格安ハワイ旅行より

格安に手配をするのに注意したこと

日本には1万以上もの旅行会社があり、驚くような格安旅行
商品を扱っていることも多い。それに今やインターネットで
ツアーや航空券、クーポン券など簡単に手配できるのだ。
しかしながら、知らない旅行会社を通しての手配不安もつきもの
そこで自分が注意したことについてまとめてみました。



 ツイート



格安でも素晴らしい旅ができることが多い











トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法




格安旅行会社を利用するにあたって
格安に旅行をしたいならインターネットで検索してネットで手配するのがいいと思う。
数多くの旅行会社が紹介されており、コミコミで10万円台で楽しめそうなプランなど
それこそ驚くほどに格安なプランも多い。しかしながら安いがうえの不安もつきもの
自分はどのような点で注意したかまとめてみました。

薄利多売!?
例えばホノルル6日間、往復の航空券+現地のホテルがセットになった現地自由行動のフリープラン
同じようなプランでも旅行会社によっては10万円以上するものもあれば
5万円未満のプランなどさまざま!言うなら同じ旅行会社でもネット限定などと割引に提供することもあるのだ。
もちろん、宿泊するホテルに旅行シーズンによっても異なり、シーズンによってはゆうに倍位値段が異なることもある。
しかし、出発シーズンもホテルも同じようなものなのに値段が異なることもあるのだ。
いろんな理由があると思うが
よく聞かれるのは「薄利多売」 格安航空券でもツアー(フリープラン)でも、
「格安」ということもあれば、少ない従業員で多くの予約を受け付けていることもある。
ということは、その分サービスも低くなることが多いのだ。

余りものを安く
フリープランや格安航空券など同じ旅行会社でも「安いプラン」と7「高いプラン」に分かれることがある。
安いというのは、いわゆる余った物を安く売ってしまう。バーゲンのようなものとのこと
例えば
本来 フリープランとは利用航空会社やホテルなど選択ができることが多い。
追加料金はかかるがホテルのアップグレード(高級ホテルに変更)や航空会社の指定もできるのだ。
しかし、格安プランともなればホテルや航空会社の指定ができないということが多い。
話によるといわゆる「売れ残り」を安く売ってしまうようだ。
格安航空券でも安いのは「航空会社未定」ということがある。
「余りものには福が・・・」
と期待してそういったチケットを購入したことがあるが
経験上すべてが最も人気のなさそうな(安い)航空会社やホテルもエコノミータイプであった。
「気に入らなければキャンセル」という方法もあるが、キャンセル料の方が高いとも考えられる。

それなりの価値があることも!
以上の言い方からすれば格安ハワイ旅行は悪いように思えるがそうでもない。
例えば、エコノミーホテルといえども、旅行会社で紹介されるホテルなら、
そうそう悪いところもないであろう。自分自身、日本の旅行会社をとおして
ワイキキの格安ホテルに泊まったことがあるが
全体的に部屋は広く、日本のビジネスホテルなみの快適さはあった。
もちろん、多くの旅行者が想像するビーチリゾートホテルのように
窓から一面のビーチが見えるとか広いラウンジなどは期待できなかったが
ホテルは泊まるだけであとは外歩き中心という人にとっては、だいたい満足できるであろう。
また
航空会社未定であっても、自分の経験上 どの航空会社も似たかよったかに思えた。
日本からハワイまでのフライト時間は7時間以上で日付変更線を経由するし
出発時間帯も似たかよったかなので、時間的メリットも少ない
(参考に韓国や台湾、グアムなど短距離路線なら午前便、午後便によって行程が変更することtがある。)
それに、
エコノミーホテルやどこの航空会社でもいいというなら
インターネット等で格安プランを手配した方がいいかもしれない。


格安でも広くてゆったりとした部屋がとれた


自分で下調べをしっかりしたい

先にも述べたとおり「安い」ということはそれだけサービスも低いということになる。
例えば
おすすめの「オプショナルツアーについて(現地ツアー)」の紹介とか
当日空港での手続きやチェックインの仕方、さらにはパスポートやその有効期限、出国条件
(パスポートの存存期間〜日以内でないと出国できない等)
ESTA(電子渡航認証)など細かなところまでは気が利かないことが多い。
基本的には最小限のことは自己責任ももとで確認する必要がある。
ツアーであっても、個人旅行並みの調査をした方がいいと思った。

