ハワイ旅行より

ハワイ島ドライブ


ハワイ諸島で最も広い島「ハワイ島」広大な農場に
迫力ある火山地帯、素朴な町にすばらしい風景に出会えるのだ。
公共交通機関があまり発達していないため、島をまわるのは
オプショナルツアーに参加するかレンタカーを利用するのがいいだろう。
経験と調査からハワイ島ドライブについてまとめました。




広大なハワイ島をドライブしよう!
(パーカーランチに入る)


 









トップ
ハワイ旅行の情報




格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法










ハワイ島1周ドライブコース





ハワイ島ドライブについて
ハワイ島1周コース
ホノルルから飛行機でヒロ空港に到着、そこから島を北上しアカカ滝やパーカーランチ
カイルア・コナを経由してボルケーノのB&Bに宿泊、翌日キラウエア火山をまわって
ヒロに到着、ビッグアイランドキャンディーズで買い物してホノルルに戻りました。
コナリゾートエリアを出発点にした方がいいと思った。
ホノルル(オアフ島)を拠点とした個人旅行であったため、ヒロからハワイ島ドライブをしたが
ツアーに参加した場合、コナ空港に到着し送迎車でサウス・コハラやカイルア・コナの
リゾートホテルに滞在するといったパターンが多いのだ。そこからレンタカーでキャプテンクック
キラウエア火山、ヒロ、パーカーランチなどを経由してハワイ島1周ドライブをした方がいいと思った。


多くのリゾートホテルがあるカイルア・コナとその周辺を拠点にするのもいいと思った。


  ホノルルから出発するなら1泊はしたいと思った

オプショナルツアーを見るとホノルル(ワイキキ)を早朝に出発し飛行機でハワイ島に到着
バスを島を1周してワイキキに戻るというツアーを見かける。レンタカーでもできないことは
ないと思うが、慌しい旅になってしまうと思う。ハワイ島は広く、1周するのに7時間位はかかろう。
また、個人だと途中で道に迷うことなどの心配もある。1泊はしたいと思った。
日帰り1周ドライブをするなら
日帰りならハワイ島内に滞在し、早朝、そこから出発するならハワイ島1周
日帰りドライブは楽しめると思う。ただ、運転時間は長いので少々きついと思う。
泊まる場所
ドライブ中、日が暮れたら適当に宿を見つける。というのは難しいと思う。
道中、〜HOTELなんて看板をみることはほとんどなかった。
事前に調査して予約したい。
宿泊設備が多いと思われるエリアを挙げてみました。
(サウス・コハラやカイルア・コナのリゾートエリア)
先にも述べたとおりハワイ島のツアー(現地自由のフリープランが多い)の場合
ほとんどはサウス・コハラ(コハラ・コースト)やカイルア・コナとその周辺の
リゾートホテルに滞在することになる。晴天の日も多く、青く美しい海そして巨大な
リゾートホテルと最もリゾート地ハワイらしい風景に出会えるはずだ。個人で訪れるのも
分かりやすいし、個人的にはおすすめである。
(ヒロ)
リゾートというよりハワイ島の行政や経済中心の町といったところか?とはいえ都会といった
イメージとはほど遠く、庶民的で歴史感あるノスタルジックな町である。
雨も多く、それが風情を注ぐまた日系人が多い町としても有名だ。
それこそ本当の「オールドハワイ」と想わすこともあるのだ。
そこにホテルがいくつかあり、ハワイ島ツアーでも紹介されることがある。
(ボルケーノ)
キラウエア火山のあるエリア、ビーチリゾートではなく、高原といった雰囲気であろう。
朝方のひんやりした雰囲気がまた違ったハワイを想わすのだ。森(自然)に囲まれた一軒家が多い。
旅行会社などで紹介される有名ホテルといえばボルケーノ・ハウス・ホテルだが他にも
日本でいうペンションみたいなB&B(ベッド アンド ブレックファースト)
ドミトリー(相部屋)のホステルもある。いうならキャンプ場もあるので多くのニーズに答えている。
ただ、B&Bなど雰囲気はいいが、見た目は高原の別荘で外見から宿と判断できないこともあるし
日本人旅行者の宿泊は少ない、受付は夜になったら閉めてしまうなどの問題があり、なれない人には
おすすめできない。安心をかうなら日本の旅行会社でも紹介してくれるホテルがいいと思う。
(その他)
数は少ないもののインターネットで調べるとハワイ島にはコンドミニアムやB&Bなどが点在しているようだ。
ただ、どこでも簡単に見つけることができるわけでないので、事前に確認をして予約をしたいと思った。


