ハワイ旅行の宿泊設備

リゾートホテルに泊まる

コンドミニアムやシティーホテルなどハワイには多くの宿泊施設
があるが、まず思い浮かべるのはリゾートホテルではないか?
ビーチ沿いに建ちゆったりとした部屋に充実したサービス
レストランやバーショッピングセンター、ショーなど
ホテルだけでハワイを楽しめてしまうのだ!








 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






高層階の部屋から眺めを楽しむ


ホテルライフを楽しみたいならリゾートホテルがいい
高級ホテル=リゾートホテル?
簡単に言えばハワイの高級ホテルといったところ
ワイキキなら
「ハレクラニ」とか「ザ・ロイヤルハワイアン」「シェラトン・ワイキキ」など
旅行会社でも「Lグレード」とか「名門ホテル」「ラグジュアリーホテル」などと歌いパンフレット
などで大きく紹介されているのはだいたいリゾートホテルだ。
ただ、高いホテルばかりではなくリゾートホテルでありながら比較的リーズナブルな所もある。

また、ワイキキ以外でもリゾートホテルのエリアは多い。
例えば
ハワイ島の西海岸(カイルア・コナとその周辺)やマウイ島のラハイナ
など
他にも
オアフ島北部(ノースショア)にあるタートル・ベイ・リゾートのように
独立して建つ巨大なホテルもある。


マウイ島のラハイナリゾートエリアを望む

ホテルライフを楽しむ魅力がある。

リゾートホテルの魅力はホテルライフだけでも旅を満喫することができることであろう。
ホテルそのものも巨大で、郊外にあるホテルなどホテルだけで一つの街を作り上げているような所もある。
ゆったりとしたロビーや広い部屋 ビーチ沿いのレストランやバー ホテルによってはショッピングセンターや
いろんなショーや教室などが行われ夢のような空世界が広がるのだ。


ホテルそのものが一つの街を造り上げているような所もあった。
(ワイキキ ヒルトン・ハワイアンビレッジ)


ホテルの過ごしかた
例えば
午後 早めにホテル到着し、ホテル前のビーチで過ごす。
プールとビーチが一体化してありプールサイドにはビーチバーもあることも多い。
夕方はショッピングやスパ(マッサージ)などを楽しみ
その後 生演奏やフラダンスを楽しみながらディナーを楽しむ。
夜は部屋に戻ってコナコーヒーを飲みながらゆったりとした過ごす
こんなホテルライフを過ごすことができるのだ。

    
ビーチやプールで泳いだりテラスで食事をしたりしてホテルライフを楽しむ




ワイキキのリゾートホテルとシティーホテル
参考にワイキキのリゾートホテルとシティーホテルの地図を作りました。


ワイキキのリゾートホテル、シティーホテル


リゾートホテルに宿泊する場合の旅行代金
いうまでもないがシティーホテルと比べると高いことが多い
例えば
ハワイフリー6日間を見ると
エコノミータイプのシティーホテルが6万円としたら
リゾートホテルは12〜13万円ということもざらである。
ちなみに高級リゾートホテルともなればオフシーズンでも20万以上はするし
さらに部屋の条件などよくすれば30万40万といってしまう。

宿泊料金だけを見ても
個人旅行でホテルだけ別に手配する場合でもシティーホテルがツインルームで80$とか100$とみれば
リゾートホテルは200$位なんてこともある。(実際はもっと差がある。)
結果 ハワイ旅行ならリゾートホテルに泊まるのが普通と思いきや値段を見たら
シティーホテルの方を選択する旅行者も多いだろう。
それなりの価値はある
高級リゾートホテルともなれば夢のような空間に包まれる。それ以上の魅力があるのだ。
ハネムーンや大切な記念旅行ならぜひともおすすめしたい。
安く泊まれるリゾートホテルも!?
ワイキキなど中心部からちょっと離れるとリゾートホテルであっても比較的安く泊まれることがある。
中心部に建つホテルがツインルームで200〜400$に対し100〜200$といったところか?
ハワイフリープランも6日間で10万円を切ることもある。
巨大なホテルだが高級とはいいがたく設備やサービスも若干低くなったり、ビーチへ行くにも道を挟んでいることもあり
泊まるだけの要素が強くなるが逆に「リゾートホテル気分も味わいたいけどホテルライフだけではなく街歩きも楽しみたい」
という旅行者にはいいと思った。上の地図で示す水色のエリアに比較的安いリゾート風のホテルも見かけた。

    
パシフィックビーチ・ホテル
(比較的安い値段でリゾートホテルを味わえた。)

部屋の位置によって値段がことなることも多い。

リゾートエリアにあるホテルは海側や山側か階層など部屋の位置によって
値段が異なることも多く。同じ部屋でも安い部屋と高い部屋には倍近く値段が異なることもある。
ホテルによって若干の違いはあるものの
オーシャンフロント、オーシャンビュー、バーチャルオーシャンビュー
マウンテンビュー(ダイヤモンドヘッドビュー)、スタンダートに分けられることが多い。
インターネットで部屋からの眺めを確認できることがあった。
せっかくのハワイ旅行、それもリゾートホテルに泊まるなら部屋からの眺めを重視したいもの
とはいえオーシャンフロントともなればかなりの高額になる。かといってバーチャルオーシャンビュー
ならほとんどビーチが見えないかも?などと心配してしまうものホテルによってはインターネットで
部屋からの眺めを確認できることがある。

オーシャンフロント
部屋のまん前がビーチである。さえぎるものもなく
ラナイ(ベランダ)から一面のビーチが広がるのだ!
オーシャンビュー
ビーチを眺めることができる部屋


部屋からビーチを眺めることができる。

バーチャルオーシャンビュー

ビーチから見て横に位置することが多い。
わずかでも海を眺めることができる。値段はグンと安くなることが多い。
30階以上確約というプランもあり高層階に泊まった経験から眺めはよかった。


バーチャルオーシャンビューから
(ホテルにもよろうが高層階からなら眺めはよかった)

マウンテンビュー

ビーチの逆、山側の部屋である。一見条件が悪そうだが、夜には一面の夜景を
楽しむことができるといった魅力があり、マウンテンビューがよかったという旅行者もいる位だ。
ホテル代もビーチ側より安いこともあるのでお得ともいえるかも?


マウンテンビューからの眺め

スタンダート

「部屋指定なし」など一番安い値段で設定されているのが一般的
下層階に位置しており、部屋からの眺めはあまり期待できない。

参考に
街歩きを楽しみたい場合はシティーホテルがよかった。
一概にはいえないがシティーホテルの場合 内陸部に位置することが多い。
シティーホテルといってもエコノミーから高級ホテルまでさまざまだが一般的には
ホテルは泊まるだけで街歩きを重視したいという人向け、日本のエコノミータイプの
ビジネスホテルと比べると部屋は広いことが多いが、エコノミータイプならフロントと
小さなロビーがある位でプールがあっても小さくあまり利用する人がいないといったことが多い。
しかし、ホテルを一歩でればそこは街の中であったりバス通りが近いなど交通の便はいいことも多いし
内陸部とはいえワイキキなど数分も歩けばビーチというホテルも多い。
そして何よりも値段が安いのが魅力 格安プランならエコノミータイプのシティーホテル滞在が多い。


エコノミータイプのホテルでも部屋はゆったりしていた。
(ネット予約で1泊6,000〜7,000円程度だった。)



 





ハワイの宿泊設備についてに戻る




トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。