ハワイ旅行より ワイキキのショッピング

ロイヤル・ハワイアン・センター

ワイキキ中心部にある最も代表的なショッピングモール
カジュアルから高級まで多くのショップが集まる。
緑豊かなロイヤルグローブで開かれるフラや
フードコートでの食事など楽しみかたが盛り沢山!
ロイヤル・ハワイアン・センターの楽しみかたをまとめました。








 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷





ロイヤル・ハワイアン・センター
ロイヤル・ハワイアン・センター



ロイヤル・ハワイアン・センターの場所
ワイキキの中心部にある。






ロイヤル・ハワイアン・センターの魅力
エンターテーテイメント 食事 ショッピング
ショッピングを楽しむのはいうまでもないが、他にもショーやレッスンなどの
エンターテイメントにフードコートやレストランでの食事など
ハワイを楽しむ観光スポットとしての魅力があるのだ!
そのいくつかを紹介すると


ヤシの木が茂る森 ロイヤルグローブ
ロイヤル・ハワイアン・センターの中を歩くと
ヤシの実など緑豊かな公園のようなところに出る。ロイヤルグローブだ。
ここはかつて王族の避暑地といわれている。
心も癒される気分になるのだ!

ロイヤルグローブ
ロイヤルグローブを歩きたい!


フラのショーやレッスンなど

ロイヤルグローブ最大の魅力はいろんなショーが行われることだ。
特にすばらしいのがフラショー
ワイキキで見られるフラショーで代表的なものといえば
クヒオビーチのフラステージとロイヤル・ハワイアン・センターのフラショーではないか?
ハワイ旅行のすばらしい思い出になった!
他にも フラ教室などもある。

フラ・カヒコ
自分が訪れたとき毎週土曜日では夕方に古典フラのショーが行われていた。
滅多に見られない貴重なフラ
我々が想像する華やかなフラとは異なり原住民的な雰囲気があるが
それが、本来のフラであり、違ったハワイを感じることができる。

曜日と時間帯をチェックしよう!
ロイヤル・ハワイアン・センターでは他にもウクレレのレッスンとかバンドの演奏など
いろんなイベントがあるが 毎日 いつでも行われてわけではないし
必ずしもロイヤルグローブで行われているわけではないので
事前にしっかりチェックしよう
また、このあたりは他にもいろんな建物がありゴチャゴチャしてしまうこともある。
例えば
ロイヤル・ハワイアン・センターとロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー(ホテル)
と混乱 間違えて行ってしまうこともあった。

食事
高級感を感じながらもカジュアルなフードコート
もちろん食事もかかせない ロイヤル・ハワイアン・センターなら
フードコートが人気 高級感を感じながらも10ドル程度で食事を楽しめるし
ワイキキ歩きのついで喫茶にもいいのだ!
それだけではなく高級感あるレストランにバー(酒屋) 寿司屋なんかもあった。
ナイトスポットもある。


フードコートで食事を楽しむ!


ショッピング

カジュアルから高級店までいろいろ
ショッピングモールだからショップは多い。
全体的にみればファッション系のテナントが目立ったが
調べると
エルメスとかブルガリといった高級ブランド品の店から
気軽にお菓子やチョコレートのお土産など買えるABCストアーなどジャンルは広い。
衣料品の店ではアロハシャツが20〜50ドルほど
店員が日本語で親切丁寧に説明してくれたりした。
フォーエバー21もあり10〜20ドルでお洒落な服を買えたが
日本人旅行者より地元の人に人気があるようだった。


ショッピングを楽しむ!


迷ったら吹き抜けのエリアへ!

ロイヤル・ハワイアン・センター自体も広いし他にも周辺も賑やかで
ゴチャゴチャしている。慣れないと迷うかもしれない。
中央部に吹き抜けのエリアがあったので目印になった。
ちなみに 吹き抜けの2階にフードコートがあり!


吹き抜けのエリアを拠点とした
(2階にはフードコートもある。)


ちょっと歩けばビーチだ!

カラカウア通り沿いのショッピングモールだがちょっと歩くと美しいビーチ
それにビーチ沿いには
アウトリガーとかハレクラニ、シェラトン・ワイキキ・リゾートという
ハワイでも代表的な高級ホテルが並び賑やか ビーチバーやレストランもある。


ちょっと歩いて ビーチも楽しみたい!

ロイヤル・ハワイアン・センター情報
営業時間
10:00〜22:00で年中無休であるが
テナントによって異なる。ナイトスポットなら22:00過ぎでも営業

滞在時間
個人差によるが 1時間2時間はほしいと思った。
ロイヤル・ハワイアン・センター周辺にはDFSギャラリア・ワイキキ
ワイキキ・ビーチウオークにインターナショナル・マーケット・プレイス
ワイキキ・ショッピング・プラザなど多くのショッピングモールがあるので
ワイキキ歩きのついでに訪れるといったところだろう。
ワイキキ歩きなら1日でも足りない位だが
昼間はオプショナルツアーでビーチやマリンスポーツ 島内観光を楽しみ
夕方にワイキキ歩きを楽しんだ。食事やショッピングなどを3〜4日位に分けて楽しんだ。

ロイヤル・ハワイアン・センターの行きかた。
ワイキキの中心部
ワイキキ歩きのメインストリートにあたるカラカウア通り沿い。その中でも中心部に位置する。
ロイヤル・ハワイアン・センター周辺は多くのショッピングモールに
レストラン バー ホテルなどがあるので
訪れるというよりこのエリアがメインとなる旅行者が多いと思う。
ショッピングがメインならば1日2日かけて このエリアを楽しむのもいいし
昼間は観光やビーチを楽しみ。夕方にまわるのもいい。
ハワイ6日間(ワイキキ滞在)なら4晩楽しめる。


ワイキキ歩きに訪れたい


トロリーを利用
ワイキキならほとんど徒歩圏内であるがちょっと離れたホテルに滞在している場合
便利なのがワイキキトロリー
ワイキキとアラモアナセンターを巡回する。
ピンクライン(アラモアナショッピングコース)が便利だ!
ロイヤル・ハワイアン・センターという停留所がある。
ちなみに
旅行会社専用のトロリーもあり
フリープランを利用する場合はフリーパスをもらえることが多い。

詳しくは下をクリック

ワイキキトロリーを利用しよう!


 
便利なワイキキトロリー
(ピンクライン)



 





オアフ島「ホノルル」でショッピングに戻る。




トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。