ボルケーノを歩くとこんな感じだった。
(ハワイ島ドライブより)


レンタカーでマウナケア山は難しい

ちなみにハワイ島の有名観光地といえば火山で有名なキラウエアと標高4200m以上のマウナケア山ではないか?
キラウエアには車で行くことができるがマウナケア山はできないと思った方がいい。途中まで行けないことはないらしいが
道が悪いとか自動車保険対象外との話を聞いたことがある。マウナケア山のオプショナルツアーに参加した方がいい。

その他、ハワイ島内の運転については
ハワイ島内の移動方法
を参考にしてください。





以下のコースでドライブをしてみました。
1日目 ヒロ空港へ到着 カイルア・コナまで
ヒロを出発
ホノルル国際空港からハワイ島のヒロ空港までハワイアン航空を利用、約50分で到着
空港の前にインターネットで日本から予約をしたレンタカー会社があり、すぐに手続きをする。
ハワイ島ドライブのはじまり!ヒロの町を抜けて島を北上するのだ。


ヒロ空港に到着
(ハワイ島ドライブより)




空港のすぐ前にレンタカーの受付であった。
(ハワイ島ドライブより)


ホノムとアカカ滝

ヒロは特別大きな町でもなく一気に抜けて走りぬける。途中 Akaka Fallsと書かれた案内標識あり
左折をして緩やかな坂を登る。途中にホノムというノスタルジックな集落
食堂などがあり、ヒロを出発して30分ほどだ。ちょうど昼時なのでそこでランチを食べる。
ハワイらしいプレートランチ、アジアンティストである。なんとも素朴な集落か?
ホノムで30分ほど滞在、アカカ滝へ向かう、10分もしないで到着、アカカ滝見物だ。
遊歩道があるが特段長い訳ではなく、15分位で見物終了、再びハワイ島ドライブへ!


ヒロを出て北上する



ノスタルジックなホノム



アカカ滝を見物



アジアンティストのプレートランチ
(ハワイ島ドライブより)


パーカーランチ

島を北上、しかし、ハワイ島1周の道路はクネクネしているところはあるものの
ほぼ1本道で便利である。北上するにつれて、針葉樹林帯のような風景、訪れたのは12月だが
昼間はTシャツでも問題なかった。ホノカアタウンからパーカーランチ方面へ曲がる。
森の風景から広大な牧草地へと変わるのだ。とにかく広大な牧場である。というか広すぎて
牧場という実感がわかなかった。しばらくして、パーカーランチの中心部ともいうべき町
ワイメア・タウンに到着、そこのショッピングセンターに車を停めてフードコートで牛肉の
プレートを食べるのだ!周辺は牧草地である。
アカカ滝からだいたい1時間30分弱のドライブであった。


ハワイ島を北上する。



ワイメアで休憩をする。
(ハワイ島ドライブより)


コナ・リゾートエリアへ向かう

ワイメアに30分位滞在してからからカイルア・コナへ向かう道を進む。
途中、広い原野の中を進む。近くには標高4,000m級のマウナケア山があるのだろう。
なんとも感動的、途中で写真を撮ったりする。


