ハワイ旅行のしかた


多くの人があこがれる「ハワイ」しかし、はじめての人なら
何日位かけて行くのか?どのようにまわればいいのか?
そもそもハワイとはどのような島なのか?いろんな疑問があると思う。
楽しみかたは無限大といいたいところだが、このページは一般的な
ハワイ旅行の方法について紹介します。



      
ハワイへ出発!                  街を歩く                 ビーチを楽しむ

       
  食事を楽しむ                 観光を楽しむ                ホテルに泊まる

  思い出いっぱいのハワイ旅行をしよう(^0^)/





トップ
ハワイ旅行の情報

ハワイの滞在日数、宿泊

4泊6日〜6泊8日が一般的
ハワイを満喫できる。
だいたい、どれくらいの日数でハワイ旅行をしているか?
聞いてみると最低4泊6日という話を聞く。
インターネットで検索してもそのようなフリープランの6日間といった形が多い。
フリープランとは往復航空券+ホテルセットで現地自由のプランで
旅行会社によって空港〜ホテルの送迎、
ワイキキのバス乗り放題付 現地係員対応付といったサービスがある。
あと3泊5日というプランもよく見かけるが日本から
ホノルルまでの移動時間で片道6〜9時間程度かかるので
実質的には3日位しかいないことになる。ちょっと慌しいとも聞くのだ。
など、飛行時間が長いことや機内泊や日付変更線を
通ることなどから5泊6日ではなく4泊6日となる。
ただ、一般的な例を挙げたものであり、ハワイ島やマウイ島でも
宿泊するなら8日など滞在期間を伸ばしたいものだ。
初日は眠気をこらえて!
ハワイへ行くには日付変更線を通るわけだから、
夜出発したら その日の朝に到着することになる。
初日はほとんど寝てないから眠いのだ。
そこでよく言われるのは昼間は眠くてもこらえるということ
初日の昼間に寝てしまうと、その後も時差ぼけが続き
旅行中昼間、眠くなってしまうのだ。
かといって無理もできないので私はワイキキや
ダウンタウンを歩いたり、ビーチで日差しを浴びたりした。


参考にプランを一つ紹介します。
参考にプランを一つ紹介します。実際はもっともっと沢山の楽しみかたがあります!

1日目
日本を出発 ダウンタウンとワイキキを楽しむ
夜の便で日本を出発 日付変更線を抜けるのでその日の朝にホノルル国際空港に到着する。
ワイキキのホテルに荷物を預けてバスでダウンタウンへ!イオラニパレスやカメハメハ大王像で記念写真
チャイナタウンにアロハタワーなど歩いてから昼はワイキキビーチを楽しむ夕日に染まるビーチとフラダンスを見て
夜は街歩きとロブスターやシーフードのディナーを楽しむ 時差ぼけも忘れるほど楽しもう!
2日目
オプショナルツアーでオアフ島をまわろう!
オプショナルツアーでオアフ島周遊を楽しもう。「この木なんの木」で有名なモアナルアガーデンに
ドールプランテーション、素朴なノースショアなどを走る!ビーチで海がめに会えるかも!?
3日目
マリンスポーツや体験ツアーなどに参加!
スキューバーやジェットスキー、イルカと泳いだり またセスナ機操縦体験に潜水艇ツアーなど
子供連れならシーライフ・パークハワイを満喫するのもいいかもしれない。
半日位で終わったら、ノースショアにあるポリネシアンカルチャーセンターのショーへ行ったり
ディナーショーを楽しむのもいいかもしれない。
4日目
ダイヤモンドヘッドに登ったりワイキキを歩いたり
朝早く起きてダイヤモンドヘッドへ行ったり、ワイキキのショッピングを楽しんだり!
買物好きで時間があるならワイケレ・プレミアム・アウトレットへ行くのもいい!
ビーチバーなどでゆっくりとしたひとときを過ごすのもいい。
5〜6日目
帰国の途に
午前の便でホノルル国際空港を出発!日本には6日の夕方に到着する。


ワイキキのリゾートホテル、シティーホテル
コンドミニアムに泊まることが多い

いろんな宿泊設備があるが
ハワイといっても広く 宿泊方法もホテルをはじめB&Bや
ユースホステル、ゲストハウス、キャンプなどいろいろある。
しかし、一般的な観光旅行でよく泊まる宿泊設備を大きく分けると
ワイキキの「リゾートホテル」「コンドミニアム」「シティーホテル」であろう。
とはいえ明白な区別は付けられず、
自分なりに分けてみた。
ゆったりしたホテルライフを楽しみたいなら目の前がビーチのリゾートホテルがいい。
ハネムーンやカップル、フルムーンやハワイを
贅沢に過ごしたいファミリーやグループなどに人気
デックスクラスに位置することが多いが場所を選ばなければ
エコノミーやスタンダードに位置することもある。
ホテルは泊まるだけグルメやショッピングが中心
というならシティーホテルが便利
日本でいうサンルートとか東横インといったホテルにラナイ(ベランダ)
やプールが付いているといった感じか?
内陸部に位置することが多いが交通の便がよく部屋は快適で
こういったホテルなら驚くほどの格安ツアーもある。
もう一つはキチネット付ホテルとかコンドミニアムといったところ
調理ができるので現地のスーパーマーケットで買物をして調理ができる。
見ているとファミリー旅行に人気があるようだった。
コンドミニアムといってもエコノミー〜高級までいろいろあるが、
私の感覚では内陸部にあるエコノミータイプが多いと思った。
買物に便利でスーパーに近い方がいいと思う。
なお、値段はエコノミータイプにプラスαといった感じだが
お得なコンドミニアムもあり
なお、ハワイはリゾート地なのでワイキキなど1箇所のホテルに滞在し、
そこからオプショナルツアーなどに参加する形が一般的で
あちこち転々とする周遊旅行をする人は少ない。
(ただ、オアフ島(ワイキキ)2泊+ハワイ島(カイルア コナ)のリゾートホテル2泊といったプランはある。)

