台湾旅行方法

初めての海外旅行!
でも自由な旅をしたい!

海外旅行は初めて!
ツアーでしか行ったことがなく不安!
でも、ガイドの旗の後を付いて行くパックツアー
は面白くない。自由な旅をしたい!
自分の旅行経験とその後の調査から
そういった人向けに旅行方法をまとめてみました。






 ツイート




 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








自由で安心な旅をしよう!


自由で安心を求めるならフリープランを探そう!
より自由な旅を
インターネットでも旅行会社のパンフレットでも台湾旅行でよく見かけるのは
台北3日間とか4日間と書かれたプラン、フリープランといい。
往復航空券とホテルがセットになったプランで現地自由
添乗員は同伴しないのだ。ツアーであるがほとんど個人旅行に近いのだ。
バックアップ体制が充実した旅行会社がいいと思った。
往復航空券+ホテルのセットだけ と聞けば不慣れな旅行者にとっては不満であろう。
旅行会社によっては
台湾の空港(桃園国際空港)でのお迎え、ホテルまでの送迎サービス
さらに
携帯電話を無料で貸し出し、台北などで困ったときのサポートを行ってくれる会社も多い。
さらに、信頼性の高い旅行会社なら
パスポートの申請に海外旅行保険 そして日本の空港までのアクセスのサポート
を行い、パスポートの確認などもしてくれることもある。
逆に格安プランでもサポート体制がしっかりしていない旅行会社なら
人員が足りないせいか、細かなサービスは行わない。
パスポートの有効期限や入国条件、現地の確認など個人の責任となろう。
ちなみに旅行会社側にとっても客層は様々らしく
旅慣れた人にとっては細かなサービスはかえってお節介に思うこともある。
一応
海外旅行は不慣れ(初めて)である旨を伝えておいた方がいいと思った。


航空会社の選択ができることもある


(苦情の対応がしっかりしていることも)

ちなみに旅行会社とは旅行者とのトラブルも多いのだ。
大きなトラブルの他
「紹介した内容と実際とイメージが違う」
「あちこちのお土産屋に連れてかれた」
など細かなことでも旅行者にとって気分が悪い物
経験上
信頼度の高い旅行会社なら
トラブル発生時のサポートもしっかりしていることもあるし。
逆に
旅行会社によっては言い訳ばかりするところもあった。

オプショナルツアーをセットしてより安心感の高い旅を!
言葉が通じない海外、街中に出るのが怖い不安という人もいると思う。
そこで便利なのは現地発のオプショナルツアー
台湾市内観光から日帰りで台北郊外の人気観光スポット九分や鳥来
グルメツアーにミールクーポン 体験プランなどその種類は豊富 日本語案内(ガイド付)も多い
宿泊先のホテルによっては、ロビーまでお迎えに来てくれる。
オプショナルツアーを組み合わせて パックツアーに近い形をとることもできるし
最初はオプショナルツアーを組み合わせ安心を買い
慣れたあたりで個人で街歩きに挑戦!ということも可能だ。
フリープランを紹介する旅行会社でオプショナルツアーの予約ができることも多いが
ネットでも手配可能だ。
詳しくは
オプショナルツアーの魅力



オプショナルツアーに参加して台北以外に訪れることもある
(太魯閣峡谷にて)


注意したいところ
選択型の旅行ではない

フリープランの他に聞くのが、選択型の自由旅行
航空券(格安航空券や正規割引航空券)にホテルなどを
別々に手配する方法だ。旅行会社で紹介されることがあるし
インターネットを通せば個人でそれぞれ手配することも可能だ。
組み合わせ方法によってはフリープランのように思えるが
実際は、個人旅行(手配旅行)となり不慣れな旅行者にはあまりおすすめしない。

