格安台湾旅行方法3

台北ともう一つの地域へ訪れたい!

高雄や花蓮 阿里山など台北の他にも多くの町があるのだ。
せっかくだから地方の町にも行ってみたい
鉄道やバス 飛行機など交通機関が発達しているので
簡単に移動ができることも多いし、地方には独特のよさがある。
また、台北と比べ地方は日本人旅行者が少ないのもよかった。






 ツイート




 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 円と元のレート
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








高雄へ行ってみました
(澄清湖にて)



台北ともう一つの町に訪れる。
4〜5日でも楽しめる。
台湾旅行のサイトを検索すると「台北+高雄」とか「台北+花蓮」
といった2都市周遊旅行が紹介されていることが多い。
せっかくだから台北以外の町にも訪れてみたいし
交通機関が発達している台湾 新幹線を使えば台北から
2時間ちょっとで台湾南部の都市「高雄」へも行けてしまう。
4〜5日位の台湾旅行でも2都市周遊を十分に楽しめる。
おすすめは花蓮(太魯閣峡谷)
台湾の街といえばまずは「台北」 そして第2の都市「高雄」
ではないか?港町としての趣がある高雄でも魅力的だが
個人的に2番目におすすめなのが花蓮である。
東海岸の街で地方都市としての趣がある。
そして その郊外にある太魯閣峡谷 断崖絶壁の迫力ある峡谷で
台湾有数の景勝地でもあるのだ。


太魯閣峡谷にて
(格安台湾旅行)





台北ともう一つの町に訪れる方法
いくつかピックアップしてみました!

その1
ツアーに参加する

(台北+高雄ツアー)とか(台北+花蓮) (他にも台湾3都市周遊)など
日本からあらかじめセットされたツアーに参加する方法
ツアーなら全て手配済みなので安心だ。確実にそして手際よく観光地めぐりもできるのだ。
また、台北の他 高雄や花蓮でも宿泊することになるのでまた違ったナイトライフを楽しめる。

その2
台北フリープラン(ツアー)に参加し そこからオプショナルツアーに参加する。

台北から高雄や花蓮(太魯閣峡谷)へ訪れる日帰りツアー(オプショナルツアー)
もある。現地自由行動の台北フリープランに参加して、そこから
オプショナルツアーで地方の街や観光地に訪れるのだ。
基本的に日帰旅行ではあるので現地での宿泊はできないが
多くのプランからチョイスできる。旅行の選択幅は広がるのでは?
また、オプショナルツアーの多くは日本語可能なので安心でもある。

その3
台北フリープラン(ツアー)に参加してそこから自分で切符を手配して行く。
個人で切符を手配して地方の街に訪れる方法、
台湾の鉄道やバスの利用方法はは日本と似ているので
慣れれば個人でも利用するのは簡単だった。
移動時間が 2〜3時間と短いので日帰りでも可能だろう。

個人で切符を購入し新幹線で高雄へ行ったり自強号(特急)で花蓮へ行くも楽しいものだ。

その4
個人旅行で自分で切符を手配して行く。
(3)と同じだが台北フリープランでは台北のホテルを全泊手配しているのが一般的
(台北から地方へ1泊旅行するからその分 ホテルをキャンセルというのはできないし
仮にキャンセルをしても旅行代金は安くなることはない。
航空券(格安航空券)とホテルをバラに手配する個人旅行なので
台北滞在にとどまらず、花蓮や高雄など他の地域で泊まりたいもの
阿里山の民宿などツアーでは紹介されないところに宿泊することもできる。

ちなみに
その1 その4 は地方の都市で宿泊可能で
その2 その3は日帰りで訪れるのが基本となろう。



  
オプショナルツアー                  新幹線に乗って訪れる





その1〜4をもう少し細かくまとめてみました。
旅行行程や料金などで細かく比較してみると


その1 ツアーに参加する場合

ツアーの例を2つ挙げてみました。
なお、添乗員は同行せず現地係員対応というプランが多い。

1つ目
(台北、花蓮3泊4日)

