台湾旅行より お土産を買う
旅先では家族や友人、近所、職場、そして自分へお土産を
買っていくことが多いだろう。台湾ではそこでどのようなお土産を
売られていたか、値段や質など手頃なものがあるだろうか?
私の旅行経験からまとめてみました。



         

トップに戻る
台湾旅行

格安台湾旅行方法

格安で快適に旅行をする方法













士林観光夜市には手頃な土産物が売られていた。

台湾旅行のお土産はどこで買ったか?
どこでも手頃なお土産を売っているとは限らない。

例えば、東京だって浅草の仲見世などならいいが
新宿や渋谷でお土産を買うといっても困るもの
台湾でも、どこもかしこも手頃なお土産が手に入るとは限らない。
そこでどのようなところで買ったかまとめました。

ただ、海外である以上、スーパーで売られている菓子でも
日本人旅行者にとっては珍しく手頃なお土産になることもある。

士林観光夜市で箱入り菓子を購入
お得な買物ができた!

近所や友人に配るお土産で有名なのは箱入り菓子である。
空港で売られているチョコレートは海外旅行定番の土産として有名だ。
ただ、空港は高いし。オリジナル性に欠けるような気がした。
士林観光夜市に訪れたとき箱入りの菓子が1箱100〜150元で売られていた。
1元≒4円とみても1箱400〜600円程度 日本なら1,000円位のボリューム感があった。
10箱買ったら1箱サービスしてくれた。
見た目もよく、みんなに喜ばれた。
注意したいのは台北には多くの夜市があるが
どこの夜市でも売られているとは限らない。
士林観光夜市は台北最大の夜市で旅行会社でもよく紹介され
日本人観光客が多い。

九分 阿里山でお土産を購入
観光地の土産物街

九分は台北近くにある代表的な観光スポットである。
他にも鳥来温泉に花蓮近くの太魯閣峡、阿里山など観光地へ行けば
日本同様多くの土産物街をみることができる。
そういったところで飾り物や菓子、茶などが売られていた。
絵葉書など買って日本の友人へ送るのも楽しいものだ。
高山烏龍茶や珈琲
台湾土産として有名なのが高山烏龍茶や珈琲などだ。
阿里山や九分で売られていた。また、台北や高雄などでもお茶の店があり売られていた。
値段はまちまちで高山烏龍茶で
安いものは150g200元 3箱で500元
高いものは120g位かな?1箱300元 4箱1,000元となっていた。
高いのは手摘みらしい。
あとあまり安いのは美味しくないとも聞いた。


九分には多くの土産物屋が並ぶ

スーパーなどで購入
海外ならではの土産物

海外ともなればスーパーや駅の売店、雑貨屋などで売られている品だって
珍しく土産物になることもある。私自身 バスターミナルの売店で菓子を買って
帰ったことがある。ちょっと立ち寄ってみるのもいい。
思わぬ掘り出し物もあったりして

迪北街
古き繁華街

清の時代の繁華街として有名な台北の迪北街
今も古き商店街としてその趣がある。
そこでは多くの菓子や飴、漢方薬に柑橘類などが山のように積まれているのだ。
袋いっぱいに詰めても100元程度だった。
ちょっと変わった土産物にいいかもしれない。


迪北街

空港で買物
あまった通貨を使った
いよいよ帰国 出国手続きを済ませ、搭乗ゲートへ 搭乗エリアには
多くの店が並ぶ。タバコや酒など免税価格でも買えるし
菓子など買ってしまうにもいい。
菓子や雑貨など街中よりも高めだが、衛生的だし
余った通貨を使うのにもよかった。


空港で買物

どのようなものを買ったか?
食べ物や飲み物 実用品 ちょっとした小物

これは私個人の考え方だが旅先での土産物を買うときはなるべく実用的なものにしている
そのとき「ほしい」と思う飾物を買ってもしばらくして邪魔になってしまうことがあるのだ。
それでも、せっかくの海外旅行 記念になるものもほしいのだ。
そこで小さな飾り物を買って家に飾ることがある。
それを見たとき楽しい旅行を思い出すこともあるのだ。
もちろん それは個人差もあり、おおくの小物や飾り物を買って
部屋いっぱいに飾るのもいいのではないか?

お茶や菓子、ちょっとした飾りなどを購入
台湾旅行ではないがTシャツなど買うことも多い。


お茶を購入

注意点
食料品は日本持込禁止のものもある

例えば肉類など検疫にひっかかることが考えられます。
他にも持ち込み禁止のものがあり、日本出国時にも持ち込み禁止品の
一覧が展示されていました。うっかり ということもあるので注意したい。
あと、アルコールなど液体物は機内持ち込み禁止なので託送荷物にしよう!


日本に持ち込んでいいか出国時に確認しよう!

免税範囲か

酒やタバコ、香水など
例えば酒は760cc程度のもの3本まで
とか
紙巻タバコなら200本まで
香水2オンス
など
免税範囲が決まっている。
それをオーバーすると日本の空港にて申告して税金を払うことになる。

荷物多すぎ!?
個人で旅行するときはあまりないと思うが。
航空会社などエコノミークラスなら20kgなど
機内に持ち込める荷物にも重さ制限がある。
サイズにも制限があり
それをオーバーすると追加料金がかかる。
今は、通販でもお土産を買うことができる。
高いとは思うが
多量に購入するならその方が安心かもしれない。
インターネットでも調べることができます。

他にもいろんな注意点があると思います。
いろいろ調べてください。












トップに戻る
台湾旅行


07年9月の経験と調査によるものです。
実際と異なるものや、状況が変化していることも考えられます。
旅行会社などへリンクしていろいろ調べてください。