旅行会社は手配しただけだから
手配さえしておけば、それ以上の責任は負わない。
例えば
飛行機が1日遅れて初日の1泊ができなかった場合
旅行会社はホテルを手配しただけ
基本的にキャンセル手続きは旅行者本人が行う。
不慣れな旅行者にとっては不安なものだし
初日のキャンセル料(もしくはホテル代)は請求されるだろう。
ツアー(フリープラン)の場合
旅行会社の主催で航空券+ホテルセットにしたのだから、
旅行会社側で交渉を行うし
基本的にお客さんの責によらないものなら返金されるはずだ。
(旅行会社によっては個人旅行でも保障してくれるかも?)
現実問題としてはどうだろう。
先にも述べたとおり、旅行会社で自由旅行(個人旅行)を紹介していることもあり
一つの旅行会社で航空券の手配やホテル、
オプショナルツアーの面倒をみてくれるところもあるし
かなり高上りになるが、観光タクシーチャーターのように
専門のガイドを付けることもできよう。
個人手配旅行も一つの旅行会社に全てお願いしておけば
万一に備えての保障も
してくれるかもしれない。
交渉はしたい。
逆に
ツアー(フリープラン)であっても
力のない会社ならどこまで保障してくれるか不安もあった。
(個人旅行の魅力)
海外旅行不慣れな人に個人旅行を勧めないが
個人旅行も魅力があり、フリープラン以上に自由である。
例えば
フリープランの場合
同じ台北で1泊目は〜ホテル2泊目は〜ホテルというように
変更はできないはずだ。
周遊旅行にも少々不向きとなる。
個人旅行はそういった計画もたてれるし
極端な話 宿の予約せずに現地で宿探しすることも可能となる。
(宿を見つけられなくても保障はされないが・・・)
ツアーではなかなか行けないところへ行けるのも魅力といえよう。

代理店であることも
大手旅行会社の看板が掲げているので
安心してお願いしたが、スタッフの対応は悪くトラブルだらけ
そこで本社等に苦情を申し出ても、別の旅行会社と言われた。
そんな話を聞いたことがある。
旅行会社によっては代理店も多いし
他社の旅行商品を紹介する旅行会社も多い。
自分の経験上、他社の商品はスタッフも不慣れな感じである。

周遊旅行はツアーの方がいいかも
ちなみに台北のホテルに滞在して、そこを拠点に
オプショナルツアーで日帰り観光(日帰りで高雄などへ行くツアーもあり)
という考えで紹介している。
台北だけではなく、高雄にも宿泊したい
また、街中ばかりでなく、山に囲まれた静かなリゾート地で宿泊したい
(日月潭(にちげつたん)など)その場合は周遊旅行となる。
台北など日本人旅行者も多いし、サポート体制もしっかりしているが
郊外に出ると、日本人旅行者も少なく、サポート体制
がされていないこともある。となると添乗員や現地係員対応のツアーの
方がいいと思う。台北のみフリーで郊外は現地係員対応のツアーもあるので
そういったプランもいいと思う。


阿里山へのツアーも見かけた


ある程度下調べをしよう!

旅行中ずっと添乗員同伴のパックツアーなら何も知識がなくても旅行は
できるが、フリープランの場合、自分で組み合わせることになる。
プランによっては旅行会社が指定した範囲で航空会社やホテルの選択もでき
追加料金で高級ホテルへのアップグレードもできる。
例えば
日系の航空会社
日本語スタッフ常駐でオプショナルツアーの送迎に来るホテルの選択
オプショナルツアーの種類や行程
食事情報や
個人で街歩きするなら公共交通機関の利用方法
簡単なルール、マナーなど
台湾旅行のガイドブックなどで確認したい。


自分はどのような調査をするか?した方がいいと思ったか?
1.その国の通貨や相場

バンコクからトランスファー(乗り換え)のため、台湾の桃園国際空港に降り立ち
ついでだからと、何も下調べをしないで、台湾入国をしたことがある。
その時、最初に困ったのがその台湾の通貨 そして物価
空港の銀行(両替所)へ行き1万円札を出すとその国の通貨が出される。
が、見慣れない通貨だし、ゴチャゴチャして分かりにくい。
そもそも、食事をするにも買物するにもその国の相場(物価)が分からないのは不安
インターネットで調べると台湾の通貨(元)と最近のレートが分かる。参考にしたい。
余談だが
1元=4.00円と表示してあっても、4円で1元を購入できるわけではない。
手数料がかかり4.4円などになる。(両替する場所によりレートが異なることがある。)
成田空港の銀行などでレートを確認した方がいい。
なお、
さらに10元を円に戻す場合 
さらに手数料がかかるため10元44円でも、34円とか35円になってしまう。
現地通貨はなるべく余らせない方がいいと思った。自分の場合
空港で余った元をほとんど使うことが多い。
詳しくは
元と円のレート