1日目
台北に着き、そのまま花蓮へ行く、夜にアミ族の民族舞踊鑑賞、花蓮泊
(ちなみに台北から花蓮まで自強号(特急列車)で2〜3時間弱
飛行機で40分程度
2日目
太魯閣渓谷観光(花蓮=太魯閣渓谷観光といっても過言ではない。)
その日の夕方に台北へ
3日目
台北1日観光
4日目
帰国
といった具合
(2日目から3日目が花蓮というのもあった。)
ツアーにもよるが台北〜花蓮間は片道飛行機、片道列車利用というのが多いようだ。

旅行代金の比較
シーズンやその他条件により異なるが

以上のツアー 台北、花蓮3泊4日は
同レベルの台北フリープラン4日間と比べ
比べ25000〜30000円ほど高いように感じた

あらかじめセットされたパックツアーの利用
ざっとみると(その1)で説明した台北フリープラン(ツアー)3泊4日の同条件と比べて
2.5〜3万円程度高い。
中には
台北フリープラン(ツアー)と比べ5〜6万円以上高上がりであることもあった。
また、旅行会社によって値段の開きがあることも感じた。
ホテルやサービスの質も違うのかもしれないが)


2つ目
(台北、高雄3泊4日)

1日目
台北に着き、そのまま高雄へ行き高雄泊
(ちなみに台北から高雄まで新幹線で2時間程度
飛行機で1時間程度
2日目
高雄観光をしてその日に台北に戻る
3日目
台北1日観光
4日目
帰国
といった具合
台北〜花蓮は片道飛行機、片道新幹線又は往復飛行機など

旅行代金の比較
同レベルの台北フリープラン4日間と比べ
台北フリープラン4日間と比べ25000〜40000円ほど高いように感じた
ツアー中全食事付もあった。


花蓮に宿泊してアミ族の踊りを観よう!
(格安台湾旅行)



他にも
数は少ないが、阿里山の4日間ツアーもあり
台北フリー4日間と比べ40000円以上高くなっているのがあった。


旅行代金を全体的に見て
台北発の花蓮(太魯閣峡谷)日帰りツアーが20,000円程度で企画されていることから
その2で紹介する台北フリープラン+現地発のオプショナルツアーのセットと比べると
高くなることが多い。しかし、パックツアーの場合 全食事付というプランも多い。
また、オプショナルツアーは台北のみの宿泊になるのに対し
パックツアーだと高雄や花蓮といった地方都市にも宿泊できるので
それなりの魅力はあると思う。

また、ホテルや航空会社、その他のサービスによるが旅行会社によっても
値段に開きがあった。インターネットなどでいろいろ調べてみたい。






その2 台北フリープラン(ツアー)に参加し そこからオプショナルツアーに参加する。
オプショナルツアー(現地(台北)発のツアー)で花蓮や高雄の1日ツアーもある。

台北フリープラン(ツアー)とは一般的に台北滞在中の全てのホテル代が含まれているが
ここで注意したいのは
花蓮や高雄で1泊しても台北での宿泊代は戻らないことがほとんどだ。
つまり1泊のホテルはツアーに含め、残りの日は自分で宿を手配するという
いわゆる1泊3日とか1泊4日ということができないのだ。
つまり宿泊代を損しないためにもオプショナルツアーは日帰りツアーにするのが普通だ。
では日帰りでどのようなツアーがあるかいくつか例を挙げてみた。
ツアーの種類が多いので、インターネットなどで調べ自分にあったツアーを見つけたい。

台北から花蓮(太魯閣峡谷)1日ツアーに参加する。
台北発の日帰りツアー 花蓮(太魯閣峡谷)1日が20000円程度で企画されていた。
パックツアーは台北フリープランと比べ2万5千円以上高くなっていることも多いので
一般的には台北フリープラン+オプショナルツアー参加の方が安いだろう。
しかし
パックツアーだと全食事付も多い。(オプショナルツアーならその日の昼食のみだろう。)
さらに有名な花蓮観光の一つアミ族の民族舞踊鑑賞があるが 夜しかおこなわれないので
日帰りツアーで鑑賞するのは考えがたい。オプショナルツアーは太魯閣渓谷観光のみだろう。