        
       ゆったりしたホテルライフを過ごしたい   キチネット付ホテルで自分で料理をすることもできる。

ハワイの観光、食事、街歩きなど

観光やマリンスポーツ いろんな体験など
オプショナルツアーが便利で楽しい!
まずハワイの楽しみかたは数え切れないほどあるが、その楽しみかたについて紹介
一番便利なのはフリープランでハワイに訪れ
オプショナルツアーに参加することではないか?
ワイキキの主なホテルから数多くのツアーが出ていて、
インターネットでも簡単に予約できるし日本語対応も多い。
オプショナルツアーの多くは日帰りツアーでそのいくつかを紹介すると
オアフ島周遊観光、ハワイ島やマウイ島の観光 夜景を楽しんだり
ハナウマ湾など郊外のきれいな海に訪れたり
パールハーバー(アリゾナ記念館)やポリネシアンカルチャーセンターに訪れたり
また、スキューバーダイビングなどのマリンスポーツやイルカと遊んだり
セスナ機体験飛行、実弾射撃、釣り、クルージング・・・
その中で自分の興味があるものに参加するのだ!
ツアーだと安心だ!

     
ドールプランテーション             アリゾナ記念館
ハワイには数多くの観光スポットがある。

レンタカー、公共交通機関
運転に自身があり、ハワイのレンタカーや交通について
下調べをする旅行者なら、レンタカー利用もいい。
オアフ島はバス路線が発達しているが、
やっぱりレンタカーが便利 自分の好きなところへ行ける。
オプショナルツアーと並んでインターネットで簡単にレンタカーの手配ができる。
個人でまわりたいが運転に自身がない場合
路線バスを利用するのもいい。
オアフ島の場合、バス路線が発達しているし
市バス(ザ・バス)は1回2.5ドルで乗車可能だから
もっとも安く島を周遊できる。ただし 待ち時間もかかるし
時間もかかるので効率が悪くなる。それに 地方へ行ったら帰りの
心配も必要、ワイキキのようにホテルはないのだ。
路線にもよるが全体的に利用する日本人旅行者は少なかった。
ちょっとした距離ならワイキキにトロリーバスも走っていて
日本人旅行者に人気があるよう。フリープランに参加すると
トロリー乗り放題のパスをもらえることも多いし売ってもいる。

     
    ドライブは気持ちがいい!        オアフ島はバス路線も整っている。
個人でハワイを周遊するのもいい!

食事 買物
ワイキキで食事に困ることはないだろう
多くの旅行者が集まるワイキキ 食事もファーストフードや
フードコートから高級レストランまでさまざま
レストランによっては日本語メニューも
置かれていることもあるので、安心感がある。
安いところならファーストフードやフードコートで5〜10$程度で食事ができる。
それにファーストフードでもタコベルやロコモコなど
ハワイらしい(アメリカらしい)食事もできるし
日本食に中華料理 その他多国籍料理がある。
ショッピングのついでとなればフードコートが多いかもしれない。
他にもレストランやバーも多く、ビーチを眺めながら
食事やトロピカルドリンクを楽しむことができる。
値段もドリンクを付けて30$〜といったところか?
また、ディナークルーズや豪華な食事のオプショナルツアーもあり!
せっかくだからいろんな食事を楽しみたい!

     
ビーチを眺めながらの食事もいい        タコベルでタコスのランチ
ワイキキでいろんな食事を楽しめた。

ショッピング天国「ワイキキ」
日常品からブランド品まで
ショッピングを楽しみに
ハワイ旅行をする人もいる。
ワイキキだけでも数多くのショッピング街があり、
それぞれ個性的な店が並ぶ。
品物も屋台で売られる1$前後の小物から
高級ブランド品までさまざまだ!
必然的に興味をもってしまった。また、ちょっと離れた
アラモアナショッピングセンターにも行きたい。
トロリーで簡単にいけるし、土産物以外にも日常品など売られていて、
アメリカの生活を身近に感じるようだった。
また、ワイキキからバスで1〜2時間位で行ける
「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」は若い女性を中心に賑わっていた。

        
  多くのショッピングセンターが集まるワイキキ    ワイケレ・プレミアム・アウトレットは魅力的
ハワイは買物も楽しい!









トップ
ハワイ旅行の情報

スマートフォン





(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。