ハワイ旅行より

レンタカーを利用しよう!

ハワイを自由気ままにまわるならレンタカーが便利!
慣れれば日本より運転もしやすいのだ!経験から
レンタカーの予約に保険、交通ルール、運転をして思ったことなど
ハワイのレンタカー ドライブについて紹介します。
多くの日本人旅行者がハワイドライブを楽しんでました(^0^)/





                  







 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷





 
レンタカーで自由気ままなドライブを楽しもう!


やっぱり便利なレンタカー
自由気ままに好きなところへ行けるのだ!
ワイキキやその周辺をまわるだけならバスでも便利だが
オアフ島や他島(ネイバーアイランド)を自由にまわるならやっぱりレンタカーは便利
地元の人しか立ち寄らないところに降り立ったり、観光では訪れない穴場スポットを見つけたり
自分だけの風景に出会うことだってできるのだ。慣れれば日本より運転しやすいのだ。
しかし、海外である以上 日本とは勝手が違うこともあるし、アメリカなら右側通行なので
最初は不安なもの、経験と調査からレンタカーの予約から運転 返却、事故を起こして
しまったときの対処までまとめてみました。


すばらしい風景を見つけよう!
オアフ島 ヌウアヌ・パリ展望台


  クレジットカードは必需品
基本的にはアメリカ(ハワイ)でレンタカーの手配をするとき クレジットカードが必要になる。
レンタカーのみならず、個人旅行でホテルの手配などをするとクレジットカード番号の
入力など必要となり、ハワイ旅行ではクレジットカードが必需品となることが多い。
それにクレジットカード払いの方がレートがいいのだ。
クレジットなしでもレンタカー利用できることもあるが多額の保証金を求められると聞いた。

国際免許証は不要!?
一部を除いて海外で車を運転するときは国際免許証が必要となる。
しかし、私の経験上 ハワイ旅行やグアム旅行にて国際免許を持って行ったことはない。
主要なレンタカー会社に限るがハワイやグアムの場合、
日本の免許証だけでもでも車を貸してくれるのだ。
それにホノルルのオフィスなら日本語スタッフがいることもあったし、他島でも日本語の翻訳あり
しかし、国際免許証は持って行った方がいいとも聞く。
事故を起こしたりして警察のお世話になった場合など、警察は日本の免許が読めない
平成〜年といっても分からないのだ。私の経験ではパスポートの提示を求められパスポートと
並べて確認をしてくれたのだが、場合によっては通用しないこともあると聞いた。
免許の翻訳サービス
レンタカー会社の場合 免許証の翻訳サービスを行っていることもあり
国際免許証を発行してもらうには、免許センターまで行き、2,650円の手数料が必要となるのだが
翻訳サービスなら郵送も受け付けてくれる上に2,000円もしなかったと思う。
しかし、ハワイはもともと国際免許不要ということで受け付けてくれなかったこともある。
免許証についていくつかの注意もある
(主要なレンタカー会社)

日本の免許証でも貸してくれるのはニッポンレンタカーとかダラー、ハーツというように
日本語サイトを持ち、ハワイ旅行のガイドブックでもよく紹介されている主要なレンタカー会社の場合
実際ハワイへ行くと他にも多くの会社があるようだが、全てのレンタカー会社が対応してくれるかは
分からない。今後の変更もありえるので、私の場合、どこのレンタカーを利用するにせよ
日本の免許証でも可能か確認している。主要なレンタカー会社なら日本にも事務所
を構えていたりするし日本語案内の番号もあることも多い。メールの対応も可能だ。


多くのレンタカー会社が並ぶ
マウイ島カフルイ空港にて

  (〜日以内の滞在など条件はあるようだが)

かすかな記憶しかなく確信はできないが、国際免許証不要でも運転できるのは30日以内の滞在
など条件があったと思う。ただ、6日〜15日程度の観光旅行ならまず必要なかった。一応確認してください。
ちなみに 片道の航空券しか持ってない場合は〜日以内の滞在という証明にはならず
査証(ビザ)も必要となろう。
(国際免許証と日本の免許証両方必要)
国際免許証や翻訳証があっても日本の免許証は必要、いずれにせよ翻訳程度の効力しかなく
日本の免許証で処理されるのが一般的




旅行前に準備 下調べ
慣れない海外、自分好みのレンタカーを確実に
利用するため下調べや準備もしておきたいものだ!
そのいくつかをまとめてみました。


詳しくは下をクリック

ハワイ旅行のレンタカー1
旅行前に準備しておきたいこと

手続き ドライブ
レンタカー会社に到着 手続後、指定の車に乗る
いよいよハワイドライブのはじまり!
手続きや運転の注意点などまとめてみました。


詳しくは下をクリック

ハワイ旅行のレンタカー2
ドライブを楽しむ




 





移動方法 交通機関についてに戻る


トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。