ハワイ旅行より

食事について

おいしい食事をすることは旅の良し悪しを決める
重要な要素だ!ハワイはワイキキをはじめ食事のバライティー
も富んでいる。フードコートやファーストフードから高級感
あるレストランまで食事をするところのバライティーも豊富
いろんな食にチャレンジしてみよう!(^0^)/



                  







 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷





       
     フードコートでランチ        ステーキとシーフードのディナー        自分で料理をするのもいい

 


ワイキキではいろんな食事を楽しめる。
ハワイ全土で見てもいろんな食事を楽しめるが、あらゆるグルメを堪能したいなら
ワイキキではないだろうか?ハワイアンフードにアメリカン、アジアン料理
寿司やラーメン屋 赤チョウチンにそば、うどん・・・ いろんな日本料理
他にも世界各国料理など書ききれないほどの種類がある。


クーポン雑誌をもらおう!
ハワイ旅行中 「ステーキを食べたい」とか「ロブスターがいい!」
「やっぱりロコモコ」などと計画をたてて、旅行雑誌などで下調べを
している人も多いだろう。しかし、ハワイへ行ってみると迷うものだ!
空港やカラカウア通り ホテルのフロントなどあちこちに日本語の雑誌
が置かれている。是非もらって行きたい。とにかくレストランの情報は豊富で
「ステーキを食べたい!」と思ったら自分好みのレストランを雑誌でチェックできる。
ワイキキには数多くのレストランがあるものの適当に歩いて
自分好みの店を見つけるのはちょっと大変でよく分からないで
入ったら中華料理の店だったということもある。
さらに、雑誌持参の人は10%OFFなどというクーポンも付いているのだ。
それにフードコートやファーストフードならともかくレストランになると
いくら位かかるか気になってしまうこともある。


お得な情報満載 クーポン雑誌をもらおう!

ワイキキ以外の食事

どこでもと言っては大げさだが レンタカーでドライブをしていると
マクドナルドやバーガーキング タコベルといったファーストフード店
は結構見かけた。あとはガソリンスタンドと併設して
コンビニエンスストアーもあるのでお菓子やジュースなど
買って食べるのもよかった。
オアフ島の場合 北部のノースショアにはドライブインのようなところに
名物 エビ料理の店も多く 旅行者で賑わっていた。
地方の都市にもショッピングセンターがあることも多く中にフードコート
があることも多いし、街中にレストランもあることも多い。
カイルア・コナやカアナパリリゾートといった、リゾートホテルが建つ
エリアにはビーチバーも多い。マウイ島のハレアカラ国立公園や
ハワイ島の郊外などなかなか食事にありつけないエリアもあるので
そのときは事前の食料を買っておいたほうがいいだろう。
ただ、あちこちドライブをした経験から「この地の名物料理がいい」とか
こだわりがなければ食事に困ったことはない。


ハワイ島 パーカーランチにあるショッピングセンター(フードコートもあり!)

チップについて

ハワイはアメリカなのでチップは必要 しかし、チップに関する知識は低い
日本人旅行者も多いようだ。ワイキキのレストランでは前もって10%の
サービス料が含まれていてチップを必要としないレストランもあった。
請求書を見たら「Service charge 10%」と書いてあったのだ。分からなければ
店員に「イズ ザ サービスチャージ インクルーヂィッド?」とでも聞けば YES
とでも答えてくれよう。他にも 請求書と一緒に日本語で書かれたチップの
換算表を渡されることもあった。
しかし、ワイキキ以外のレストランではチップは必要と思った方がいい。
ではチップについてまとめる
チップはウェイター ウェイトレスのいるレストランで必要となり
ファーストフードやフードコートなどセルフサービスの店では必要としない。
チップは料金の15%程度でありテーブルを汚したなど特別なサービスを受けたら
さらに追加する。なお、絶対 ¢コインでの支払いはしてはいけない。
返って「ひんしゅく」をかうことになるであろう。屈辱を意味するのだ。
なお、請求書にTIPと書かれているのでペンで金額を書き込む クレジットカード払いも同様
例えば 19ドルの請求に対し3ドルなどだ。
アルコールについて
アルコールについては少々厳しく どこでもとれるわけではない。
まず、フードコートや屋台ではアルコールを提供されないし 外で(ビーチを含む公共の場)
お酒の飲み歩きもできない 違法となる。アルコールをとるなら、レストラン&バー(バー)
もしくは ホテルの部屋となろう。21歳未満は飲酒 アルコールの購入も不可
年をいっていてもパスポートの提示を求められることがある。
当たり前 だが飲酒運転は絶対だめ 日本より罪が重い。車内からビールが
でてきただけで捕まったり同乗者が飲んでいても捕まることもある。
とにかくアルコールには厳しいと思った方がいい。
ある程度の計画を
安く気軽に食べられる場所といえばフードコート ファーストフードだが
よく分からないとそこばかりになってします。夕食はレストランでステーキを
というようにいくらかの計画をたてたい。また、ハワイ料理の店は意外に少ない。
ハワイ旅行のガイドブックやクーポン雑誌などで下調べをしておこう。

