格安台湾旅行方法1 台北をまわる

特にこだわりがなければ、インターネットでもよく紹介されている。
台北3日間のフリープラン(ツアー)が格安で快適だ。
(3泊4日〜もあったし追加料金で延泊できることもあった。)
最も気軽な台湾旅行となろう。
台北だけでもいろいろ楽しめ、短期間でも台湾を満喫できる!






 ツイート




 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 円と元のレート
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








台北だけでも楽しめる
(中正記念堂)



台北だけでも満喫できる!
観光 グルメ ショッピング・・・
台湾旅行をする人のほとんどが台北郊外の桃園国際空港に
降り立ちここから台北へと向かう。台湾の中心である台北
観光地やグルメ ショッピングなど台北だけでも台湾を満喫することができるし
最も身近に格安に台湾を楽しむことができるのだ。

フリープランに参加するか個人旅行か
フリープランが一般的

インターネットで調べると「台北3日間とか4日間」といった
プランをよく見かける。フリープランといい。最も一般的な
格安台湾旅行スタイルである。もう一つは格安航空券やホテルを
別々に手配する個人旅行、インターネットをとおせば航空券にホテルや
ミールクーポンなど日本から簡単に手配できるうえに自由度が高いという魅力がある。
台北フリープランを中心にまとめてみました。


台北フリープラン(ツアー)とは?
現地フリーのプラン

一般的にフリープランとは往復航空券とホテルがセットされて
添乗員は同行しない現地自由型の旅行である。
一般的に台湾フリープランの場合 セットされるのは

・日本から台北までの往復航空券

・空港〜ホテルの送迎
(旅行会社や時間帯などによって送迎がないこともあった。)

・台北滞在中のホテル
(朝食付が多い)

・台北日帰り観光のサービス
・故宮博物院や忠烈祠などの半日〜1日程度のツアーがサービスでつくことも多い。

また、現地日本語係員が対応したり 何かあったときの携帯電話貸し出しサービスを行う会社もある。
これだけのサービスをそろえば

安心、快適、そして格安で自由な旅行ができるのだ!
私も含めほとんどの旅行者は英語や中国語はしゃべれなかったが平気だった。

はじめての海外旅行でも大丈夫だと思ったし
最も一般的な台湾旅行スタイルではないか?


航空会社やホテルの選択ができることが多い

自分好みのホテルに泊まる!?

プランの内容によるが航空会社(「出発時間帯)やホテルの選択ができることがある。
追加料金で高級ホテルに泊まることもできるのだ。
せっかくの海外旅行 おもいきり贅沢するのもいいし
ホテルは泊まるだけエコノミータイプにして 観光やグルメを楽しむ方法などがある。
エコノミータイプだと部屋が狭いなど不便を感じることがあるが
旅行会社が紹介する以上 そこそこ快適であることが多い。


ひときわ目立つ高級ホテル 円山大飯店



格安台湾旅行ができる

台北3日3万円台?

とにかく安いのも魅力 シーズンやその他条件によるが
台北3日間で3万円台というプランもある。
往復航空券+ホテル+市内観光でこの値段なのだ。



オプショナルツアーでより充実した旅を!
日本語ツアーも多い

「言葉の通じない海外 不安」「もっと充実した旅をしたい」
という場合 台北から多くの日帰りツアーオプショナルツアー
が紹介されている。日本語ツアーも多く安心 九分へ行ったり
台湾料理のグルメを楽しむなどいろいろある。


詳しくは下をクリック

オプショナルツアーの魅力






参考に台北フリーのプランを例をたててみました。
台北3日間
1日目

成田空港から空路台北へ(午前便や午後便、航空会社の選択可能なことも多い)。
(午前便の方が旅行代金が高い。)
台北(台湾桃園国際空港)から台北市街の宿泊ホテルまで送迎
(ホテルの選択ができることも多い。追加料金でホテルのグレードアップも)