広々とした風景


カイルア・コナに到着

ワイメアを過ぎてから1時間30分弱であろう。コンドミニアムやリゾートホテルにショップや
レストランなどが集まるエリアにでるのだ。車も多く賑やかである。カイルア・コナだ。
賑やかとはいえワイキキとは違いレトロな雰囲気も感じられた。
駐車場に車を停めて、ショッピングエリアなどを散策する。美しいビーチもある。
カイルア・コナとその周辺に滞在しそこを拠点にハワイ島観光を楽しむのが多いようだ。
テラスでコナコーヒーを飲んだりする。長く滞在したいが時間がないため30分位しかいなかった。


カイルア・コナにて
(ハワイ島ドライブより)


カイルア・コナからキャプテン・クック、ボルケーノビレッジへ

カイルア・コナから30分しない位でキャプテンクックのあたりに到着する。
ちょっとしたショップ、レストランのようなところがあった。
さらにすすむのだ。ここからボルケーノまで3時間位かかってしまった。
まわりは森である。日本の田舎の雑貨屋のようなところがあり、ここでドリンクなどを購入
日系人のおじいちゃんがいた。なんともオールドハワイといった雰囲気である。
黒い砂浜で有名なプナルウ黒砂海岸へ行きたかったが、暗くなり時間がないため通過
ボルケーノに入る。ビレッジとはいえ、高原の別荘地みたいに森の中にポツンポツンと
家が建っている感じだ。インターネットの地図で確認したこともあり、今回宿泊する予定の
B&Bの場所もなんとなく分かった。すでに閉まっており、ポストに自分の名前が書いてある
キーを見つけた。ただ、宿泊先が離れであるため分からず、電話に係りの人を呼んで
車で誘導してくれた。慣れないならリゾートホテルに泊まった方がいいと思った。
シャワーを浴びてすぐに寝る。


宿に着いた頃には暗くなっていた。




2日目 キラウエア火山をまわってヒロに戻る
キラウエア火山
宿で朝食をとる。クロッサンにトースト、フルーツにオレンジジュース、そしてコーヒー
まさにアメリカンブレックファーストといった雰囲気である。食後 いよいよキラウエア火山に
向かって出発!昨日は真っ暗で分からなかったが。見事に森の中であった。ちなみにボルケーノの
朝は肌寒く、Yシャツを着ていた。宿を出て10分かどこらでキラウエア火山国立公園の入口でゲート
がある。ここで入園料10$を払い、中に入る。すぐにビジターセンターに到着、人気観光スポットだけに
多くの旅行者で賑わっていた。なかでキラウエア火山の説明をみる。ちなみに訪れたのは12月下旬
アメリカ本国人で賑わっているようであった。ワイキキではあちこちで見かけた日本人旅行者はほとんど見なかった。


朝食をとる。



キラウエア火山国立公園入口のゲートが見えてきた。



ビジターセンターに到着


海沿いまで向かう

ビジターセンターを後にして森の中を走る。途中、巨大なキラウエアカルデラを見たりするのだ。
そして海沿いへと向かう。森はなくなり黒い岩石の大地である。なんとも独特の風景だ。
車も少なくなる。海岸というか断崖絶壁であり、近寄るのは危険であった。
その後ビジターセンターに戻りキラウエア火山を後にする。あちこちまわってキラウエア火山には2時間位
の滞在となった。その後ヒロの町に戻る。


黒い大地が印象的


ヒロに到着

ずっと森の中を走っていたが少しずつ開けてきて、ヒロのビッグアイランドキャンディーというショップに到着
途中でガソリンを入れたりもしたが、キラウエア火山からヒロまで2時間近くかかってしまった。
工場直営でチョコレートやキャンディーなどを製造、ここでお土産を購入する。
コナコーヒーを飲んで一休みしてからヒロ空港に戻る。できればノスタルジックなヒロの町を楽しみたかったが
時間がないため断念、車を返し空港から飛行機でホノルルに戻る。ちょっと慌しいハワイ島ドライブであった。


ビッグアイランドキャンディーでショッピング













トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。