上手に京都を楽しもう

渋滞回避や食事、宿泊、拝観料など
今までの京都旅行経験から
上手に京都をまわる方法についてまとめてみました。


トップ
京都旅行

格安京都旅行方法




上手に京都を楽しもう!


目次


1.渋滞を避けよう


2.食事をする


3.宿泊


4.拝観料




 ツイート











1.渋滞を避けよう
ハイシーズンは車で入らない方がいい!?

 桜シーズン(4月上中旬)

紅葉シーズン(11月中下旬)

夏休みのシーズン(7〜8月)
の休日は
車で京都市街には入らない方がいい!
なんて言われている。
多くの観光客が訪れる
東山、祇園、嵐山、京都中心部など
渋滞に巻き込まれることがある。
最悪一寸釣りもある。
観光協会でもハイシーズンの京都市街は
車で入らないことをおすすめしていた。


ハイシーズンは渋滞もすごい


山科に駐車した

自分がよくとる方法、京都東ICに降りてから
国道1号線をとおり京都市街に入る車で渋滞することがある。
市街地に入る手前に左折して山科方面へ向かう。
椥辻(なぎつじ)駅周辺の駐車場をよく利用した。
地下鉄東西線「椥辻駅」周辺の駐車場に停める。
24時間500〜700円程度だ。
ここから東西線に乗れば10〜20分京都中心部に行けた。
運賃も290〜320円程度だ。
事前にネット検索しよう
タイムズ駐車場などインターネットで検索できる
事前に確認しよう。空車があるかどうかの情報もあるので便利だ。
なお、満車になることも考えて
なるべく多くの駐車場をチェックしている。
必ず駐車できる保障はないが
今まで満車で困ったことはない。
最大48時間
48時間以上駐車すると警告を受けることがあるらしい。
1泊よくて2泊になる。


山科付近


早朝京都に入る

京都市街のホテルに滞在、そこの駐車場に停める場合など
大垣あたりの健康ランドに宿泊して
早朝(6時とか7時)京都入りをしたことがある。
帰りも夕方にならないうちに帰ろう。

鉄道を活用しよう
路線バスも渋滞に巻き込まれる

京都をまわるのに路線バスが便利!というが
ハイシーズンは渋滞に巻き込まれる可能性が高い。
特に
夕方 嵐山や金閣寺、映画村方面から京都中心部へ向かうバスなど
いつ着くのか分からないような渋滞、車内もギュウ詰め
さらに、疲れているのでかなりキツかった。
祇園あたりの渋滞もすごいのだ。
場所によっては道が狭く
歩行者が多くてバスも思うように動けないようだ。
地下鉄が便利
京都中心部の移動でスムーズといえば「地下鉄」
南北を結ぶ「烏丸線」と東西を結ぶ「東西線」がある。
ハイシーズンなら
バスで京都中心部に入る前に地下鉄に乗りかえたい。


地下鉄が便利


嵐山へ向かう
路線バス(市バス)

JR京都駅から28系統 所要時間約40分 運賃230円
四条河原町(祇園近く)から11系統 所要時間約40分 運賃230円
さらに
乗り換えなしで便利
阪急電車は早い
四条河原町駅から 所要時間18分 運賃220円
桂駅で1回乗り換え

以上から
路線バスの方が乗り換えなしで行けるし
便利に思えるが阪急電車は18分に対しバスは40分程度かかる。
さらにハイシーズンには
渋滞に巻き込まれる可能性がある。
嵐山へ直行する場合は阪急電車がおすすめだ。

車で訪れる
シーズンの昼食時の嵐山は渋滞に巻き込まれる可能性が大きい。
見ていると渡月橋のすぐ北側にある「嵐山市営駐車場」に車を停めようとしているのだ。
場所は嵐山で最も賑やかなエリアで
駐車料金1回1,000円(普通車)
そこに集中しているのだ。
しかし 他にも多くの駐車場がある。
例えば
阪急嵐山駐車場
渡月橋の南側に阪急嵐山駅があり、
そこにも1回1,000円の駐車場があった。
そこの方が駐車待ちが少ないらしく
自分は阪急嵐山駐車場に車を停めている。
ただし、狭い道もあるので注意しよう。
周辺にも駐車場がある
タイムズ駐車場などインターネットで調べると
他にも
多くの駐車場があり1時間200円など安いこともあった。
ネットやスマホで空車情報のチェックもできた。
ちょっと離れれば渋滞を避けて
手際よくまわれるのでは?