到着後、自由行動
追加料金で現地発ツアーに参加したり
台湾料理の夕食予約などもできる

2日目
追加料金不要で台北1日観光ツアーに参加できる。
故宮博物院、忠烈祠、孔子廟、台湾民主記念館
他にもマッサージやショッピングなど

3日目
台北(台湾桃園国際空港)まで送迎 途中免税店に立ち寄ることもある。
台湾桃園国際空港から空路にて成田空港に戻る。
成田空港到着後 解散


以上
台北フリープランの一例をあげてみました。
インターネットを調べると
似たようなプランを紹介している旅行会社も多いし
他にもいろんなプランがある
例えば
台北4日間とか延泊可能なプランも多い。
3日だけではもったいない、台北をゆっくり歩いたり九分まであしを
伸ばしたりしてはどうだろう。



忠烈祠にて
(追加料金不要のオプショナルツアーで訪れることが多い)



台北フリープランについてもう少し詳しくまとめてみました。
自由に歩きたいけど不安という旅行者のために

海外を自由に歩いてみたいけど言葉も通じないし不安
という人も多いのでは?
フリープラン参加者のため困ったときに相談できるダイヤル
を設けている旅行会社もあるのだ。
また、無料で携帯電話の貸し出しをしてくれる旅行会社もあり
何かあったときの緊急連絡を設ける会社もある。

ちなみに
個人で携帯電話レンタルしても1日300円+保険250円 通話料1分240円とか
3日間の旅行で15分の通話でも合計5250円だ。
保険会社の緊急連絡を利用する方法もありえる。

インターネットでもいろいろ紹介されているので調べてください。

困ったときに連絡できるところがあれば精神的にも安心ではないか?


ホテルについて
基本的にホテルはエコノミーから高級ホテルまで選択ができることが多い。
もちろん高級ホテルだと追加料金がかかることが多いが、経験からエコノミーのホテルでも旅行会社で
だしている場合、日本のビジネスホテル程度の快適さはあった。
(部屋が狭いという情報もあったが・・・)
飛行機(航空会社)について
航空会社の指定もないわけではないが、出発時間帯によって値段が大きく
異なる傾向があるようだ。午前出発の方が、午後出発より高くなる。

あとにも述べるが 宿泊ホテルやシーズンなど条件次第では
午前出国午後帰国の2泊3日のプランより
午後出国午前帰国の3泊4日のプランの方が安いこともある。
(ホテルについて個人的に思ったこと)
さきに述べたように、経験上エコノミーホテルでも旅行会社のツアーで紹介されるなら。
だいたい快適だった。(6000〜7000円レベルのホテルだった。)
台湾旅行はホテルを楽しむリゾート型というよりも、あちこちまわる移動型
の旅行だと思えば、ホテルは宿泊という要素が強く高級ホテルでもそれほどのメリットはないのかも、
ちなみに高級ホテルだから建っている場所がいいとは思わなかった。(むしろ郊外にあることも多い。)
しかし、
多くの人は、なかなか高級ホテルに泊まる機会は少ないと思う。
これを機会に高級ホテルに泊まるのもいいと思った。
そんなに高く感じない。


台湾で食事を楽しむ
食事付のツアーだと、大体、ちゃんとした店構えのレストランで本格中華!というのが多い。
しかし、日本人旅行者の話を聞いていると、
庶民的な屋台や食堂で食事をしてみたいという傾向が強いようだ。
食事なし(朝食のみ)のフリープランならそれを満足させてくれるだろう。
実際に屋台や食堂、夜市で食事をしている日本人旅行者もよくみた。
ちなみに
個人的には箸や食器など比較的衛生的に思えたが、
客観的には衛生面については何もいえない。ガイドブックや危険情報など
で確認してください。
(本格中華料理の予約をする)
まったく食事なし(朝食のみ)のツアーだとホテルの食事をぬいて台湾旅行中、
屋台や食堂で食事するより、ちゃんとした店構えのレストランで本格中華を
味わう方が難しいと感じる。
そのときは、オプショナルツアーに台湾料理が含まれていたり、ディナーコースのオプショナル
ツアーに参加するという手もある。3000円〜位で台湾料理のディナーコースのツアーがあった。
もちろん、前もってレストランの場所を調べ、個人で食事に行くという手もあるが、
場所が分かりにくいところにあったり、店が休みであったりすることもあるし、確約はできない。
自己責任が問われる。
また
全食事付のツアーで北京料理や四川料理などいろんな本格料理を楽しめるグルメツアーもあった。




