台湾旅行より

海外旅行保険について

海万一ケガや病気、盗難にあったときや
器物を破損したときの保障など
サポートしてくれる保険には加入したいものだ。



格安台湾旅行方法



出発前に保険に加入したい!









 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源













 




精神的な安心もある
個人的には海外旅行保険に加入しても保険のお世話になったことはない。
正直、保険に入るのもいやになることがあるのだ。
だいたいの保険会社は何かあったときの現地の連絡先も提供してくれるのだ。

海外旅行保険の種類
私の知っている限りで

私の知っている限りで保険の種類をまとめると、
まずは死亡保障 病気やケガで死亡した場合の保障だ。(どうもケガと病気で支払われる金額が異なるよう)
ケガや病気での治療保障
カメラ等の破損、盗難による保障
賠償責任 ホテルの備品を壊したなどで賠償責任
救援費用 日本から家族がかけつける場合など
航空会社に預けた荷物が届かないなど
他にも偶発的事故対応や天候等で飛行機が飛ばなかった場合の保証など
いろいろある。
セットで加入?バラかけで加入?
海外保険といってもいろんな種類があるが、ひととおりセットで売られている場合が多い。
ただ、クレジットカードに保険がついていることがあり、その不足分を補うためにバラでかけるということもしている。
例えば 賠償責任が少なかったり救援者費用が含まれていなかったので、それを別途加入する形だ。
インターネットをとおして保険料も2千円ちょっとで済んだこともある。

保険の加入
空港でも加入できることが多いがインターネットでも簡単に加入できる。

まず、成田空港内にも保険会社のオフィスがあり簡単に加入できる。
旅行会社でも保険の紹介をしていることが多い。
ただ、個人的には旅行前にインターネットで加入している。
理由としては
インターネットの場合、いろんな保険会社を比べることができるのだ。
インターネットで調べると、値段にもバラつきが感じることがあった。
空港での加入だとじっくり比べることもできないだろう。
(ただ、安ければいいとも限らないとも思うが・・・)
もう一つは空港に向かう途中に事故にあうことも考えられる。
当然 空港で保険に加入するなら、そこから有効であるが、旅行前に加入するなら
空港へ向かう途中に事故も対応してくれるかもしれない。

保険の注意点
保険がきかないことも

保険に加入する場合、保険金が支払われない場合や注意点を事細かにかかれているもの
例えば 危険なスポーツや作業をする場合など保険の対象外である。
また
台湾で車やバイクを運転することはないが、海外で車(レンタカー)を利用するときなど
海外旅行保険でカバーされるかされないかを慎重に調べている。
例えば、レンタカーで対人対物保険は別に加入している。

あとになって保険対象外ともなれば悲惨だ!


 






トップに戻る
台湾旅行


スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。