どこで食事をするか?
ハワイでの食事をする場所についていくつかピックアップしました。

レストラン
街中にあるレストラン ステーキやロブスターなどを楽しめる。
ゆっくりとディナーを楽しんだりするのにいい。
メニューにもよるがビールを入れて30ドル程度だった。

詳しくは下をクリック

レストランを楽しむ


バー
レストラン・バーとなっていることが多い。アメリカ風の飲み屋である。
カクテルやビールなど気軽に楽しめる 小さい瓶ビールで6ドル位
店だと2ドル弱で買えるから高いかもしれないがカジュアルな雰囲気はよかった。
飲酒を楽しむなら絶対行きたい!

詳しくは下をクリック

バーを楽しむ





バーでビールを飲む!

ビーチバーやビーチのレストラン

ワイキキビーチやマウイ島のカアナパリ リゾートエリアなどリゾートホテルが建つエリア
に多いビーチバー ビーチレストラン ビーチ沿いテラスでゆっくり食事を楽しむのはいい。
レストランよりちょっと高い位だが20ドル弱でランチを楽しんだ。


ハワイならビーチレストランがいい。
(マウイ島 カアナパリリゾートにて)

フードコート

ショッピングセンター内にフードコートがあることが多い。雰囲気は日本のスーパーマーケット
にあるフードコートと同じだが、フードコートによっては広大なエリアに数多くの
店が並んでいることもある。ファーストフードにBBQやパスタ、ステーキの他 ラーメンやそば
カレー 丼の店など種類も豊富だ。気軽に利用できる。5〜10ドル程度で食事をできるのもいい。

詳しくは下をクリック

フードコートで食事



気軽に楽しめるフードコート

ファーストフード

街中ではフードコートの中に入っていることもあるがマクドナルドやバーガーキング
そしてメキシカンのタコスなど多くのファーストフード店もありドライブ中の食事や休憩によかった。
フードコート同様10ドルもしないで食事ができる。

詳しくは下をクリック

ファーストフードを楽しむ



ファーストフードでタコスを楽しむ!
日本では珍しいかも?

喫茶(カフェ)

喫茶店というかスターバックスやファーストフード風が多く
全体的にはインスタントであるが
リゾートエリアで名物のコナコーヒーを楽しむところもあり!
コーヒーで2〜3ドル程度か?


詳しくは下をクリック

カフェを楽しむ



コーヒーで休憩

ドライブインや郊外のローカルフードで食事を楽しむ!

ハワイ全体でみればファーストフードやコンビニエンスストアーが多いが
そこの名物を食べるドライブインや 個性的な食事をとれる店も見かける。
そういったところに立ち寄るのも旅のいい思い出になるのだ!

詳しくは下をクリック

ドライブインや郊外のローカルフード


ドライブインで食事
(オアフ島北部 ノースショアにて)

自分で料理する

キチネット付のホテルやコンドミニアムも多く
スーパーマーケットで食材を買い求めて自分で料理を楽しむ旅行者も多いのだ。


 





トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。