台北から高雄日帰りツアーに参加する。
台北発の日帰りツアー 高雄1日が30000円前後だった。
新幹線で台北から高雄へ行き観光する。
台北から高雄まで新幹線で2時間程度なので台北から十分日帰り旅行ができるのだ。
一般的には台北フリープランに参加してそこから
オプショナルツアーに参加した方が安いと言われているが
実際 どちらが得なのかは比べにくいのだ。
例えば
パックツアーでも25000円程度の追加で「台北+高雄」プランに参加したり
オプショナルツアーより高いと言われても、
パックツアーの場合 台湾旅行中全食事付というのもあった。
また、パックツアーならだいたい高雄でも1泊するが
台北フリープランなら、台北での宿泊が基本であり、高雄へは日帰りとなる。
高雄で1泊するから台北での宿泊1泊キャンセルはできないし
できたとしてもその分安くなるわけではないのだ。

ただし、その名の通り、フリーの方がパックツアーよりフリーだろう。



オプショナルツアーについては以下をクリック!

オプショナルツアーの魅力





また、ホテルや航空会社、その他のサービスによるが旅行会社によっても
値段に開きが感じられた。インターネットなどでいろいろ調べてみたい。






その3 台北フリープラン(ツアー)に参加してそこから自分で切符を手配して行く。
台北から鉄道など使っての個人旅行

まず台湾の広さと交通の便のよさから台北からの日帰り個人旅行できるところが多い。
上手に行けばパックツアーやオプショナルツアーより安くなるのだ。
ただ、台北フリープラン(ツアー)は台北滞在中の全ホテル付きで
台北以外で泊まっても、台北でのホテル代は戻らない。
つまり台北から1泊旅行などするとホテル代が損なのでほとんどは日帰り旅行とするだろう。
また、
台北から個人旅行なので、それなりの自己責任も問われ、ある程度の下調べも必要だろう。
万一、列車などの乗り間違えがあっても自分で対処しなくてはならない。
ツアーよりは疲労がたまることが多い。

参考にいくつかのプランを挙げてみた。
台北から花蓮の日帰り個人旅行
まず台北から花蓮はざっと200kmほど離れている。

個人で台北〜花蓮へ行って、太魯閣渓谷観光すると
台北〜花蓮の往復列車代で900元(3600円位)
(ちなみにツアーなら2人1部屋と考えると1室2000元ていど)
アミ族文化村までタクシー200元2人使用で往復200元
入場料200元で計400元(約1600円)
花蓮発太魯閣渓谷ツアーが昼食付で安ければ700元位であったが1000元程度が多い
(約4000円)
ちなみに太魯閣渓谷は花蓮から路線バスでもまわれ、その方が安いが、
本数は少ないのでしっかりとした下調べが必要となる。)

計9200円
台北発のオプショナルツアーが20000円程度とすると、
単純に10800円ほど安くなる。
ただ、ツアーの場合は飛行機利用も多く飛行機の料金は列車の3倍以上するかもしれない。
また、個人旅行でも1人でタクシーを使いまくれば高くなるだろう。

また、あとアミ族文化村の民族舞踊鑑賞は早くて17:30〜18:30
(19:30〜20:30のこともある。)
ちなみに花蓮から台北までの最終列車が21:46、その前で20:55、19:40であった。
17:30からの民族舞踊鑑賞があれば花蓮の日帰り個人旅行でも見られる。
(17:30からの民族舞踊鑑賞はないこともあるそうだが。)
もし、まわりは公共交通機関やタクシー乗り場がないので帰りもタクシーを予約して
効率よくまわりたい。(スムーズに行けばアミ族文化村から花蓮駅までタクシーを使うと
30分位で着くと思う。

余談だが、花蓮〜台北間の列車は混んでいるらしく、席がなく立席で乗ることもある。
切符を買うのはそう難しくはなかった。
(詳しくは本ホームページの台湾鉄道旅行方法へ)


鉄道を利用 (花蓮)
(格安台湾旅行)




