台湾旅行より 花蓮観光

 阿美文化村(アミ文化村)

花蓮市街から離れたところにある阿美(アミ)文化村
アミ族の踊りを楽しむことができる。
花蓮の代表的な観光スポットだ。
華やかの服装とその踊りは花蓮旅行のすばらしい思い出もなる。
阿美文化村についてまとめてみました。






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








民族舞踊を楽しむ


阿美文化村の魅力
なかなか見られない民族舞踊

花蓮といえば台湾原住民の街として知られる一面もある。
しかし、実際に街を歩くと 他の街とあまり変わらないのだ。
阿美文化村(アミ文化村)は少数民族の衣装をまとった人々が踊り歌い
その雰囲気を盛り上げてくれる。
ちなみに夕方17:30〜19:30の間に1〜2回行われるので
民族舞踊を見物した後に花蓮の街に出て飲食を楽しむのもいいと思う。
太魯閣峡谷と一緒に
花蓮観光に訪れたら必ずといっていいほど太魯閣に訪れる代表的観光スポット
もし花蓮で1泊するなら是非訪れたい。


阿美文化村へ行くには
アミ文化村は花蓮の中心部から数kmほど離れている。

周辺も何もなく、路線バスも確認できなかった。
ツアー(観光バス)利用かタクシー利用が一般的だろう。
ちなみに歩いて行くなら花蓮中心部から1時間程度といったところ
元気があればいいと思うが場所は分かりにくいし
帰りは暗くなると思うのであまりおすすめできない。
 徒歩で行くなら地図等で場所ははっきりさせたい。

タクシー利用
個人で阿美文化村へ行くならタクシーが一般的だろう。
花蓮駅や旧駅付近でタクシーを拾うことをすすめる。
帰りのことも考慮しておこう!
これは推測だがアミ文化村に人にお願いしたらタクシーを呼んでくれるかもしれない。
私の場合
花蓮駅の客引きで交渉し
花蓮駅→旧駅近くの民宿→阿美(アミ)文化村→旧駅近くの民宿(1泊)
→早朝花蓮駅 で宿代+文化村入場料込みで1200元にしてもらった。
お任せなので楽だったが、運任せとなるのは覚悟しよう。

ツアーに参加
台湾周遊ツアーなどで訪れる!?

私のようなものは例外として、多くの旅行者はツアー参加のようだった。
日本の旅行会社では台湾周遊ツアーとか台北+花蓮4日間なんてツアーも多く。旅行会社によっては
延泊ができたり、フリータイムを設けたりと自由も兼ね合わせることができるようだ。
(詳しくはインターネットなどで旅行会社を調べてください。)
安心、確実ではある。
日帰りツアーでは訪れないかも?
アミ文化村でのショーは夕方に行われるので日帰りツアー(オプショナルツアー)
で訪れるのは難しく、太魯閣峡谷観光だけになると思う。
詳しくは各オプショナルツアーツアーを確認してください。


阿美文化村(アミ文化村)の入口


阿美文化村(アミ文化村)の魅力
実際にアミ文化村に訪れた感想と情報をまとめてみました。

民族舞踊は17:30と19:20に行われる。

民族舞踊は17:30と19:30に開かれるようだが、日によって変わることもあるだろう。
宿泊のホテルなどできいてみるのもいいと思う。
所要時間は1時間位だった。
07年9月の入場料は200元だった。
みものは民族舞踊の見物
というより阿美(アミ)の踊りを楽しむことが目的だ。
他にお土産屋などがあった。踊りが終わり、買物をしたりする人をぬいて
、皆帰っていった。


民族舞踊が始まる


日本語通用度も高い

書かずと分かると思うが念の為、「観光目的」の施設である。
日本語の説明もあり、日本語通用度も高かった。
台湾の観光客も多かったが、日本人旅行者も多かった。
民族舞踊(踊り)に参加する楽しみもあり
踊りの内容は音楽にのって、阿美(アミ)族の文化を語るものだ。
多くのガイドブックや旅行パンフレットには「踊りを鑑賞する」と書いてある。
個人的には踊りに参加することに魅力があると思った。
観る分でも楽しめるが、舞踊の後半から、観客を踊り場へ引き込んでの
踊りとなる。それが楽しいのだ。踊りも慣れれば楽しい。
ちなみに最後には踊っているところの写真と撮られて写真入りの絵皿
を売られる。記念としてとてもいいと思ったが、いるいらないは個人の自由だ。
お土産屋や美術館もあるが
アミ文化村には民族舞踊の他 お土産屋や美術館などもあるが
ほとんどの人はツアー参加で時間がないこともある。
個人でタクシーのお迎え付なら民族舞踊終了後出口で待っているかもしれない。
立ち寄る時間がなかったのだ。


 






花蓮についてに戻る


トップに戻る
台湾旅行


スマートフォン


07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。