ハワイ旅行の交通機関

タクシーを利用する

どこでも行けるし、やっぱり便利なタクシー
もちろんワイキキなどハワイにも多くのタクシーを
見かけることができた。早朝や深夜の移動の他
荷物が多いときなど嬉しい存在でホテルやレストランでも
呼んでもらえることが多い。
経験からハワイのタクシーについて紹介します。




ホテル前でタクシーが待機している。







トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法




タクシーの利用方法
基本的には日本と同じだが
乗車をして行き先をつげる。メーターを倒して出発
目的地に着いたら運賃を払う。しかし、言葉が通じない
チップなど細かいことを言えば日本との違いは大きいもの
その違いを中心にタクシーの利用方法をまとめました。



タクシーを呼ぶ
ホテルやレストランで呼んでもらったり、専用電話を使ったり
まずはタクシーを呼ぶホテルやレストランの係員に「タクシー ぷりーず」
とでもいえばすぐに呼んでくれる。また、ホテルやショッピングセンター
空港などでは客待ちのタクシーが待機していたり、TAXIと書かれた専用電話
があったりする。また、ホノルルでは日本語予約サービスを受け付ける
タクシー会社もあるとか?
なお、タクシーを呼んでもらったらチップを払おう!チップの金額
以前は1ドルといわれていたが、今は2ドルはほしいとのこと
また、¢硬貨や小銭で支払ってはだめ失礼にあたる。$紙幣で払おう。
流れのタクシー
基本的に「流しのタクシーを拾うのは難しい」というができないわけではないらしく
ワイキキあたりで拾えたことがある。ただ、街中だと他の車両の迷惑になるし
好ましいとは思えないし常識的ではない
それに実際はなかなか停まってくれない。
予約をしたり ちゃんとしたブースから乗車した方がいい。
白タクに注意
確かハワイのタクシーは許認可制であるので心配ないとも聞くが
よく分からないタクシーに乗って法外な料金を請求されたという話も聞いたことがある。
信頼できるタクシーを利用しよう。ハワイには多くのタクシー会社があるが
ガイドブックを開くと「THE CAB」など主なタクシー会社名が紹介されていることもあるので
それを利用するという方法もあるし
ホテルやレストランで呼んでもらった方が安心とも思える。


フロントでタクシーを呼んでくれる
(チップを忘れずに!)



  乗車する
扉を手動が一般的
日本のタクシーの扉は自動であるが、世界的にみれば珍しいほうで
基本的には手動ドアだと思った方がいい。タクシー内にはメーターと顔写真入りの
乗務員証があるはず、もちろん乗車時にメーターを倒してもらう。
タクシーの様子
屋根の上にオレンジ色で「TAXI」と書かれているので見れば分かると思う。
ただ、日本のタクシーは全体的に高級感を感じるのに対し
ハワイのタクシーはいたって普通の乗用車といった感が強く
ドライバーもカジュアルな服装なので、普通の車に乗っている感じがする。
もっとも、世界的に見れば カジュアルな感じのタクシーが多いが
行き先をつげる
(日本語通じない)

タクシーに乗ったら行き先をつげる。日本と同じだが、ほとんどの場合
日本語は通じない。紙に行き先を書いたり、ガイドブックを見せたりしよう。
空港とか主なホテルやショッピングモールに有名観光地ならだいたい理解してくれる
ただ、あまり利用することのない宿など少々マニアックとなると
ドライバーも理解できないことがある。その時は地図があると便利
他にも
例えば ホノルル国際空港といっても広く 利用する航空会社によって
ターミナルが異なることもあった。
例えば
ハワイアン航空でネイバーアイランドへ行く場合と
デルタ航空で日本へ帰国するとき別のターミナルだった。
どこのターミナルを利用してどこへ行くのかも
分かるように地図やらチケットを見せて説明できるようにしたい。
ハワイ旅行のガイドブックにも空港図が載っていることがある。
あとは時間に余裕はほしい。


タクシー車内の様子
(日本同様 料金メーターと乗務員証が付いていた。)



  出発!
タクシーメーター
いよいよ出発 タクシーは目的地へと向かう。
ドライバーによりきりだが、陽気で楽しいドライバーであり
旅を盛り上げてくれることもあった。
そうそう、ちゃんと メーターを倒したことを確認しよう!