嵐山へは阪急電車が便利なことも


清水寺や祇園へ向かう
車で行くなら

シーズンになると午前中から渋滞していることが多い。
清水坂の途中にある市営駐車場に停めようとしているのだ。
道が狭いことから嵐山以上に酷なことがある
さらに
観光バスやタクシー優先ということから
駐車を断られることもあった。
周辺の駐車場
実際歩いてみてもタイムズ駐車場を調べても
周辺には多くの小さな駐車場があり
その方がスムーズに駐車できることがあった。
ただ 駐車料金は高く1時間で600円とか1,200円とかした。
(市営駐車場は1回1,000円)


清水寺近くの渋滞


金閣寺方面へ向かう
駐車待ちの経験がない

車で何度か金閣寺へ行ったことがあるが
清水寺や嵐山のように駐車待ちをしたことがない。
清水寺や嵐山は買物や食事スポットとしても有名で
金閣寺と比べ長時間駐車することもあるのだろう。
ただし、金閣寺に向かう途中渋滞に巻き込まれたことはあった。
特にハイシーズンの夕方はすごかった。

快適・便利 オプショナルツアー(定期観光バス)
手際よくまわれる

人気があるのが現地発のオプショナルツアー(京都定期観光バス)
値段は高いが、ハイシーズンでもゆったり座って行けるし
名物料理も楽しめる。
混雑していても、団体優先入場口があるので手際がいい。
個人では参加しにくいツアーも
例えば舞妓さんのショーや文化体験などがある。
インターネットで簡単予約
インターネットを通すと簡単に予約できる。
日本国内で京都を選択すると多くのツアーが紹介される。

詳しくは




冬の京都
ハイシーズンとは裏腹に
12月 1月 2月の平日などガラガラである。
車で街中に入ってもスムーズであった。




2.食事をする
事前予約をする

 祇園(花見小路など) 河原町
清水寺周辺(二年坂三年坂など)
そして昼間の嵐山など
京都にはあちこちで食事をするところがある。
比較的簡単に京都グルメを堪能できた。
花見小路の場合
昼間ならミニ懐石料理も予約なしで味わえた。
ハイシーズンでは食事が難しいことも
桜や紅葉シーズンの休日ともなれば凄い人
夕食時の祇園周辺など
どこも満席なんてこともあった。
事前予約をおすすめ
ハイシーズンでなくても
川床料理や会席料理など予約した方がいい。
オプショナルツアーでも予約を受け付けていた。


川床料理
(貴船にて)



3.宿泊
シンプルな旅館が気に入っている

 京都駅周辺など1泊素泊まり5千円位で泊まれる。
気軽に泊まれることから
個人的にはそういった宿が気に入っている。
オフシーズンならゲストハウスも!?
ゲストハウスのドミトリー(相部屋)
1人1泊2千円台など破格である。
1人旅なら同じ部屋で知り合った人と話が弾むこともある。
しかし
プライバシーがないなど嫌がる人もいる。
オフシーズンなら4人部屋を
1人占めで2千円台なんてことがあった。
予約時に確認してみるのもいい


シンプルな部屋
(1泊5,000円)


宿坊に泊まる
 意外に穴場?

多くのお寺がある京都
宿坊を経営しているところもある。
安いところなら1泊朝食付で5千円もあった。
「門限がある」「夜騒げない」など制約はあるが
お寺に泊まるのは独特なものだ。

詳しくは
宿坊に泊まろう



宿坊で朝食


宿がとれない場合
 ハイシーズンの京都
1泊5万円など極端に高いホテル
または、1泊2千円など極端に安いゲストハウスを除くと
ほとんど満室ということはザラ
自分は以下の方法をとった。
旅行会社を通す
旅行会社が部屋をおさえているらしく
旅行会社のツアー(フリープラン)でホテルを手配した。
もしかすると
ホテルの予約もできるかもしれない。
ただし
安くはしない。
大阪のホテル
阪急電車や京阪電車を利用すると
京都中心部から大阪まで
400円程度 1時間もしないで到着
23時発の電車も出ていた。
ハイシーズンの京都を思うと、大阪のホテルは安く感じた。


大阪 道頓堀にて




4.拝観料
フリー切符で割引になることも

京都旅行で結構な金額になるのが拝観料
1つの寺院で500円と考えれば10寺院まわって5,000円
宗教施設であること、入場料というより志納金といったところか?
割引はないと言われている。
しかし 以下の割引を確認した。
フリー切符で割引
例えば
京都観光一日・二日乗車券
天龍寺や龍安寺 智積院 50円引その他多数割引あり


天龍寺フリー切符で安くなることも!





 ツイート







トップに戻る
京都旅行の情報


スマートフォン



(注意)
06年までの旅行経験から07年〜17年にまとめました。
自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
参考程度に自己責任のもとで調査してください。