ハワイ旅行の写真


ハワイまでのフライト、街歩きに食事
そして、ハワイのみどころなど
写真をとおして紹介します。


            



 ツイート







トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法



いよいよ出発
成田空港に到着、いよいよハワイへ向けて出発!
ホノルル国際空港までの旅





出発準備をする飛行機
(成田国際空港にて)


午後成田空港に到着、ホノルル便のほとんどは夕方〜夜に出発
ハワイへの出発準備をする日本航空



搭乗開始

準備が終了し出発の30分前、搭乗のアナウンス
搭乗口にゾロゾロと集まる。
気持ちもたかぶる!



機内の様子

エコノミークラスの機内、ゆったりとまではいかないが
全席モニター付で足をのばせるように工夫されている。
意外と快適に過ごせた。


機内食

離陸してしばらくすると食事
日本航空のホノルル便はスパークリングワインのオーダーもできた。


就寝

食事も終わりしばらくすると機内は暗くなり静かになる。
就寝の時間だ。
アルコールが効いたのか?熟睡までいかなくても寝てしまう。


ハワイ諸島が見える

翌朝ではなく日付変更線を通過するので当日の朝
ブラインドを開けると青い空と海が広がる。
しばらくすると、ハワイ諸島の島々が見えてくる。
感動の瞬間だ!



ホノルル国際空港


ホノルル国際空港に到着、飛行機を降りる
外は青い空とヤシの木々
空港内ではハワイアンミュージックが流れる。



ホノルルを歩く
リムジンでお出迎え、ホテルで休んで
ワイキキやダウンタウンを歩いてみる。



リムジンでホテルまで向かう

旅行会社のフリープランに参加しているなら現地係員がお出迎え
リムジンでワイキキのホテルまで送迎サービスも多い。
個人旅行者でも空港からワイキキのホテルまで
エアポートシャトルやタクシーがある


ホテルでチェックイン

ホテルにチェックインをする
スーツケースを持った多くの旅行者で賑わう。


ホテルで休憩

部屋に入る。機内ではよく眠れなかっただろう。
ベッドで仮眠
フカフカベッドですがすがしい気分になる。
そうそう、時差ボケ防止のため
熟睡はしない方がいいだろう。


ワイキキの街に飛び出す

元気になって早速 ワイキキの街に飛び出す。
メインストリートであるクヒオやカラカウア通りには
多くの店が集まり、多くの旅行者で賑わう。


ワイキキビーチ

ワイキキビーチも歩いてすぐ、白砂のビーチにリゾートホテル
その背景のダイヤモンドヘッド
まさにハワイを代表する風景

  
フードコートで軽いランチ

ワイキキビーチ近くのショッピングモール「ロイヤルハワイアンセンター」
のフードコートで軽いランチ フードコートなら10ドルもしない。
日本ではなかなか馴染みがないタコスを食べる。


ワイキキトロリー

ワイキキとその周辺をクルクルまわるトロリーに乗る。
2階建てのトロリーもある。
日本語案内もあるしJTBやHIS JALパック専用トロリーもある。



ダウンタウンのカメハメハ大王像

バスやトロリーでワイキキからちょっと離れたダウンタウンへ行っていたい。
名物 ダウンタウンのカメハメハ大王像
そこで記念写真を撮る人が多い。


チャイナタウン

ダウンタウンにあるチャイナタウン
アジアンチック漂うこの町は「本当にハワイなの?」
と思うほどだ
興味があれば行くのもいい。
アメリカ本国人が多く、日本人旅行者は少ないけどね!


ホノルルの夜
夜になっても楽しみが続くのがホノルルの魅力だ!


ワイキキの夕暮れ

あっという間に夕暮れになる。ワイキキビーチのサンセットは感動的
そして、その近くクヒオビーチではミュージックに合わせフラのショーが始まる


アラモアナ・センター

ハワイ最大規模のショッピングモール「アラモアナ・センター」
国内外からの旅行者や地元の人で賑やか
アメリカンスタイルを垣間見ることもできる。



タンタラスの丘

ワイキキの人気スポット「タンタラスの丘」
ここから眺めるワイキキは感動的だ。
1時間〜1時間半のオプショナルツアーもある。


ステーキとロブスターのディナー

夕食の時間 言うまでもないがワイキキは数多くの
そしてバライティーに富んだ飲食店がある。
日本語クーポン雑誌で見つけた
クヒオ通り沿いのレストランでステーキとロブスター ハワイビール
のディナー 30ドル弱であった。



ワイキキビーチのバー

ワイキキにはビーチバーもあり、夜遅くまで営業している。
カクテルを飲みながら大人の世界にひたるのもいい。
そうそう、ビーチなど公共の場での飲酒は禁止!注意しよう!