風景を楽しむ


  目的地に到着する 支払い
チップを忘れずに
目的地に到着するとメーター表示の運賃を払う
荷物が多いときなど追加料金がかかることもあるという。
あと それに足してチップ 運賃の15%が相場だが
¢硬貨での支払いは失礼にあたるので、$札単位で
自分の場合 38.3ドルだったら45ドル払った。
先にも述べたがホノルル空港など広いので利用する
航空会社によってターミナルが異なっていることがあったので注意。


ホノルル空港は広く ターミナルが異なることもあった。


  運賃の目安
バスやトロリーと比べると高いが・・・
島によっても異なるがまずは初乗りが2.5〜3ドル程度 距離が1/8マイル
あとは1マイルごとに2.5ドル程度加算されたと思う。
それに15%程度のチップを加える。
では実際はどれくらいかといえば
ホノルル国際空港からワイキキのホテルまでが30〜40ドル弱程度
チップを含めて33〜45ドル程度といったところか?
ワイキキ内の移動でチップを含めて8ドル程度
荷物が多いときなど追加料金がかかることがあるというが
自分の場合は中型スーツケースを乗せてもかからなかった。
1回2.5ドルのザ・バス 2ドルのトロリー
ホノルル国際空港からワイキキまで9ドル(往復15ドル)のシャトルバス
と比べると高いが人数が集まればそうでもないような気がする。
それにスムーズに自分の好きなところへ行けるのはうれしいもの


メーターに料金が表示される。


  その他 タクシーについて
便利な利用方法や注意点など

チャーターしてまわる?
日本でも観光タクシーといってある時間帯をチャーターしてまわるという方法がある。
ハワイでもガイド付きリムジンチャーターというのがあり
自分だけのハワイ旅行を楽しむことができるのだ。
オプショナルツアーでもガイド付きチャーターツアーというのを
企画しているし、インターネットで簡単に予約ができる。

詳しくは下をクリック

格安オプショナルツアーに参加しよう!


リムジンをチャーターするのもいい!?


  シャトルバス?
乗り合い?
タクシーというよりシャトルバスとなるが、マウイ島の場合
カフルイ空港から路線バスが出ておらずレンタカーかタクシー ツアー
となるが、便利なのがカアナパリ・リゾートなどへのシャトルバスが出ていることだ。
人数が集まれば割安になるという。


マウイ島の様子


  注意点
運賃のトラブル
チップ お釣り
全部がチップだと思われてお釣りを返さないことがあった。
片言英語でもその旨をつたえよう!

郊外でタクシーを呼ぶ
ホノルル国際空港とかワイキキなど街中の移動ならタクシーを呼んで
もらうことも簡単だろう。しかし、行き先によっては少々厄介なこともある。
例えば
ワイキキからハナウマ湾へ行く場合、行きはホテルでタクシーを呼んでもらう
方法があるが帰りはタクシーがないことも多く。
多くの旅行者はツアー観光バスやリムジンチャーター もしくはレンタカー
利用となっている。まわりはタクシーを呼んでくれそうなところもないし
困ることがあるのだ。またこういう所に危険なタクシーが来ることも考えられる。
個人的には チャーターツアーを利用するなり
ザ・バスを利用した方がいいと思った。
(ちなみにザ・バスも本数は少ない上に日にちや時間帯によっては混雑して乗れないこともある。)

遠まわり!?
タクシードライバーに任せるもいいが、目的地までのルートなど
一応把握しておいた方がいい。ハワイのタクシーに限ったことではないが
まれに遠まわりされた という話を聞いたことがある。

乗務員証などを確認している
タクシーとは密室で怖いと思うこともあり
どこの国へ行ってもそうだがタクシーは走る密室である。
乗務員が悪い人でなくても不安になることがあるのだ。
自分の場合
このときはメーターの隣にある乗務員証を確認してしまう癖がある。










移動方法 交通機関についてに戻る


トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。