ハワイ旅行より オアフ島の観光スポット

ワイキキ・ビーチ

ハワイにある代表的なビーチといっていいだろう。
ハワイ王朝時代、王族の保養地でもあった。
今もハワイ旅行を楽しむ人の多くは
ワイキキエリアのホテルに滞在するのでは?
ワイキキ・ビーチの魅力についてまとめてみました。






 ツイート

くらの旅行記

ハワイ旅行

ハワイこうなっている

格安ハワイ旅行

オプショナルツアー

出発前の準備
気候について
旅の持ち物
通貨と両替
物価について
電話をかける
葉書や小包を送る
お土産を探す
トラブルや困ったこと
海外旅行保険

出国帰国
空港での手続き
機内の過ごしかた
ホノルル国際空港に到着
帰国の手続き
ホノルルから日本まで
日本での到着手続き

ハワイに泊まる
ホテル(宿泊)
リゾートホテル
コンドミニアム
シティーホテル
B&B
ホステル
キャンプ

ハワイの食事
食事について
レストランを楽しむ
フードコートで食事
バー
カフェ
ファーストフード
郊外のローカルフード

レンタカー
レンタカーを利用しよう
旅行前に準備
手続きをしてドライブ

オアフ島
オアフ島(ホノルル)とは?
ワイキキを楽しもう!
ワイキキのホテル
オアフ島「ホノルル」の食事

オアフ島ショッピング
ロイヤル・ハワイアン
DFSギャラリアハワイ
ワイキキ・ショッピング・プラザ
アラモアナ・センター
ワード・センターズ
ABCストア
インターナショナル・マーケット
キングスビレッジ
フード・パントリー
ワイキキビーチウォーク
ワイケレ・アウトレット
郊外のコンビニ

オアフ島観光スポット
ワイキキビーチ
アラモアナビーチ
ワイキキの史跡めぐり
出雲大社
ダウンタウン
カパフル通り
タンタラスの丘
モアナルア・ガーデン
ダイヤモンドヘッド
シーライフパーク・ハワイ
ドールプランテーション
カイルア・ビーチパーク
ハナウマ湾
平等院
ハレイワとノースショア
ポリネシアカルチャーセンター
ヌウアヌ・パリ展望台
パールハーバー
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
潜水艦ボーフィン号


ハワイ島
ハワイ島の魅力
ハワイ島の行きかた
ハワイ島内の移動方法

ハワイ島観光スポット
コナ・コーストを楽しもう!
カイルア・コナを歩こう!
フリヘエ宮殿
ホテル・ロイヤル・コナリゾート
コナ・コーヒーベルトへ行こう
サウス・コナをまわる
マナゴホテルで食事
「ヒロの街」を歩こう
ビッグアイランドキャンディーズ
ヒロ ダウンタウン
カフェ100
キラウエア火山
サーストン溶岩トンネル
ホノムとアカカ滝
パーカーランチ
プナルウ黒砂海岸
ワイピオ渓谷展望台
標高4,000m級マウナケア

マウイ島
マウイ島の魅力
マウイ島へ行くには
マウイ島内の交通機関
マウイ島観光スポット
ハレアカラ火山
サトウキビ列車
ラハイナ・タウン
カアナパリ・リゾート
イアオ渓谷






ワイキキ・ビーチ



オアフ島の地図


ワイキキ



ワイキキを西から東へと歩いてみて
シェラトン・ワイキキリゾート〜モアナホテルなど
高級ホテルがズラリと並ぶ
ワイキキビーチの西側はロイヤル・ハワイアンやハレクラニなど
高級ホテルがずらりと並ぶエリアだ。


ビーチ沿いには高級ホテルが並ぶ
(ホテル備え付けのチェアはパラソルもあった)


ホテルのプールとビーチが直結していることも

ホテルの目の前がビーチ!
中には
ホテルのプールとビーチが直結していることもある。
ビーチバーやレストランもあり
ゆったりと過ごすこともできる。


ホテルのプールとビーチが直結していることも


ビーチバーやレストランでゆっくりする。

「ビーチ沿いには高級ホテルがズラリと並ぶ」と書いたが
そのホテルのプライベートビーチではない。(プールは別だが)
つまり
ホテル宿泊者以外は立入禁止ということはなく
宿泊者以外でも
ビーチバーやレストランが利用できることが多い。
朝6時から営業しているモーニングから
夜は0時過ぎまで営業しているバーがあった。

