台湾旅行より
ツアーと個人旅行の違いについて
海外旅行をするのに大きく分けてツアーと個人旅行に分かれる。
ツアーとはあらかじめ旅程がセットされたものであるが
台湾(おもに台北)までの往復航空券と現地でのホテルがセットされただけの
現地では自由であるフリープランや(空港~ホテル送迎サービス付も多い)
食事や観光などがセットされているパックツアーがある。
個人旅行は往復の航空券の他、全て自分で手配(探す)ことになる。
最近はツアーと個人旅行の差が縮んでいるが経験から同じ旅行でも、
プランの違いによって楽しみ方が大きく異なることもある。


 ツイート

トップ
台湾旅行

格安で快適に旅行をする方法
格安台湾旅行方法






安心のツアーを選ぶべきか?

自由な個人旅行を選ぶべきか?


さいしょに
台湾旅行の経験から

ツアーと個人旅行との差が縮まっている気がした。
ツアーでも
現地自由行動で個人旅行の魅力をあじわえるフリープランが人気
個人旅行でも
インターネットを使えばホテルや食事、現地日本語ツアーの予約
が簡単にオーダー可能になっているのだ。

ツアーの場合
昔はツアーといえば、添乗員が旗を持って、あらかじめ決まったコース
をまわるという風潮があったが、最近はパックツアーでも
往復の航空券やホテルや送迎付きであとはフリー、という
フリープランが多く紹介されていたり、
さらに、ホテルや航空会社(飛行機の出発時間帯)が選べたりする。
また
台北からの日帰りツアー(オプショナルツアー 日本語可能ツアーも多い。)
を多様に揃えており自分好みのツアーに参加したり
もちろん現地では自由なので
個人で列車やバスを使って九分など台北周辺の街へ訪れることもできる。
ツアーとはいえかなり選択度が自由になっている。

往復航空券+ホテル+ツアーを比較的自由に選択できる形で台湾旅行を楽しむ人が多い。

ちなみにパックツアーでも
宿泊日を延長してその日を自由行動にしたり
ホテルを変えることなどオーダーに応じてくれる旅行会社もあった。

ツアーも格安 現地デスクがあり安心なことも
旅行会社によっては現地にツアーデスクがあったりして安心、
そして快適、さらに下手な個人旅行より安くなっている。
実際、台北など、自由にまわっている日本人旅行者が沢山いたし、台湾旅行をするほとんどの日本人観光客は
日本語以外の言葉はほとんど使えないだろうし、海外旅行にも慣れていないようだけど
ほとんどの人は問題なく旅を楽しんでいた。
個人旅行でも
個人旅行といえば格安航空券などの往復航空券だけを手配現地では自由気ままな旅をする
というのが一般的 バックパックを背負った「バックパーカー」など代表的ではないか?
しかし、インターネットの普及により今は格安航空券はもとより
台湾のホテル予約に現地発のツアー(オプショナルツアー)、食事など
かなり細かい手配が可能だ。
つまり個人旅行でもツアーに近い形をとることも可能なのだ。
それにそこそこの観光ホテルならインターネットを通して日本から予約した方が安いことも多い。

実際インターネットでホテルの予約をしてみたが、日本の旅行会社を通せば、日本語で
簡単にホテルの予約ができたし、安い。
個人旅行でも必要に応じて、
ツアー形式をとってみるのもいいと思った。

実際 ツアーと個人旅行の区別がつきにくくなっている。

本ホームページでのツアーと個人旅行の区別
ツアーとは
旅行会社を通してあらかじめ、往復航空券やホテル、送迎がついており、
観光も観光バス等を利用したツアーに参加する。食事も付いている。
つまり個人旅行でも現地発のツアーに参加したらその部分はツアーとみます。

個人旅行とは
日本から予約するといえば台北などの往復航空券(ほとんど格安航空券)くらいで後は自由
ホテルも予約せずに自分で探したり、ツアーにも参加せず、個人で列車やバスでまわる。
つまりツアーでもフリーな日に個人で列車やバスなどで移動してまわる場合は個人旅行とみます。

台湾旅行
ツアーについて



パックツアーやオプショナルツアーだと
ガイドさんが詳しく説明してくれる。
(花蓮(太魯閣峡観光)にて)


ツアーについてメリット
下調べも少ない
個人旅行ともなると、その国や地域のことについていろんな下調べをしなくてはいけない。
ツアーなら添乗員やガイドがいろいろ教えてくれるし
迷うことなく台湾の観光スポットへ行くことができる。
効率よく確実で快適、そして安心である。
台湾旅行のツアーならかなり日本語の通用度が高いと思う。
実際、現地の地理や言葉など知らなくても確実に効率よく目的地につけるから便利だ。
短期間でもかなりの観光地めぐりができる。
旅行会社を通すのだから、エコノミーのホテルでもそれなりの快適さがある。
添乗員がつかないフリープランでも現地係員が対応してくれた。
台北などに現地デスクや提携旅行会社を設けていたりすることがある。
何かあったときの携帯電話貸し出しサービスがあったりして安心度
個人旅行なら、慣れない気候で道に迷ったりすることもあり、それに伴う疲労やストレスは大きい
路線バスに乗るのもどれに乗ればいいかえ分からない、タクシーなら便利だが、言葉が通じない
ので疲労と緊張もする。どこを走っているのかわからないこともあり不安にもなるし、高い。
さらに言葉が通じないので現地の人と話すのもジェスチャーになったりしてストレスとなることもある。

