台湾旅行より

歴史について

日本からも多くの観光客が訪れる人気スポット「台湾」
その歴史を知ればまた興味を注ぐかもしれない。
台湾の歴史について簡単にまとめてみました。



人気観光スポットの台湾の歴史とは
(台北 龍山寺近くにて)












トップ
台湾旅行


いろいろ調べてお得な旅をしたい!
格安台湾旅行方法


台湾原住民の時代
東南アジア系の人が住んでいた。

「台湾=漢民族」と連想するかもしれないが
元は東南アジア系の人が多くの部族に分かれ住み着いており、
狩猟や焼畑などを行っていた。
その文化を紹介するスポットも多く
例えば
台北近くの鳥来温泉では
台湾原住民のタイヤル族の紹介がされている民族博物館や
その料理を出す店がある。
また、花蓮にはアミ族の踊りを紹介する「阿美文化村」がある。

原住民のルートは複雑
東南アジア系とはいえ、その内容は複雑であり、はっきりと東南アジア系とは
言いがたいものもあるとのこと。例えば中国大陸から台湾そして太平洋の島々
に移動してその後台湾に住み着いたといったことも考えられるとか?


原住民文化を紹介する施設もある
(花蓮 阿美文化村にて)


オランダ統治時代
大航海時代で多くの人が上陸する

ヨーロッパで大航海時代に入り、台湾にも多くのヨーロッパ人が訪れている。
1620年代に入りオランダ人が台湾南部に上陸し城を築き
オランダ人による統治が始まった。
例えば
台南にある観光地の一つ「赤カン城」はその1650年代
オランダ人によって建てられ、かつては要塞であった。
他にも
淡水の紅毛城のようにスペイン人によって建てられた城など
ヨーロッパの進出を想わす建物もある。


西洋時代の建物もある
(淡水 紅毛城)


清朝の統治
鄭成功

本格的に台湾に漢民族が入り込んだのは清の時代になってからと言われている。
1644年に明が滅び清王朝が誕生、その後も反清復光で抵抗を続けていた鄭成功は
反清復光の拠点とするため1660年代台湾を攻めオランダ人を追い払った。
しかし、1680年代には清により鄭政権を打ち破られ、その後 清王朝の支配下となった。
また、漢民族による台湾への移住が急激にすすみ台湾原住民との混血が進んだ。
このあたりから現在の台湾の原型ができたとも考えれる。
ちなみに
当時、台湾の政治的拠点であった台南では鄭成功の像を見ることがある。
鄭成功は台湾の人にとっては英雄的存在かもしれない。


鄭成功の像
(台南駅にて)


日本の統治
日本の同化政策

台湾を旅行すると日本語を話せるお年寄りが多いことに気づくかもしれない。
1894年の日清戦争により台湾は日本に割譲されたのだ。
最初は台湾人による抵抗を受け、多くの人が殺されたといわれている。
しかしながらインフラ整備も進み日本同化政策により日本語教育を受けたと言われている。
若者の街として紹介されている台北の西門町には
かつての日本人街であり、日本家屋が残されている。
また、台北中心部近くの新北投温泉にある北投温泉博物館は
日本統治時代の共同浴場を改造したもので 当時の面影が残されている。


当時の繁栄を物語る日本家屋がある
台北 西門町にて)


中華民国
国民党による統治から民主化へ

第二次世界大戦後、日本から独立 蒋介石ら国民党政府が支配することとなった。
また、大陸では共産党との内戦で敗北 台湾に逃れアメリカの保護のもとそこを拠点とする。
日本の支配にも不満はあったものの、中華民国においても独裁的な政治とも言われ
戒厳令もひかれたとのこと。しかし、経済成長や情報化社会の影響もあり
1986年には戒厳令も解かれ、その後、野党も誕生、普通選挙も行われるようになり
台湾は民主化の道へと進んだ。
日本やアメリカとの国交はない!?
台湾を旅行すると経済的には豊かであり多くの外国資本も入っている。
個人的には旅行しやすいと思う。
しかし、外交的にはどうかというと、かつては国連の常任理事国であったが
1970年代に入り国連から中華人民共和国は国家として認められる代わりに
台湾(中華民国)は中国の一部とみなされ国連を脱退
日本やアメリカも中華人民共和国と国交を結ぶとともに台湾(中華民国)
との国交は断交しているのが現状である。
ほとんどの国と国交はなく
台湾と国交を結んでいる国はほんのわずかと言われている。
一般の旅行で不便は感じなかった
国交がなくて困ることはないか?
もちろん、台湾に日本大使館はないが、台北や高雄には
何かあったとき大使館の代わりになる事務所があるとのこと
また、台湾で働いている日本人もいるし、全体的に親日的
一般に観光旅行をする分では困ることはなかった。

国際免許が使えないので車の運転をする場合は困るかもしれない・・・
黙認してくれても事故等何かあったときに無免許扱いになるかも・・・


台湾民主記念堂
(台北)


















トップに戻る
台湾旅行


07年9月の経験と調査によるものです。
主観的な部分もありますし
実際と異なるものや、状況が変化していることも考えられます。
参考程度に自己責任のもとで調査をお願いします。