夜市を歩く
(格安台湾旅行 台北フリープランより)



台北フリープランの旅行代金
値段の幅は広く、台北3日でも

安いプランは
オフシーズンの平日出国、平日帰国、エコノミーホテルの
午後(夕方)出国、午前(朝)帰国
なら安いもので25000円前後、まれに20000円程度のツアーがあった。
但し、旅行会社にもよるし
成田空港や関西国際空港発の値段だ、出国する空港によっても値段は異なる。

高いプランは
お盆や年末年始といったピークシーズンで高級ホテルの
午前出国、午後帰国
なら20万円近くまでいってしまい、格安台湾旅行の視点から離れてしまう。
ただ、ピークシーズンからちょっとずれると大幅に値段が下がることもあるのだ。

旅行シーズンに料金変動
ざっとみると、ホテルのレベルよりも
シーズンによる料金変動が大きく感じた。
とある旅行会社では
エコノミーホテルでオフシーズンとピークシーズンとの料金差は
3倍強(30000円〜100000円など)
高級ホテルでオフシーズンとピークシーズンとの料金差は
3倍弱(50000円〜130000円など)
ホテルにグレードによる旅行代金の違い
同じシーズン(ピークシーズン)でエコノミーホテルと高級ホテルとの料金差をみると
1.2〜1.3倍程度(100000円〜130000円など)
同じシーズン(オフシーズン)でエコノミーホテルと高級ホテルとの料金差をみると
1.5倍程度(30000円〜50000円など)
だった。


格安台湾旅行をするためにインターネット検索をしよう!
ピークシーズンでもそこそこ安くなることも

実際旅行会社による料金変動もある。
中には同じ旅行会社でも料金が異なることがある。
いろんなプランを調べるにはインターネット検索が便利
中にはネット限定プランもあった。
年末、年始でも6万円程度(以下)というプラン(ツアー)もあった。





フリープランと個人旅行を比べて
台北3日間はツアー(台北フリープラン)と個人どっちが得か?
簡単に例を挙げると

格安航空券のみ20000円
台北フリープランで25000円
07年現在、この金額はオフシーズンのかなり格安の金額である。
5000円の追加でホテル2泊+空港までの往復送迎がつく
さらに、2日目は故宮博物院や烈忠祠などの観光が無料でつくことも多い。

フリープランの方が安いことが多い


個人旅行の交通費や宿泊費など
空港〜ホテルの交通費

空港〜台北市内のエアポートバスの値段が日本円で片道約500円といったところだ、
まあ、台北駅から故宮博物院や烈忠祠まどの交通費もMRT(市内鉄道)や路線バス
を使えば片道150〜200円といったところだろう。
故宮博物院の入場料
フリープランならオプショナルツアーで訪れることが多い故宮博物院
故宮博物院の入場料は650円程度
ちなみにもう一つの人気観光スポット忠列祠の入場料は無料
問題は宿泊費(ホテル代)
ホテルもかなりの安宿なら1000〜2000円位である。
もういったホテルに泊まるなら個人旅行とフリープランとの料金差はなくなるが
フリープランなら
エコノミーホテルでも1泊7000〜10000円(1部屋2人で2人分の値段)
程度のホテルに泊まれる。
同レベルの旅ならフリープランの方が安くなることが多いのだ。

個人旅行に方が安いこともある。
ピークシーズンになると格安航空券とツアーとの間に2万円位の差が開くこともあった。
そうなれば、格安航空券のみの個人旅行の方がやすいかもしれない。
(格安航空券の場合最低滞在日数も指定されていることもある。)
ただ、ツアーの方が安心だが・・・
おおざっぱにいうと
3〜4日程度の台北フリープランの場合
ツアーの方が格安で快適さを満たしてくれることが多いようだ。


同じ内容のツアーでも値段が違うのは何故?
売れ残りを安くする?

