいわけではなく
指定された場所でかつ許可が必要な場合が多い。
携帯電話貸し出しサービスなど
旅行会社によるが、〜会社でホテルの予約をした場合、携帯電話無料貸し出しサービス
ということもある。通話料は高いかもしれないが、非常用としても借りておいてもいいと思った。

ハワイ個人旅行の手配とメリット
自由でフリープランでは紹介されないような宿に泊まったり
1泊目と2泊目は別のホテルということも可能だ。他にもメリットはいろいろある。
手配を通していろいろ書いてみます!

航空券の手配
格安航空券など
まずはホノルルまでの航空券の手配をすることになる。
一般的には格安航空券または正規割引航空券でありインターネットで調べるとワンサカワンサカと
格安航空券のサイトが出てくるだろう。シーズンや条件にもよるが安いチケットだと
成田空港〜ホノルル3万円台もある位だ。手配する旅行会社によって違いはあるが
予約をして料金を振込む。そしてメールの添付ファイルにて予約確認証(Eチケット)が送られ
それをプリントアウトして空港でチェックイン航空券と引き換えという形が多い。(詳しくは各旅行会社で確認を)
その他、私の経験からいくつかまとめると
表示価格だけではない
安いものだと3万円台と書いたが実際はその金額をだせばいいわけではなく他にも
空港使用料、各種税金、燃料サーチャージなどがかかることがほとんどで5万6万円位いってしまうこともありうる。
特に燃料サーチャージは原油価格により大きく変動するので判断は難しい。
予約時にトータル金額を教えてくれるのでそれで納得したら購入しよう。
ちなみにツアー(フリープラン)でも同じで空港使用料など含まれていないことが多いので同等の料金を払うことになるだろう。
激安!航空会社未定
格安航空券では利用航空会社が書かれている場合が多いが、一番安いチケットだと航空会社未定となることが多い。
私も航空会社未定というチケットを買うことがあるが、どうも出発当日に空港で教えるのではなく、
料金を振込みを確認した後、利用航空会社を教えてくれるのだ。つまり旅行前には利用航空会社は分かるのだ。
ただ、私の経験からいえば一番条件の悪そうなフライトだと思った方がいい。
あと、時間にこだわるなら直行便であることは確認したい。例えば台北経由の中華航空利用ならかなり時間のロスとなろう。
融通が利かないことも多い。
以前は格安航空券には空席がある限り帰りの変更が可能なOPENチケットとか変更不可のFIXチケットなんてあったが
現在はあまり聞かない。ただ、基本的には格安航空券とは予約変更不可
支払い後のキャンセル不可とか莫大なキャンセル料がとられたりすることが多い。
なので航空券購入は慎重に考えたい。
私の場合 インターネットで申し込みをして本当に旅行可能か確認してから料金を振り込んでいる。
電話やメールで確認したら予約後〜日以内まで振込を求められ
それまではキャンセル料はかからないようなのだ。
早めに手配を!ピークシーズンなどすぐ満席に!?
ハワイは人気観光地である。シーズンや週末など早めに予約しないと条件のいいチケットから満席になってしまうのだ。
経験上 年末のハワイ旅行で2ヶ月前に確認したら、安いチケットはほぼ完売となって困ったことがある。
格安ビジネスクラスで優雅な旅を!
優雅にビジネスクラスの旅をしたい。シートピッチもエコノミーの倍以上あるし、機内食もフルコースにシャンパンのドリンク
空港では専用ラウンジもある。フリープランでもビジネスクラスプランがあるが、追加料金が10〜20万円が一般的
旅行代金よりビジネスクラス追加料金の方が高くなってしまうこともあるのだ。しかし、格安航空券の場合は
5〜6万円程度の追加でビジネスクラスを利用できることもある。
また、シーズンによるエコノミークラスの値上げ幅はビジネスクラスよりも大きくピークシーズンともなれば
数万円程度の追加でビジネスクラスが利用できることもあるのだ。これを機会に格安ビジネスクラスの旅をするのもいいかも?


  
ビジネスクラスで優雅な旅をしたい!