電話番号や住所もしっかりチェック
格安に限らず、どこの旅行会社でもそうだし、宿泊するホテルなどでもそうだとが
電話番号や住所などメモしておきたい。
というのも手配漏れのようなミスもありうるのだ。
そのようなことがあったら、ホテル等をとおしてでも
すぐにクレーム処理をしたい。

トラブル発生時は自己責任で
ホテルの部屋が汚い、従業員の対応が悪い。ホテルの水道から水が出ない
その日は休館日だった。添乗員がいたのに置き去りにされた。紹介されたことと実際は異なる・・・
といった細かなトラブルもある。
ちょっとしたことでも、せっかくの旅行が台無しになることもあるのだ。
経験上、それなりの旅行会社ならば、クレームの対応はしっかりしているが
格安旅行会社になれば、困ったときでもなかなか対応してくれないことも多い。
基本的なことは自己責任の下で対応した方がいい。
ちなみに格安航空券の購入など個人旅行(手配旅行)の場合、主催者は個人であり
旅行会社は手配しただけなので、大手の旅行会社であっても自己責任となろう。

やむを得ない場合もあるかもしれない
自分は経験したことがないのでなんとも言えないが、手配したのに旅行会社が倒産してしまった
ということがあるようだ。旅行代金の払い戻しもしてくれなかったというのも聞いたことがある。
自分が思うのに
旅行業協会の会員であるか(いざというとき旅行業協会をとおして話ができる。)
また
重要な旅行なら、よく分からないような旅行会社は利用しない。
という方法をとるのがいいかもしれない。

旅慣れない場合や大切な旅行なら安心を買ったほうがいいと思った。
逆によく下調べをしている人や海外旅行慣れしている人にとっては、細かなサービスは「お節介」
とも考えられる。安いプランを利用した方がいいかもしれない。
逆に下調べが面倒、海外旅行に不慣れな人やハネムーンなど大切な旅行ならば
「安さ」より「安心」をかった方がいいと思う。
その場合は高くても、大手の旅行会社にお願いした方がいいかもしれない。


旅行の申し込みに当たって注意したこと
知らない旅行会社にインターネットで手配をする場合
やっぱり不安である。自分は以下のことをしました。

電話で確認している
インターネットを調べると、多くの魅力的な格安ハワイ旅行のプランが出てくる。
「これぞ」と決めたプランの手配前にその旅行会社へ電話で確認している。
まずは、スタッフの対応、口調(態度)が悪そうな場合は利用しないようにしている。
問題発生時にややこしくなる。

ツアー番号を言って、そのツアー(格安航空券)があるか聞いてみる。
特にピークシーズンや週末など完売していることもある。

合計金額を聞いている。
海外旅行の場合、空港使用料や各種税金、燃料サーチャージなどいろんな追加料金
がかかるのだが、格安旅行プラン(航空券)など それが含まれないこともある。
中には1万円という金額を出しながら、実際は5万円位かかったこともあるのだ。
とはいえ、合計金額を提示しても大手の旅行会社より安いことも多いので
魅力はあるのだ。

旅行業協会に加盟しているか?
日本旅行業協会(JATA)、全国旅行業協会(ANTA)といった組織があり
そこに加盟しているか確認 会員なら登録番号もあるはず、
確認 心配なら旅行業協会のサイトを開いて 本当に会員か確認している。
というのも
もし旅行会社とトラブルが発生した場合は、旅行業法に基づいて
相談相手になってくれるのだ。
保障してくれるわけではないのでなんとも言えないが、安心感はある。

旅行日が近くなったら
格安旅行プランに限った旅行日が近くなるまで何の連絡も来ない。
精神的に不安になるのだ。たいていは向うから電話やメールが来るが
心配なら電話してみるのもいいと思う。(なかなかつながらないこともあるようだが・・・)
最近 多くの旅行会社でそうなのだが
チケットレスであることが多い、予約確認証をプリントアウトして空港へ持っていくようだ。
当日 どこへ持っていくのか確認したい。
成田空港や開催国際空港のような大きな空港の場合 分かりにくいのだ。


いよいよ出発!格安ハワイ旅行でも
すばらしい旅をしたい




 ツイート







自分にあった旅をしよう!

格安ハワイ旅行方法

とにかく安さを重視したい  格安志向だが安心も重視したい

格安に周遊旅行をしたい  周遊旅行したいけど安心重視

個人旅行を楽しもう!

格安オプショナルツアーに参加しよう!




トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2015年8月までの旅行経験から2016年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。