 ツイート






まだまだ沢山ハワイの魅力
リゾートホテルやビーチ、お洒落なショップだけが
ハワイではない。息をのむような大自然に
懐かしさ漂う町並みなど、
いろんな世界を見せてくれるのだ。
かつてバックパーカーでアジアを歩いた自分でも
ハワイに魅せられるものがあった。




ハナウマ湾
(オアフ島)

ありきたりのワイキキビーチに飽きたなら

ワイキキビーチも素晴らしいが、ありきたりで飽きた!
そのときおすすめがハナウマ湾 ワイキキからちょっと離れたところにある
自然の海、シュノーケリングが有名で色とりどりの魚が寄ってくる。
自然保護の観点からいくらかの制約があるから注意

詳しくは

ハナウマ湾




アカカ滝
(ハワイ島)

内陸部の魅力

ハワイは内陸部にも魅力が多い。
その一つハワイ島のアカカ滝
緑豊かなジャングルに現れる巨大な滝に感動
近くには、ホノムというローカルタウンもある。

詳しくは

アカカ滝



コーヒー農園(UCCハワイ)とカイルア・コナ
(ハワイ島)

ハワイを代表するコーヒー「コナ・コーヒー」

コーヒー栽培が行われるコナ・コーヒーベルト
すがすがしい風がふくコーヒー農園とその眼下には
ハワイ島を代表するリゾート地「カイルア・コナ」である。

詳しくは

コナ・コーヒーベルト



カイルア・コナのビーチ
(ハワイ島)

静かなビーチ

ハワイ島を代表するリゾート地「カイルア・コナ」そこのビーチだ。
ワイキキビーチとは異なり静かで落ち着いた感じがいい。
プライベートビーチを持つホテルも多い。

詳しくは

カイルア・コナ



キラウエア火山
(ハワイ島)

大自然に圧倒!

ハワイの写真にマグマが飛び出す風景を見ることがあるだろう。
ハワイ島を代表するスポット、キラウエア火山である。
周辺はまるで高原のよう 遊歩道も整っている。

詳しくは

キラウエア火山



マウナケア山
(ハワイ島)

標高4,000m級の山

ハワイ島のオプショナルツアーでトップクラスの人気を誇る「マウナケア」
標高4,000級の山で冬はスキーができるほどだ。
一面の雲海、キラウエアの噴火の光 遠くマウイ島の山を望むことができる。
そして一面の星空は息をのむほど感動的だ。

詳しくは

マウナケア



かつての首都「ラハイナタウン」
(マウイ島)

カメハメハ王朝時代の首都

マウイ島にあるノスタルジックタウン「ラハイナ」
かつての首都であり捕鯨基地で栄えた町である。
といっても日本の江戸時代
ノスタルジックなハワイを味わいたい。
なお、ハワイ諸島をまわると
ノスタルジックな町や家並みを見ることが多い。

詳しくは

ラハイナタウン



迫力あるシュガートレイン
(マウイ島)

サトウキビ栽培全盛期の名残り!?

かつてサトウキビ栽培が盛んであったハワイ
そのサトウキビを運んだ。シュガートレインが観光用として運用している。
ゆったりと走りながらも迫力がある!

詳しくは

サトウキビ列車



イアオ渓谷
(マウイ島)

古代ハワイアンが眠る

我々が想像するリゾート地ハワイとは異なり
蒸し暑い感じだ。ここは古代ハワイアンにとって神聖な場所であり
マナというエネルギーが宿るとされていたパワースポットである。

詳しくは

イアオ渓谷


このページで紹介したのはほんの一部
このサイトでは
他にもハワイの魅力を沢山紹介!







 ツイート


トップ
ハワイ旅行の情報


(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2014年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。