ホテルの手配
インターネットで楽々予約!
選択の幅も広い

とにかくハワイのホテル検索サイトは多い。ホテルの沢山紹介されているし、
ガイドブックなどで紹介されている宿泊料金と比べても安い。予約も日本語で簡単にできる。
どのホテルがいいか迷ってしまうと思う。
ワイキキのホテルを中心に大きく3つに分けると
リゾートホテル
ビーチ沿いにあるホテル「ハレクラニ」とか「ロイヤルハワイアン」「シェラトン」といった
高級ホテルから比較的エコノミータイプのホテルまでさまざま、ビーチ側とか高い階に位置するか
など部屋によっても値段は異なる。値段はいろいろシーズンによっても異なるが150〜450$位か?
コンドミニアム
キッチンの付いたホテル キチネット付のホテルというのもある。小さな子供を連れた家族連れや
長期滞在者、地元のスーパーマーケットで買物をして料理を楽しみたい!という旅行者にいい!
値段は一般のホテルが60〜70$とみたらキチネット付で80〜90$位といったところか?
シティーホテル
ワイキキでいうと内陸部に位置するホテル とはいえ歩いて数分でビーチということも多い。
日本でいうビジネスホテルといったところだが、ほとんどのホテルにはラナイ(ベランダ)や
プールが付いている。ホテルは泊まるだけ 買物 グルメを楽しみたいという旅行者にはいい
値段も1泊60$程度からある。
1部屋いくらで計算
ユースホステルのドミトリー(大部屋)など一部を除くとほとんどがツインルームで2人1部屋
というのが一般的 1人で泊まってもだいたい同じ値段だ。逆に1泊100$のホテルを2人で泊まれば
1人50$となる。また、追加料金でエキストラベッドを入れて3人1部屋にしたりファミリールームに
することもできるのだ。


自分好みのホテルを見つけたい!

個人旅行だから泊まれる宿泊設備

以上はワイキキを中心としたホテルでフリープラン(ツアー)に参加しても泊まることができる。
では、ワイキキ(オアフ島)以外の所へ訪れたとき、どのようなホテルに泊まるのか?
フリープランの場合はだいたい決まっていて
例えば
ハワイ島なら「カイルア・コナ」にあるリゾートホテル
マウイ島なら「ラハイナ」「カアナパリ」「キヘイ」あたりのリゾートホテル
といったところだ
しかし、ハワイといっても広くフリープラン(ツアー)ではまず紹介されないような宿泊設備も多い。
そのいくつかを紹介すると!
B&B(ベッド アンド ブレックファースト
簡単に言えば民宿といったところで一般の家の間借みたいな感じだ!
しかし、アメリカの民家は大きく、豪邸みたいな所も多いので高級感を感じる。
そして、アットホームでアメリカのライフスタイルを肌で感じるのだ。
B&Bと書いたが、コンドミニアムとかゲストハウスとか呼び方はいろいろだ。
オアフ島ならカイルア ハワイ島ならキラウエア火山近くのボルケーノビレッジといった田舎に見られた。
値段は1泊100$〜300$というように幅広い。インターネットで調べると数多くのB&Bが見られ予約も受け付けているが
1件につき2〜3部屋しかない、普通の家なので確認困難、レンタカーなどでないと不便ということから
フリープランでは紹介するのは難しいと思う。基本的に英語のみだがまれに日本人経営のB&Bも確認された。
あと1泊は受け入れず最低2泊3泊というところも多い。


B&Bはアメリカのライフスタイルを肌で感じることができる。

ユースホステル ホステル
一人旅、ラフ、いろんな人とコミュニケーションをとりたい!そんな旅行者におすすめなのが
ユースホステルやゲストハウス ドミトリーという相部屋で世界中のいろんな旅行者と触れ合う
こともできるのだ。個人旅行用のガイドブックでも紹介されることがあり有名なのが
ワイキキの(Hostelling International Waikiki)他にもマリオット・リゾート&スパ近くにある
レモンストリートに数件のゲストハウスを確認
ドミトリーなら高くても1人30$しないだろうし、15$なんてところもあった。
ただ、ワイキキのホステルで日本語はまず通じない。
ユースホステルなら一部日本語案内あり(日本語スタッフはいない)
ハワイ島のボルケーノビレッジにもホロホロイン(Holoholo Inn)という日本人経営のホステルがある。


