ハワイ旅行より

リッチな旅とチープな旅の違い

人気観光地だけに多くの航空券やツアー(フリープラン)
が紹介されている。旅行代金の幅も広く、それこそ3万円台
の驚くべき格安プランもあれば、50万円も60万円もするような
高いプランもある。それらの違いを自分なりに思ったことや聞いたことを
まとめてみました。いろいろ調べてお得で楽しい旅をしよう!



同じハワイ旅行でも値段に大きな幅がある!?











トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法




最初に
フリープランと航空券の価格が表示されることが多い。
ハワイ旅行の場合、よく紹介されるのがフリープランと航空券(格安航空券や正規割引航空券)である。
一般的にフリープランとは往復航空券とワイキキなど現地ホテルの宿泊セットとなったプランで
空港〜ホテルの送迎サービスが付くことも多い。さらに現地のホテルから出発するオプショナルツアー
に参加することでパックツアーに近い形をとることもできれば、自由に街をまわったり、レンタカーや
路線バスを使うなど個人旅行に近い形をとることができる。2人以上で短期間のハワイ旅行ならば
フリープランがお得であることが多く人気が高い。
また、航空券だけ手配して別にホテルやオプショナルツアーの予約を
する個人旅行もある。ホテルもツアーもインターネットで簡単に手配できるため
今や個人旅行も気軽になりつつある。
15万円以下でハワイ旅行を楽しめることも!?
安いシーズンの格安ツアー(フリープラン)なら3万円台もあり燃料サーチャージを加えても
6〜7万円程度である。5〜6日位の滞在ならば15万円以下でハワイ旅行を楽しむことも可能ではないか?


格安でハワイを楽しめることも!




高いプランと安いプランの違いについて1
高いプラン(フリープランや格安航空券)と安いプランの違いについて
思ったことを大雑把にまとめてみました。


高くても安くてもあまり変わらなかったということもある。
3万円と30万円の違いがあれば、泊まるホテルやサービス内容の違いも大きいと思うが、
1.5倍位の違いならば安いプランでも高いプランでもサービス内容はあまり変わらなかったという話も聞くのだ。
例えばインターネットで格安旅行会社のツアーに参加した感想を求めていることがある。いろんな意見があるが、
格安旅行会社プランでも高い旅行会社のプランとサービス内容は変わらなかったという話も聞くのだ。
ともなれば、安いプランに参加した方がお得ともいえよう。

売り始めは高い!?
同じ旅行会社で同じようなプランでも料金に違いを設けていることが多い。よく聞くのが旅行商品も電化製品や衣類と
似ていて売り始めというのは高く、そこからドンドン安くなる傾向があるというのだ。ちなみに売り始めは選択の幅が広く
フリープランの場合、最初は航空会社の選択ができたり、多くのホテルの中から好みのところを選ぶことができる。
格安航空券においても〜航空確約とか〜便出発というような選択ができるのだ。そして最後には売れ残った商品を
かき集めるのだろう、バーゲン品といった形で格安に提供するのだ。
ちなみにバーゲン品はホテルや航空会社が未定ということが多く、旅行代金を払った後
航空会社やホテルを教えてもらえることが多い。選択などできるはずはない。
ちなみに
「高いプランはホテルや航空会社を選べる」といっても、高級ホテルや条件のよさそうな
航空会社を選択すればその分、旅行代金は追加されるのが一般的、
バーゲン品の福を期待する人も多いと思うが経験上 一番人気がなさそうな航空会社であったり
ホテルもかなり安い部類のエコノミーホテルであることが多い。
とはいえ、旅行会社が紹介する以上、あまりにひどいホテルに泊まったことはないし
航空会社もエコノミークラスならどれも「似たかよったか」に思えた。

早目に予約したい。
経験上、安いプランや航空券の方が早く売れきれることが多い。
例えば
インターネットで6万円の格安航空券を見つけ電話で確認したが売れ切れで
同じ航空券で12万円のチケットならあるといわれたことがある。(多分正規割引航空券だと思う。)
ここまでいったら、ビジネスクラスの格安航空券とあまり変わらないこともある。
早目の予約をしたい。もしくは思い切ってビジネスクラスにするのも手だ。
注意したいのは
ノーマルチケットなど一部を除くと航空券などキャンセルができなかったり、
できても多額のキャンセル料が請求されることもある。

