台湾旅行より

台湾はこうなっている

台湾はどのようになっているか
大雑把にまとめてみました。



格安台湾旅行方法


  
 台北の夜市              高雄の蓮池潭         花蓮近く太魯閣峡谷
多くのみどころがある台湾








 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 円と元のレート
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源










台湾本土の地図
(手書きです。)







 




台湾の広さや気候、人口など
日本の1/10ほどの広さ。

まずは台湾の面積は36,000km2弱、日本の面積が380,000km2程度と思うと
ざっと1/10程度の広さである。ちょうど九州程度の広さと言われている。
参考に
台北から高雄までの距離は約350kmほどである。
(新幹線の台北〜高雄間の距離から)
気候
台湾は沖縄のすぐ南側にあるので暑いのはだいたい予想できよう。
ちなみに台湾の北部は亜熱帯で南部は熱帯エリアである。
しかし、台湾全土が暑いわけではなく標高の高いところには雪が降るようなところもあるし
台北だって冬になると寒いようだ。風邪をひかないようにしたい。


南部に訪れると熱帯を思わす風景も多い。
(嘉義近くにて)


人口

人口は約2300万人、多くの人は台湾=中国系と思う人が多いだろう
確かに台北や高雄の街など歩くとそれを感じるし、実際、台湾人のほとんどは漢民族である。
しかし、漢民族だけではなく、漢民族が台湾に渡る前から存在する。台湾原住民もいるのだ。
例えば花蓮に訪れるとアミ族という言葉を聞くし、南部横貫公路に訪れるとブヌン族という言葉を聞く
漢民族とは異なり、なんとなくフィリピン系の人に見えるのだ。
ちなみに
原住民と言えば差別的な言い方に思えるが、台湾で観光案内の看板をみると「原住民」という
文字が見られており一般的な呼び方に思われる。
その他台湾について


街を歩くと人口が多いことを感じる
(台北にて)


最高峰は富士山より高い

台湾最高峰は玉山で標高3952mであり富士山より高い。
日本統治時代は新高山(ニイタカヤマ)と呼ばれていた。
ニイタカヤマと聞けば聞いたことがある人がいるかもしれない。
ちなみに阿里山森林鉄道でその近く祝山(2484m)まで行くことができる。
熱帯エリアとは異なり針葉樹林帯となっており独特の雰囲気である。


台湾の高地
(阿里山 祝山からの眺め)


台湾本土だけではない

台湾本土の他、周辺には小さな島もある。
特に印象的なのが、「金門島」台湾本土から遠く離れ中華人民共和国すぐ
のところにある島、台北や台中、高雄などから飛行機がでているとのこと


台湾の街や移動について
最大の都市は台北

まず、台湾最大の都市は台北である。
インターネットで台湾旅行を調べると、台北3日間とか4日間といったプランが多く。
いうなら台北だけでも台湾旅行を満喫できるほどだ。
台北だけなら短期間で格安に旅行できることから
台北の主な観光地などを歩くと、日本人旅行者も多い。
逆に
台北から外れると日本人旅行者がグンと少なく感じがした。


台湾最大の都市「台北」
都会である。


西側に都市部が集中

台湾を代表する都市といえば台北の他、台中、台南、高雄であろう。
いずれも人口100万人以上の大都市であり、台湾西部の海沿いにある。
また、台湾西部は交通網も発達し、高速鉄道(新幹線)に在来線の特急、急行、
そして高速バスがビュンビュンと走っているし、航空路線も発達
ちなみに
台北から高雄まで約350km日本で言えば東京から名古屋位の距離
台湾高速鉄道を利用すれば2時間ちょっとで行くことができるのだ。


台湾を代表する都市の一つ「台中」


台湾の東側

台湾の東側の都市といえば台東と花蓮であろう。
西部と比べれば田舎であり在来線(特急、急行)はあるが新幹線はなし
長距離バスも見当たらなかった。しかしながら、それゆえ地方色豊かであり
花蓮やその近く太魯閣峡谷など人気観光スポットがある。
ちなみに台北〜花蓮は鉄道の本数が多いし、飛行機の便数も多い。


台湾を代表する観光地「太魯閣峡谷」


台湾の内陸部

山岳地である。阿里山森林鉄道や集集線といったローカル線はあるが、
基本はバス移動となろう。1日数本しかないような路線も多く
個人で訪れるなら綿密な計画が必要となろう。
しかし、すばらしい風景に素朴な集落など内陸部は独特の魅力があるのだ。
例えば
台湾周遊ツアーを見ても
台北や高雄といった都市部ばかりでなく
台中近くの日月潭に訪れたり、ローカル色豊かな平渓線、集集線に乗車
森林鉄道に乗って阿里山(祝山)に訪れるプランも多い。
実際 そういったところが旅の思い出として強く印象に残ることもあった。


阿里山の様子
(独特な雰囲気である)

台湾周遊するのにかかる時間

どのような交通機関を利用するかによって異なる
参考に
台北から高雄まで高速鉄道で2時間ちょっと
高雄から在来線特急にて台東経由で花蓮まで行く場合5時間位
花蓮から台北まで在来線特急利用で2時間弱と思えば
1日で台湾1周鉄道旅行可能となる。
台湾1周ツアーを見ても4日とか5日程度というのが目立つし
1週間もあれば個人でも台湾1周旅行を楽しめよう。
ちなみにツアーの場合
台北から台中(日月潭)や台南、高雄など訪れて
高雄から飛行機で花蓮に訪れ、太魯閣峡谷観光
台北に戻るといったような形をとることが多いように思えた。
あと交通費
台北から高雄まで高速鉄道指定席で7,000〜8,000円
東京〜名古屋まで新幹線指定席10,000円程度と思えば
台湾の方が安いように思える。
(高速鉄道は日本の新幹線技術を用いているので速度や乗り心地等ほとんど同じであった。)


台湾高速鉄道であっという間に高雄まで行けてしまう。


台湾の観光について
(どの観光スポットが人気か?)

短期間で格安に台湾旅行をするなら台北のみがいいであろう。
台北だけでも台湾を満喫できるのだ。
しかし、都市部だけしか見ないのも、もったいない気がする。
台北周辺には九分や鳥来温泉など台北から半日〜1日で行ける。
田舎の観光スポットもあるのだ。
九分の場合、現地(台北)発の日帰りツアー(オプショナルツアー)でも4,000〜7,000円程度
鉄道や路線バスを利用した個人なら交通費1,000〜2,000円の範囲以内であろう。
実際 九分には多くの日本人旅行者がいたし魅力的であった。
また、台湾は特段広いわけではないので
台湾1周だって比較的短期間で旅行できるのだ。


台北近くにある人気観光スポット 九分


 






トップ
台湾旅行の情報


07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。