台湾旅行のガイドブック等を開くと、食事など、おおよその物価が
分かってくる確認をしたい。


通貨や相場に慣れたい


2.おおよその行程

極端なは話、添乗員やガイドが付きっきりのパックツアーなら
何も下調べをしなくても何とかなるものだ。しかし、現地自由行動
のフリープラン、どこへ行きたいか?その日はどこをまわるか?
ある程度下調べをしたい。台湾旅行のガイドブックを開くとモデルプラン
が紹介されていることもある。もちろん現地発のオプショナルツアー
を利用すれば安心!その場合もツアー内容もチェックして
自分好みのツアーを選択しよう!
分からないところがあれば旅行会社に聞いてみるのもいい。
メールでも問い合わせてくれよう。


どこをまわるか?
(台北 台湾民主記念館)


3.食事について

食事もオプショナルツアーでグルメツアーとかミールクーポンなどがあるので
それらを利用すれば、特段食事の心配をすることはないが
朝昼晩全て予約済みで素っ気ないもの
そこで海外での食堂利用方法などもチェックしたい。
台湾旅行のガイドブックを開けばだいたい分かるはずだ。
経験上ポイントとなるのが
食堂のジャンルと利用方法
一般食堂とか屋台、本格的な中華料理店
幸い台湾は日本と似ている点があり安心できる。
マクドナルドやスターバックスおいったファーストフードもあり
次にメニュー
台湾の場合
「〜麺」と書いてあれば麺類 「〜火鍋」と書いてあれば鍋物というように
海外にしては分かりやすいが、どのような野菜を使っているか
肉を使っているかは、どのような料理方法か分かりにくいところもあった。
ガイドブックや指さし台湾語辞典などにメニュー表があると思うので準備したい。
他にも
相場やボリュームなどもチェックしたい。
ボリューム感覚をつかめず「食べ過ぎた」ことがある。


食事は旅の楽しみの一つだ!
(台湾はB級グルメも豊富!)


衛生に注意

真夏のとあるフルーツの屋台に訪れたとき「生くさい」
と感じたことがある。経験上 台湾の衛生状態はいいと
思ったが、注意はしたいものだ。

4.交通機関
オプショナルツアーを利用すれば公共交通機関を利用しなくていいが
せっかくなので、利用してみたいし、より自由な旅ができるはずだ。
ちなみに
台北や高雄の地下鉄(MRT)は一般的な日本人旅行者にとって
利用しやすい交通機関と思った。漢字表示なので分かりやすいし
特段語学力も必要としない。しかし、台湾旅行のガイドブック等で
MRTの利用方法など調べておきたい。
路線図も載っていることが多い。
台北ならMRTを利用できるだけでもかなり自由な旅ができた。
そうそう
トラブルを避けるために
マナーも確認しよう 車内飲食禁止で罰金もの
ガムや飴でもNGとか?


MRTが利用できたら個人での行動範囲が広がる


5.連絡先

台湾から日本までの連絡方法(国際電話方法)
や海外旅行保険会社
紛失時のクレジットカード会社の現地の電話番号
フリープランやオプショナルツアー会社の事務所など
連絡先をメモしておきたい。
旅行会社によっては 、緊急連絡先も教えてくれることもあった。




おすすめの旅行会社
HIS
安心感がある

自分も何度か利用したことがあるが、旅行商品も豊富にそろえてあるし
対応はしっかりしていると思った。プランによって異なるが
値段も比較的良心的に思えた。また、HISのスタッフに聞いたところ
代理店は持っていないとのこと
苦情対応もしてくれた。

詳しくは




 






トップに戻る
台湾旅行


スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。