見えないリスクもある。
「安いプランは安いなり、多少高くても安心を買いたい」という旅行者もいるようだ。
理由とすればサービスや対応が悪いとか長く待たされるという話を聞く。
自分が思うのに「安い商品を扱う」ということは、それだけ経費を抑えていることが多いのだ。
お客さんに対応する人員を減らしているために、旅行相談をしても応じてくれないこともある。(もしくは適当に答える。)
もっと気になるのがトラブルが発生したとき、苦情を申し立てたいが取り合ってくれる可能性は低いであろう。
それによりせっかくのハワイ旅行に嫌な思い出が残ることもあるのだ。
また、空港〜ホテル送迎に時間がかかることもありうる。もし、飛行機が欠航になり後続機に乗るにしても
安いチケットの方が優先順位は低いとも考えられる。
時間的リスクも考えた方がいいと思う。
個人的には
安いプランの場合は時間に余裕があり自己責任での確認(旅行会社はバックアップしてくれない)と思っている。
ガイドブックや旅行雑誌などで下調べをしておきたい。
また、ハネムーンや記念旅行など大事な旅行ならば多少高くても安心を選びたいと思っている。




高いプランと安いプランの違いについて2
値段の違いについて調べたことを、いくつかまとめてみました。
もちろん他にもいろんな違いがあります。


出発シーズンによる違い
これはハワイに限ったことではないがフリープランでも格安航空券でも旅行シーズンともなれば高くなるのだ。
その差は大きく例えば年末やGWの初め、夏休みのシーズンなどグン値段があがり、オフシーズンと比べ
1.5〜2倍位の違いがでることがあるのだ。また、土日や祝日出発到着による追加料金もあることが多い。
コツとすればちょっと日にちをずらせば旅行代金が大きく下がることもある。

ホテルの違い
リゾート地ハワイ、滞在するホテルによっても旅行代金は大きく異なることが多い。
多くの人が想像するハワイのホテル、高級感あふれるロビーにレストラン、ビーチバー、広くてゆったりとした部屋
ラナイ「ベランダ」からは青く輝くビーチが広がる。しかし、それは高い部類に値する。
そういった条件を満たすホテルなら高級ホテルのオーシャンビュー、1泊数百ドルはするだろう。
ちなみに格安ツアーで紹介されるホテルは内側に入ったクヒオ通り周辺ホテルの下層階など
ラナイ(ベランダ)があっても眺めはよくなく、中にはラナイから望むのが隣の建物ということもある。
日本に例えればビジネスホテルのような感覚、しかし、値段は安くツインルームで1泊数十ドルのホテルもあり
そういった違いのホテルで3泊4泊と滞在すれば旅行代金が倍くらい異なることもあろう。
ちなみに
ホテルは泊まるだけで街歩きをしたりショッピングやグルメを楽しみたいなら
エコノミータイプのホテルでもいいと思う。エコノミーとはいえ部屋も広めでゆったり
ハワイの生活感も感じて逆にいい思い出になるかもしれない。
リゾートホテルに滞在したいけど安くしたいならワイキキの中心部からちょっと離れたところもいいと思う。
例えばパシフィックビーチとかマリオットのバーチャルオーシャンビューの高層階からの眺めはいいし
このあたりのホテルでツインルーム1泊100ドル台も見たことがある。
そういったホテルに滞在するプランなら比較的安いこともあった。
詳しくはワイキキのホテルを参考にしてください。


バーチャルオーシャンビューでも条件がいいことがあった!


オアフ島(ワイキキ)だけの滞在か?

ハワイ5日間とか6日間と書かれた格安ツアーのほとんどがオアフ島(ワイキキ)滞在である。
ワイキキとその周辺はハワイの中心的エリアでここだけでハワイを満喫できるといっても過言ではないだろう。
しかし、ハワイといっても広く、例えばハワイ島へ行けばキラウエア火口や標高4,000m級のマウナケア山など
大自然も多いのだ。ワイキキ2泊+ハワイ島2泊といったプランもあるが料金は高く
ワイキキ滞在と比べて倍以上異なることもあった。そうなるとレンタカーや航空券など自分で手配する
個人旅行の方がいいとも思えるが、それは旅慣れた人向きであろう。
物足りないかもしれないが、ワイキキから日帰りでまわるハワイ島ツアーなどもあり
ワイキキに滞在し、そういったツアーとセットした方がいくらか安いこともあった。
ただ、個人的にはせっかくだからハワイ島にも泊まって満喫したいものと思う。


ハワイ島、キラウエア火口にて









トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン


(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2013年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。