食事も名物料理、ガイドもいろいろ親切丁寧に教えてくれる。
海外の食事はどこでも珍しいものばかりだが、同じ台湾、個人旅行の場合あるていど
工夫しないと、どこも、同じレベルの同じような食事になってしまうこともある。
ツアーだとそこそこの料理店で台湾料理の他、四川料理や郷土料理、飲茶などバライティー
に富んでいる。さらに困ったことちょっとした疑問に思ったことはガイドが教えてくれることも多い。
(但し、みんながみんな日本語堪能とは限らないが・・・)
個人旅行ならガイドブックなどで自分で調べることになるだろう。

同じツアー客と旅の情報交換
観光バスのツアーなど、同じバスの人と旅の話で盛り上がることが多い。
経験からだいたい日本人同士で一緒になるので言葉の心配も無用。
人それぞれ、いろんな旅をしており、そして旅にたいしていろんな気持ちがあるものだ。
但し、他人の旅のスタイルを非難しないようにしたい。

ツアーについてデメリット
自由がない!
これがツアー最大のデメリットではないか、私自身、「ここでゆっくりしたい」
「ここに立ち寄りたい」と思っても、降りる時間が短かったり、車窓からみる
だけというのが多くあった。あまり好みではないところに長く降りたり
さらに、お土産屋に寄る時間がやたら長かったこともある。
さらに食事、美味しそうなものを食べているのを見ても、ツアーでは食事が
セットされていることも多いので、そこで食事するわけにはいかないし、そんな時間もないだろう。
待たされることもある
旅行会社によっては改善しているというがフリープランで
空港からホテルまでの送迎サービスがつく場合
皆が集まるまで待たされたうえに、各ホテルをまわるので時間がかかることもある。
フリープラン(ツアー)について
ただ、フリープラン(航空券+ホテル)にすれば基本的にフリーで
必要に応じて、追加料金ホテル発などのオプショナルツアー(観光)などに
参加すると、自由とツアーのバランスがとれるみたいでいい。
台北発オプショナルツアーは種類も多く、日本の旅行会社を通しても予約できるし、
言葉の心配もいらないことが多いだろう。

フリープランは多くの旅行会社で取り扱っています。
インターネットなどで調べてみてください!




台湾旅行
個人旅行について




個人旅行は自由だ
街歩きのついでに市場に寄ってみよう!
(高雄にて)


個人旅行について
地域に浸かろう!
経験から私的に思うのは、ツアーは主に観光地(みどころ)めぐり
に対し、個人旅行は観光地めぐりの他、その地域に浸かることを大事にしている。
というのは、個人で列車や路線バスなどに乗ると、乗りかたが分からなかったり
迷ったりとちょっとしたことで困ることがあるのだ。
しかし、そこを現地の人に助けてもらいながらも、
解決したり、その街を歩くことによりそこの地理を肌で知ったりするのだ。
ツアーのように効率よい観光地めぐりはできないが、
個人旅行にしかない経験や出会いがあるのだ。

ツアーでもちょっとした個人旅行感覚を

ツアーでフリーの日を設けたり、ツアーそのものがフリーである
フリープラン(ツアー)というのがはやっており、
台北の街を自由にまわっている
日本人旅行者が沢山いた。日帰りで台北郊外の九份や淡水といったところを
まわってはどうだろう。いい思い出になるかもしれない。

個人旅行のメリット
最大のメリットは自由
自分の好きなところへ行けることだ、ツアーだとどうしてもコースが「ありきたり」
になってしまう。個人なら、ツアーでは行きそうもない、温泉や秘境にも行けるのだ。
ホテルの予約などしてなければ、天候に応じて予定を変更することも可能だし、
現地で思わぬ情報が手に入ったり、観光地だけではなく、その周辺の地元の
市場に立ち寄ってみたりできるのだ。それがまた、いい思い出になる。

多くの人との交流
個人旅行は旅先で多くの人の交流がある。
ゲストハウスで知り合った人と遅くまで語り合うこともよくあるのだ。
全く見知らぬ人同士なのに同じ旅をしている仲間としての親しさ
を感じるものだ。それは個人旅行だから味わえるものかもしれない。
ただし、それに伴うトラブルもある。

個人旅行のデメリット
ある程度の旅行知識が必要
デメリットとしたが、メリットでもあるのだ。
その国や地域に触れるために必要なことではないか?
台湾は日本とよく似ていたが
例えば路線バスの乗り方、地下鉄での切符の買いかた。
食事やその他その国のルールなど、日本と若干異なることがあるのだ。
本ホームページも経験のうえから、いろんな説明をするが、
他に、ガイドブックにも「地球の歩き方」や「ロンリープラネット」
「新個人旅行」など、個人旅行向けのものが多く出版されている。
それをよく読んでもらいたい。
全く自由旅行をする人は、ある程度の旅行知識がある人が多い。
なお、右も左も分からない土地だから列車やバス乗り間違えて大きな
時間と労力のロスや、最悪は目的地にたどり着けないこともあったのだ。
自己責任
個人旅行最大のデメリットではないか、不慣れな海外ともなると
細かいことでもいろんなトラブルがある。それをすべて自分で解決しなくては
ならないのだ。ちょっとしたトラブルを楽しめるような気持ちがほしい。

あとは経験からツアーと比べて、疲労やストレスはたまりやすい。




  ツイート









トップに戻る
台湾旅行


スマートフォン



07年9月の経験と調査によるものです。
実際と異なるものや、状況が変化していることも考えられます。
旅行会社などへリンクしていろいろ調べてください。