安くていろんな人とコミュニケーションがとれるユースホステルやホステル




オプショナルツアーの予約
個人旅行者だっておすすめだ!
ハワイでは数多くの現地発の観光「オプショナルツアー」があり
個人旅行者ではインターネットで簡単に予約もできる。
ワイキキなどの主要なホテルまで送迎バスが来るので便利だ。
オプショナルツアーの種類を挙げると、オアフ島周遊観光やハワイ島やマウイ島、カウアイ島観光
中には豪華なリムジンを利用するツアーもある。他にもスキューバーダイビングやサーフィンなど
マリンスポーツ、ワイキキ以外の美しいビーチに訪れたりイルカと遊ぶツアー
豪華なクルージングやディナー、セスナ機操縦体験にスカイダイビング、ゴルフなど
個人ではなかなか参加できないようなツアーも多いのだ!


オプショナルツアーについて詳しくは下をクリック

格安オプショナルツアーに参加しよう!



  
時間になるとオプショナルツアーのバスが来る。


島間を結ぶ飛行機を予約
個人でも日本語で簡単に予約できるハワイアン航空
オアフ島(ホノルル)のみならずハワイ島やマウイ島などネイバーアイランドへも行っていたい旅行者も多いだろう。
オプショナルツアーでも行くことができるが、島間を結ぶ航空券を手配して個人で行くこともできるし旅行会社に代行
してもらう方法もある。中でもハワイアン航空は便数も多いし日本語サイトもあるので簡単にチケットの手配ができた。
他にも多くの航空会社が出ている。ネット予約も英語のみということが多いがハワイアン航空より安く提供することもあった。
ハワイ島などのネイバーアイランドからレンタカーでまわるのもいいし、ハワイ島やマウイ島発オプショナルツアーもあるので
参加するのもいいかもしれない。

  
ホノルル国際空港から他島へ向かう飛行機も多いのだ!


レンタカーの予約
インターネットで楽々予約
ハワイを自由気ままにまわるにはやっぱりレンタカーが便利!
ハワイの主な空港周辺にはレンタカー会社があり、ホノルルには
ニッポンレンタカーやダラーレンタカー、ハーツレンタカーなどもあってインターネットを通すと
日本語で楽に予約ができたのだ。中にはネット割引や早期割引を設けている場合もある。
慣れれば日本より運転しやすかった。ただ、自動車保険やアメリカ(ハワイ)の交通ルールなど
調べておく必要があると思った。


レンタカーで自由気ままなドライブを!


個人旅行の注意点
それなりの自己責任を問われる。
格安航空券やホテルの手配だけを行った場合「個人手配旅行」となり
旅行会社は代行を行ったのにすぎないのでツアーと比べると自己責任を問われることが多い。
それ相当の下調べをして行く必要がある。
例えばパスポートの有効期限やビザ、ESTAについては知っていて当たり前だ。
(旅行会社によっては航空券購入時にパスポートやESTAの確認をしてくれることもあるが)
ただ、格安フリープラン参加者も自己責任を問われている気がするが・・・
連絡先の確認を
滅多にないが、予約から漏れていることもある。そのときはすぐにでもその旅行会社に連絡して
処理してもらおう!最もフリープランについても同じであるが・・・
値段は変動する
フリープランの場合でもそうだが格安航空券などシーズンや出発日により変動する。
オフシーズンの平日と盆、年末、GWなどのピークシーズンの間には2〜3倍位の開きがある。
出国日や帰国日が土日祝日の場合1万円増しということも多い。格安航空券ほどではないが
ホテル代もシーズンによる変動があり









自分にあった旅をしよう!

格安ハワイ旅行方法

とにかく安さを重視したい  格安志向だが安心も重視したい

格安に周遊旅行をしたい  周遊旅行したいけど安心重視

個人旅行を楽しもう!

格安オプショナルツアーに参加しよう!




 ツイート


トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2015年8月までの旅行経験から2016年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。