ハワイ旅行より オアフ島の観光スポット

タンタラスの丘

夜景といえば「ココ!」とも言えよう
多くのホテルが並ぶワイキキの北側の丘
コオラウ山脈の山裾にある展望公園
「タンタラスの丘」として紹介されており
オプショナルツアーも多く出ているのだ!








 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






タンタラスの丘から眺めるホノルルの夜景


タンタラスの丘の場所
ワイキキから見て北側の丘の上
ワイキキの南側はエメラルドグリーンに輝く海
そして北側が山となっている。その山裾に位置する。
ワイキキの中心部から車で20分位で着いた。


タンタラスの丘の場所


そういえばワイキキの北側は山であった。
(アラワイ運河からの撮影)



タンタラスの丘について
とにかく夜景が素晴らしい
ワイキキから出発して1時間位で楽しめる観光スポット
現地発(ワイキキ発)のオプショナルツアーでも多く紹介されている。
そのツアーのほとんどが夜景 まわりは森でその向こうに輝く
ホノルルの夜景は感動そのものである。
是非 訪れてみたい観光スポットの一つ
夜景は道路沿いから眺める
ちなみに、この丘の上はプウ・ウアラカア州立公園
という展望公園である。ただ夜間が門が閉まってしまい。
夜景を楽しむ場合は道路沿いの駐車場に車を停めて
見物となる。ツアーの場合も同様 
道の途中なのでここが目的地?と思うかもしれない。
スリなど注意
夜間でも多くの人で賑やかだった。しかしまわりは真っ暗
なのでスリなど注意したいと思った。
昼間も魅力的!?
話によれば昼間の丘も魅力的とか
公園の中にも入れるし、昼間だって
ワイキキの眺めを楽しめる。
また、サンセットも魅力と聞いた。
ただ、昼間、タンタラスに訪れるツアーは
ほとんど見かけなかった。


道路沿いから夜景を楽しむ
(夜暗いのでスリなど注意したと思った。 みんな夜景に夢中になっているし)



タンタラスの丘へ行くには?
一番のおすすめはオプショナルツアーである。
1時間位のツアーが多いし、ディナーなどとセットツアーもある
他にもレンタカーやタクシーという方法もあり


オプショナルツアーに参加
追加料金不要で参加も
最もおすすめなのがオプショナルツアーに参加することだ。
人気あるツアーらしくよく紹介されているし、自分が参加したツアーでは
13人乗りの車を5台以上に分乗した位であった。
夜景だけを楽しむツアーならばワイキキ中心部を
20:00〜20:30頃出発 1時間〜1時間30分ほど
ツアー料金も10〜20ドル位であった。
ワイキキにあるホテルでの滞在中気軽に参加することができる。
また、フリープラン参加者なら追加料金不要でタンタラスの夜景ツアー
に参加できることもあるので確認しよう!

ディナーとセットなど
例えばレストラン&夜景ツアーなど ディナーと夜景がセットに
なったツアーもあるし、スイーツなどがセットになったツアーもあった。
例えば
サンセットを眺めながらコース料理の食事
食後はホノルルの美しい夜景を眺めるといったツアーがある。

夜景の写真とセット
夜景の写真を撮りたい!夜景をバックに記念写真!
と思う人も多いと思う。コンパクトカメラでも夜景モード
があるが、三脚がなければ綺麗に撮れないことが多いし
そもそもカメラのことが分からなければ どのようにすれば
夜景モードになるか?
写真撮影がセットになったツアーもあり

他にもショッピングとセットにプライベートツアーなどさまざまである。


詳しくは下をクリック

格安オプショナルツアーに参加しよう



タンタラスの丘ならオプショナルツアーが便利!


車(レンタカー)
あまりすすめてはいない
ワイキキから車で20分ほど その土地に慣れている人なら
車でも簡単に行くことができよう。しかし、多くの旅行者が集まる
ワイキキエリアから離れ住宅地を走り、その次は真っ暗でグネグネした
道を登るのだ。道路マップを開いても、分かりにくい場所にある。
さらに、自分が訪れた時、道路沿いの夜景スポットは多くの車で混雑していた。
個人的には土地に不慣れな旅行者にあまりおすすめできない。
ただ、昼間はツアーが少ないことと、慎重に行けば
レンタカーでもなんとかなるのでは?とも聞いた。
公園に無料駐車場があるとのこと

タクシー
好きな時間に行けるのがタクシーの魅力
ただ、タクシーの運転手に待ってもらうなど帰りのことも
心配したい。少なくても夜のタンタラスの夜景で
客待ちタクシーをみることはなかった。
なお、オプショナルツアーでも
バンなどのチャーターといったプランがあり
その方が安心に思えた。

タンタラスの丘に訪れて
タンタラスの丘 夜景ツアーに参加」しました。

20:40頃シェラトンワイキキ出発
ワイキキの中心部ともいえる、シェラトンワイキキに
各旅行会社のオプショナルツアー出発口があり
そこに20:30集合とのこと、人気があるツアーらしく
何台ものバンに分乗することになった。
係員による名前のチェック
自分は6台目のバンに乗る。20:40頃出発だ!
10人以上乗るのだから、ちょっときつい感じ
でも短時間なので気になることもない。


何台か分乗して出発!


アラワイ運河を抜けて夜の住宅地を走る

賑やかなワイキキを抜けて、アパートや一戸建が目立つ
住宅街に入る。一般の旅行者が訪れないようなエリアだけに
なんとなく新鮮さを感じた。


夜 ワイキキを過ぎてタンタラスの丘へと向かう


山に入る

21:00頃から車は坂を登りはじめ、夜景も見えてくる。
坂の上にも住宅があるのだ。しばらくすると
まわりは森となり すばらしい夜景が見えてくる。
すぐにビュースポットに到着

素晴らしい夜景に感動!
夜間、公園の中には入れないため道路沿いの駐車場に
車を停める。旅行者の他、地元風の人も含め
多くの人で賑わっていた。
風景や写真撮影に夢中になっている人が多い


素晴らしい夜景に感動!

帰路につく

20分位で出発!21:40頃にはシェラトンワイキキに到着
解散後 ワイキキの繁華街カラカウア通りへ!
まだまだ街は明るく賑やかだ!


カラカウア通りはまだ明るい


 





オアフ島の観光スポットに戻る


トップ
ハワイ旅行の情報

スマートフォン



(注意)
2015年8月の旅行経験に基づき2015年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。