ハワイ旅行より

女神 ペレについて

世界有数のリゾート地として有名なハワイであるが古代のハワイ
では、多くの神が存在し自然とともに生きてきたと言われている。
その中でよく紹介されるのが、ハワイ島キラウエア火山の火口に
存在する女神「ペレ」ガイドブックやパンフレットで目にする人
も多いと思う。そのペレについて簡単にまとめてみました。




火の女神「ペレ」が住むキラウエアを眺める













トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法




火の女神「ペレとは」
ハワイ島のキラウエア火山の住んでおり、火の女神として
崇められている、ペレ どのような神であるのか?


島々を点々としていた
ペレ、そしてその兄弟達はカウアイ島やオアフ島などあちこちの島を
移りながら、自分の住む場所を探していた。最後にたどりついたのが
ハワイ島にあるキラウエア火山 その火口である。
その火口から火を噴く写真は有名で、多くのガイドブックやパンフレットでも
紹介されているのだ。
ペレとはどのような神なのか?
そもそもペレとは どのような神なのか?

美しい女神である。  気性が荒い
短期である  残忍である

ペレの怒りに触れると、キラウエア火山が噴火するといわれ
多くの人々に恐れられてきた。
噴火が起こると、ペレの怒りを鎮めるために
豚肉や花、酒などを火口に投げ込んだという。
また、人々に尊敬もされてきたとか?

火山により破壊をして そこから新たな創造が生まれる
という意味合いもあるとか

ペレが一目惚れした青年オヒアの伝説
ペレにまつわる伝説は数多いが その中で有名なのが青年オヒアとの伝説
ペレはオヒカという青年に恋をしたが、オヒカにはすでにレフアという恋人がいた。
怒りに触れたペレは木に変えてしまった。悲しみに陥ったレフエは神々によりその木に咲く花となった。
オヒアレフアという低木であり、溶岩の大地に咲く赤い花である。
溶岩台地に咲くことから生命力の強さをも感じるのだ。


キラウエア火山へと向かう


ペレにまつわる言い伝え
今もペレに関する言い伝えもあるのだ。

溶岩を持ち帰ってはいけない。
記念にキラウエア火山の溶岩を持ち帰りたくなるかもしれないが
ペレの怒りに触れて不幸が起こると言われている。
実際 不幸続きでハワイ国立公園に溶岩を送りかえってきた例が多いとのこと
(最も 国立公園内なので持ち帰り禁止であろうが・・・)

ペレが老婆の姿になって現れる。
ペレが老婆 又は 美女として現れることがあるという。
粗末に扱い怒りに触れると火山が爆発するともいわれているのだ。

オヘロベリーの実を食べると祟りがある。
オヘロベリーとはハワイの固有種で火山地帯にはえているとのこと
食べると祟りがあるとか?ただ、ペレに祈りをささげたならいいとも聞く
(その前に 国立公園内で植物を採るのは禁止だと思うが・・・)

他にもいろんな言い伝えがあるとのこと



不毛の大地が広がる











トップ
ハワイ旅行の情報



くらの旅行記より



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2014年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。


スマートフォン版