台北から高雄の日帰り旅行
まず台北から高雄はざっと300kmほど離れている。

台北から高雄まで新幹線がでており、2時間(もしくはそれ以下の時間)で着く。
朝一番(7:00)で台北をでれば、9時前には高雄に着き
最終列車は夜20:30や21:30頃に高雄を出るのがあった。
他に、台北〜高雄は飛行機も(所要約1時間)
バスも(所要約4時間30分)頻繁にでている
ちなみに値段は台北〜高雄で
新幹線1500元弱(約6000円)
(ちなみにビジネスクラス(日本でいうグリーン席)で2440元)
飛行機2000元前後(ディスカウントチケットなど値段に開きがある)(約8000円前後)
バスはかなり豪華なバスでも700数十元程度だったと報告されていた。
(安いものだと400元程度)

台北から新幹線で往復しても12000円もしない位だ。
飛行機利用であっても片道10000円と高めにみたら往復20000円位
台北発のオプショナルツアーが30000円だとしたら
オプショナルツアーと比べ
新幹線利用で18000円(ビジネスクラスで10000円)も安くなる


新幹線で高雄へ向かう
(格安台湾旅行)


台北から高雄への観光
(高雄を個人でまわるか?ツアーでまわるか?)

高雄の駅周辺をまわるだけなら問題ないが、
高雄の主な観光地は蓮池潭や澄清湖など郊外に多く、
路線バスでの移動もできないわけではないが、不便だ。
そうなると、高雄発の1日高雄ツアー(日本語)が1万円程度で行われていた。
(もっと安いのもあるかもしれないが・・・)

不便とはいえ、路線バスは安く、1回12元(48円)程度で乗れて
蓮池潭から澄清湖までタクシー利用で230元だった。
各種入場料も200元位だったのでかなり
ツアーと比べればかなり安くなった(が効率は悪かった。)
(ただ、1人でフルにタクシー利用などしたら高くなるだろう。)

なお、高雄には現在地下鉄が走っているので個人での高雄観光も便利になった。

余談だが、台湾の新幹線など、満席なら立席で乗ることもある。
切符を買うのはそう難しくはなかった。
(詳しくは本ホームページの台湾鉄道旅行方法へ)

但し、個人旅行ならそれなりの自己責任も必要となり
トラブルがあっても自分で対処しなくてはならない。あらかじめ下調べもしたい。


高雄の観光を楽しむ
(蓮池潭にて)






その4 個人旅行で自分で切符を手配して行く。
自由気ままな個人旅行

私的に航空券(格安航空券など)のみの
個人旅行なら、台北だけではなく高雄や花蓮といった地方都市に
滞在することに魅力を感じる。
それに、インターネットの普及により、現地でのホテルの予約も可能なので、
必要に応じて手配してみるのもいい。
一般のツアーでは訪れないようなところへ行くことだってできるのだ。
それに
台湾内を転々とする周遊型の旅行で、ホテルなどの質にこだわらなければ
個人旅行の方が安いことが多いのだ。
個人旅行である以上、ある程度の下調べや自己責任は問われるだろう。
本ホームページも参考になれば幸いである。



格安台湾旅行をするには?
個人旅行の方が安いこともある

下手な個人旅行よりツアーの方が安い とも言われている。
確かに、台北フリープランと航空券やホテルを別々に手配する個人旅行
と比べればフリープランの方が安いだろう。
しかし、台湾を転々とするような旅行の場合
ホテルの質などを問わなければ個人旅行の方が安くなることも多い。


その他 注意点
表示された料金だけではない

格安航空券やフリープラン パックツアーなど
表示された料金の他に空港使用料や各種税金 燃料サーチャージ
などがかかり、実際より高くなるのが一般的だ。
1人部屋追加料金
フリープランやツアーの場合 2人1部屋が基準となることが多く
1人の場合は一人部屋追加料金かかかることがあり
ホテルの質にこだわらなければ個人旅行の方が安いこともある。


 






格安台湾旅行方法に戻る



トップに戻る
台湾旅行


スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。