同じ航空会社、同じホテル、同じようなサービスでも値段が25000円〜30000円と
変わっていることもあり、中には20000円以下など、格安航空券のみよりも安いツアー
もでることがある。まずは旅行会社のよっても違いが大きく感じられたので
いろんな旅行会社を調べてみたい。
同一の旅行会社でも値段が異なることがある。聞いてみると、
ツアーでも最初は高いらしい。
プランには多くの航空会社(出発時間帯)やホテルが揃っており、
追加料金を払って、出発時間帯を午前にしたりホテルを変えることができる。
そうしているうちに航空券でもホテルでもいわゆる「余りもの」がでてしまいそのような
ものを安くするそうだ。
安い代わりに選択幅は狭くなり、最後は選択ができない「航空会社未定」というのもある。
だいたい条件のいいものからなくなるので、余りもので好条件は見込めないだろうが、
そういったことにこだわらなければ、穴場的なものであろう。


機内にて



フリープランの問題点について
フリープランの方がお得といわれるが注意点や
問題点もある。そのいくつかを挙げると


1人部屋追加料金

台北フリープランなどのツアーとは2人以上で参加したときの値段が表示されることが多く、1人の場合
1人部屋追加料金がかかるのがほとんどだ。安いホテルでも、2泊3日で+10000円
3泊4日で15000円程度、高級ホテルなら3万円から5万円近く追加ということもあり、
割高になることもある。参考に個人旅行者は一人旅が多いようだ。

1泊3日は不可
沖縄など国内旅行なら、往復航空券+ホテル1泊セットで残り
1泊〜は各自で探す(もしくは別途予約する)。
いわゆる1泊3日とか1泊5日というようなプランもあるが、台湾など海外旅行では
全てのホテルがセットになっていることが多い。つまり、台北から1泊旅行へ行くからと
ホテルをキャンセルしてもその分のホテル代は戻らないのだ。
形式上では旅行会社が主催するツアーなので、変更はきかない。

午前出発の追加料金を思えば、台北3日間より4日の方がいいかも?

格安台湾旅行の場合 パンフレットの値段表に表示されているのは
「午後便で出国、午前便で帰国」というのが多い。
台北3日なら実質的に1日しかいないことになるのだ。
かといって 午前出国などに変更すると追加料金がかかる。
エコノミーホテル泊など条件次第では
2泊3日の午前発 午後帰国よりも3泊4日の午後発 午前帰国の方が安いこともあった。
(ちなみに高級ホテルはホテル1泊あたりの単価が高いので2泊3日の午前発のほうが安いことが多い。)

あと宿の質さえ気にしなければ、
長期旅行になるほど個人旅行の方が安くなるようだ。
フリーツアーで延泊は可能だが延泊料金がかかる。
延泊料金は安いホテルで1泊5000円程度の追加
高ければ一般的で1人15000円程度だった。

サービスがかえってマイナスになることも
フリープラン参加者は送迎無料サービスとか、無料のオプショナルツアーがつく
というような特典がつくことも多い。
得しているように思えるが、それがかえってマイナスになることもある。
例えば
送迎サービス バス等で、ある程度人数が集まったら
出発というパターンが多いようだ。
それも複数のホテルにまわるということも多いので
出発までに長い時間待たされたり、遠回りされてしまうことも多い。
なので別料金でプライベート送迎というのを設けてあることもあった。

桃園国際空港から台北市街までエアポートバスでも100〜150元程度であったし
頻発していた。1元4円とみてもたいした金額ではないと思う。

ただし
送迎中にいろんな説明やチケットの配布があるので
送迎サービスの拒否ができない旅行会社もあるらしい。

もう一つ
オプショナルツアーだと、観光地に立ち寄る時間を短くして
お土産屋に立ち寄る時間を長くされた経験がある。
(ただし、お土産購入の強制はないはずだ)
旅行会社の話によると、お土産屋からお金をもらっていて
それが重要な収入となっているらしい。

ただ、ツアーによってはそのような心配はないものもあるらしい。
(それが、高い有料ツアーのことも多いが)

表示された料金だけではない
これは格安航空券利用の個人旅行でも同じ
空港使用料に各種税金 燃料サーチャージなど追加料金がかかる
最終的な旅行代金は別途 問い合わせてみたい。


 






格安台湾旅行に戻る



トップに戻る
台湾旅行






スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。