朝〜昼はエメラルドグリーンに輝くビーチを眺めながら
夕方〜夜はサンセットや生演奏、
そして暗闇の中に響く波音を聴きながら
ゆったりと食事や飲酒を楽しむのもいい。
値段は
シェラトン・ワイキキ・ホテルのモーニングバフェで
35ドル程度(それに加えてチップ5ドルほど払った)
モアナ・サーフライダーホテルのビーチバーでは
トロピカルドリンクで10ドル ビールで7ドル
ちょっとした料理で12〜20ドル程度
と記憶している。(チップを除く)
内陸部のレストランやバーと比べると
割高に思えたが
雰囲気は最高によかった。

 
レストランやビーチバーがある

  
ビーチ沿いのレストランやバーで食事を楽しむ



ワイキキ・ビーチ交番〜クヒオ・ビーチ
カジュアルな空気を感じる
モアナ・サーフラーダーホテルを過ぎて東側へ歩くと
カラカウア通りにでる。
つまり、道路沿いのビーチとなるのだ。
ビーチにはバーやレストランは確認できなかったが
道を挟んだ向かい側には
比較的エコノミーなホテルやファーストフード店
コンビニ(ABCストアー)もあり
カジュアルな雰囲気だった。
シートを敷いてサンドイッチやホットドッグなど
食べるのも楽しそう(飲酒はNG)
ある旅行会社に聞いたところ
比較的安くてビーチに近いことから
このあたりのホテルを好むリピーターも多いとか?
なお
クヒオビーチの東側まで行くとだいぶ静かな雰囲気だった。


ワイキキビーチの東側


カラカウア通り沿いのビーチ


デュークカハモナク像をバックに記念写真

高級ホテルが並ぶエリアとカラカウア通り沿いのエリア
の堺あたりにある「デュークカハモナク像」
「サーフィンの神様」と呼ばれ多くの人がバックに写真を撮っていた。
自分が思うのに、
このあたりはワイキキビーチでも賑やかなエリアに感じた。
近くには
ワイキキ交番があり、紛失等があったとき聞いてみるのもいい。
近くにはカジュアルな屋外フードスタンドがあり
シェイブアイス(かき氷)が4.5〜5ドル程度と記憶している。
ワイキキビーチで食べるシェイブアイスは美味しかった!


デュークカハモナク像


カジュアルな雰囲気のフードスタンドを確認した


夕方のフラショーに感動、夜の雰囲気も
デュークカハモナク像のすぐ東側に屋外のフラステージがある。
火、木、土、日の夕方に無料のフラショーが行われるのだ。
サンセットのビーチで眺めるフラは感動的!
ただ、多くの人で混み合うので
早めに場所を確保しておきたい。


フラのショーがはじまる


サンセット


その他ワイキキ・ビーチについて
どれくらいの長さ?
ワイキキビーチを隅から隅まで歩いた場合
距離は約3qと言われるが
この中で賑やかと思われる
シェラトンワイキキからクヒオビーチまで
水着で歩いて20分しない位だった。
1.5q位だったと思う。
試しに歩いて実感してみるのもいい。


ダイヤモンドヘッドからワイキキビーチを眺める


遠浅であった

何か所か泳いでみたが、遠浅であった。
かなり沖まで泳いでも足がつく位
しかし、海は危険なもの
あまり沖に出るのもよくないと思った。


遠浅であった


色とりどりの魚

潜ってみると、
綺麗な魚が泳いでいるのを見かけた。
そういった魚と泳ぐのが楽しかった。

盗難に注意!
日本みたいに海の家はないし、荷物を預かってくれる
場所も見かけなかった。貴重品は置かないなど対策はとりたい。
実際、自分はワイキキビーチでカメラを紛失した。
(盗難や紛失に備えて安いカメラ3台ほど準備していた)

飲酒禁止
ワイキキビーチはパブリックビーチである。
つまり公共の場
公共の場での飲酒や喫煙は禁止されている。
お酒を飲みたいなら、ビーチバーを利用したい。
なお
ハワイのビーチは基本的に
公共の場とのこと

夜のワイキキビーチ
昼間は多くの旅行者で賑やかなワイキキビーチだが
夜遅くなると静かで波の音だけが響いていた。
23時頃ビーチを歩いた経験から
一部のビーチバーは営業しており
大人の世界をかもしだしていた。
日本人旅行者はほとんどみかけず
まれに
地元の若い人が夜のビーチで遊んでいるのを見かけた。
また
砂浜で寝ている人(野宿?)を見かけた。
昼間とは違った風景を楽しめたが
全体的に暗いので
治安はよくないかもしれない。


夜のワイキキ・ビーチ


 





オアフ島の観光スポットに戻る


トップ
ハワイ旅行の情報


スマートフォン



(注意)
2015年8月までの旅行経験から2015年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。