ハワイ旅行より オアフ島の観光スポット

ホノルル・ダウンタウン

ハワイの州都ともいうべき街だ!
オフィスビルや州政府の建物が並び街中には王朝時代
を想わすイオラニ・パレスや下町色の濃いチャイナタウン
そして、かつてのハワイ玄関口 ホノルル港とアロハタワー
また、違ったハワイを満喫させてくれた。








 ツイート




くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷





イオラニパレス
王朝時代の宮殿「イオラニパレス」



ホノルル・ダウンタウンの場所
(ワイキキから近い)





ホノルル・ダウンタウンの特徴
ハワイの州都
ハワイといえばエメラルドグリーンに輝く美しい海とリゾートホテルが並ぶ
ワイキキを想像する人が多いだろう。
観光 買物 グルメにも便利なワイキキを拠点にハワイ旅行を楽しむ人が多い。
しかし、本来のハワイ中心部はワイキキから西側へ5kmほど行ったホノルル・ダウンタウンである。
ビジネスや行政色が濃く 州政府のビルやオフィスビルが並ぶが
街中にはオールドハワイを想わす街や
王朝時代の宮殿「イオラニパレス」を見ることができるのだ。
ワイキキからのアクセスもいいので是非とも訪れ一味違ったハワイ旅行を楽しみたい。


ホノルル・ダウンタウン
オフィスビルや州政府ビルなどが多い




ホノルル・ダウンタウンの滞在時間
2〜3時間ほど?
個人差によるが
イオラニパレス(外観を見るだけ)とその周辺
アロハタワーマーケットプレイス
チャイナタウンをまわって食事をして
2時間位だった。
イオラニパレスの周辺とチャイナタウンをちょっとまわるだけなら
1時間〜1時間30分位でもいいと思う。
逆に
イオラニパレスのガイドツアーなどに参加すればそれだけで1時間30分はかかる(要予約)



街を歩く




ホノルル・ダウンタウンの場所と行きかた
個人でも気軽に行くことができる
ワイキキとホノルル国際空港の間に位置する街
上の地図を見て分かる通りワイキキとホノルル国際空港の間に位置する。
ちょうどワイキキから5kmほど離れたところだ。
行きかたとしては
トロリー ザ・バス(シティーバス) オプショナルツアー

タクシーやレンタカーなどがあろう。
駐車場は沢山見かけたがほとんど有料であった。
あと
空港からエアポートシャトルやタクシーでワイキキへ向かうと
ハイウェイを通るので素通りしてしまう。

トロリーで訪れる
ワイキキの街を歩くとレトロなバスが多く走る トロリーだ。
ワイキキのDFSギャラリアから30〜45分ほどで
ダウンタウンの
イオラニパレス アロハタワー マーケットプレイス チャイナタウンへ行ける。
また
トロリーは大きく分けて
旅行会社が出す専用トロリー

ワイキキトロリー
の2種類に分かれる。
旅行会社が出す専用トロリー
JTBのOLIOLIトロリーとかHISのLeaLeaトロリーなど
一部の旅行会社は専用のトロリーを出していて
その旅行会社のプラン参加者は滞在中乗り放題のフリーパスがもらえる。
大きな字で旅行会社名が表示されているのですぐに分かるはずだ。
専用のトロリーを扱わない旅行でもワイキキトロリーのフリーパスを
もらえることもあるし、そもそもワイキキトロリーのフリーパスは個人でも手に入る。
また
ダウンタウンまではトロリーを出していない旅行会社もあるかもしれないのでチェックを!
ワイキキトロリー
ワイキキを歩くとよく見るワイキキトロリー
ワイキキとアラモアナセンターをクルクルまわるピンクラインをよく見るが
ホノルル・ダウンタウンへ行くにはレッドラインに乗車する必要がある。
ワイキキから出ている。色別ですぐに分かるはずだ。
注意したいのは
ピンクラインは昼間10分間隔で出ているのに対し
レッドラインは40分間隔と少なめ
また。ピンクラインはフリーパスがなくても
1回2ドルで乗車できたが
レッドラインはフリーパスが必要みたいだ。
ピンク&グリーンラインのパスも不可
3ライン共通

ピンク&レッドラインのパス
のパスが必要となる。

詳しくは下をクリック

観光に便利なワイキキトロリー



トロリーを利用する


ザ・バス(シティーバス)利用
オアフ島の路線バス
トロリーは観光色が強いのに対し路線バスは地元色が濃い。
ワイキキのクヒオ通りから30分位でイオラニパレスに到着
2番19番20番など多数のバスが出ていた。
運賃は1回2.5ドルなので フリーパスを買ってトロリーに乗るより便利
注意したいのは
車内放送は英語のみなので降りる場所を間違えないようにしよう。
自分は窓から外の様子を注意深く見てだいたいこのあたりと思ったら降りた。
あと
ダウンタウン周辺は渋滞に巻き込まれたり車内が混み合うこともあるので
身軽な格好がいい。

詳しくは下をクリック

オアフ島の路線バス「ザ・バス」



オアフ島の路線バス「ザ・バス」


オプショナルツアーに参加
追加料金不要のプラン
ホノルル・ダウンタウンは個人でも気軽に行くことができるので
オプショナルツアーに参加というほどではないが
旅行会社によってはフリープラン参加者に対し追加料金不要で
ホノルル・ダウンタウンなどの観光バスを出すことがある。




ホノルル・ダウンタウンの歩きかた 楽しみかた
イオラニパレス アロハタワーマーケットプレイス チャイナタウン
自分の旅行経験からホノルル・ダウンタウンのポイントは
「イオラニパレス」と「アロハタワーマーケットプレイス」そして「チャイナタウン」
の3エリアに分かれる。
いずれの間も数百メートルしか離れてないので歩いてまわれる。

イオラニパレス
王朝時代の宮殿
ダウンタウン一番の観光スポットといっていいのではないか?
ハワイ王朝時代の宮殿で周辺は公園となっている。
事前に予約が必要だが宮殿内部の見学も可能
1日1回の日本語ツアーもあり 所要時間1時間30分
また、イオラニパレス前 道を挟んだところにはカメハメハ大王像があり
記念撮影のスポット
多くの日本人旅行者を見かけた。


カメハメハ大王像で記念写真を撮りたい!


アロハタワーマーケットプレイス
船旅が主流だった時代のハワイ玄関口 ホノルル港
アロハタワーはそのランドマーク的存在なのだ。
今はショッピングスポットとなっている。
レトロな雰囲気が感じるが 地元色の濃いショッピングエリアだ。



アロハタワーマーケットプレイス


スターオブホノルル号
ホノルル港から出航するディナークルーズ(ランチクルーズ)が有名
太平洋から眺めるサンセットや夜景は感動的とか?
オプショナルツアーでも紹介されている。

詳しくは

格安オプショナルツアーに参加しよう



ホノルル港からクルーズを楽しめる!


チャイナタウン
もっとも下町らしさを感じる街であろう。
古っぽい雰囲気が印象的 また、市場を歩くと
そこはエネルギッシュな中国 新鮮な魚の他
食用カエルなどギョッとするものも
フードコートで中華料理のランチを楽しむのもいい。
ハワイにいることを忘れそう。
日本人旅行者よりも欧米人に人気がありそう!
なお、夕暮れ以降は治安が悪いので注意しよう。



チャイナタウンを歩く


 





オアフ島の観光スポットに戻る


トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。