台湾旅行 持ち物
旅にでるときどのような物を持って行ったか、まとめてみた。
今回の旅行は荷物を軽く、比較的ラフな格好にした。


トップに戻る

台湾旅行


格安台湾旅行方法
格安で快適に旅行をする方法






持ち物のチェック

必需品

パスポート
海外での唯一の身分証明書だ。もちろん必要
航空券(引受書)
旅行会社を通した場合、航空券というより
その航空券の引受書が送られ、当日空港にある
その旅行会社でチケットを受け取った。
インターネットの場合
メールで添付されたEチケットをプリントアウトして、利用する航空会社
のカウンターへ持っていく、という形をとることもあった。
郵送の場合一緒に空港での集合場所の案内も届くことも多い。
ツアーやホテルの予約確認書
インターネットで日本の旅行会社を通しホテルの予約をしたら
予約確認書がメールで届き、それをプリントアウトした。
ホテルのみの場合、そのホテルの場所をしっかり確認すればよかった。
不慣れな土地では右も左も分からないので、
近くに予約したホテルがあっても分からなくて迷った。
参考にツアーの場合、空港で現地係員がお出迎えという形が多く。
出発前に「空港のどこどこにこのバッチをつけた
人が待っている」というように説明した紙をくれるらしい。
一応詳しく聞いておいたほうがいいかも?
保険証やクレジットカード、T/C紛失時のTEL番号
これも、いざというとき安心、クレジットカードなど、現地にオフィスがあることも多い、
他にも緊急連絡先など控えておきたい
ただ、控えの紙の紛失ということも考え、悪用されないためにもクレジットカードの番号や
暗証番号、その他、重要な個人情報は書かないか、他人が見ても分からないように
暗号化するなり工夫はしている。
現金、T/C(トラベラーズチェック)、クレジットカード
もちろん重要である。台湾は現金(万札など)のほうがいい。
持って行くのは日本円がいい。
円と元のレートにも書いたが、台湾旅行中に私の利用した銀行は全てT/Cは使えず、
空港でも「手数料がかかる」と言われた。T/Cの通用度はかなり低かった。
なお、クレジットカードは使えるところも多いが、有名店も
使えないことがあったので、クレジットだけに頼るのはよくないと思った。
時計
普段は携帯電話に頼っているうえに腕時計はしない。
列車の時刻やツアー集合時間など時計はかなり重要である。
実は韓国旅行をしたとき、時計を忘れ、駅に降りそびれたことがある。
ハングル語で車内放送も聞き取れなかったのだ。
まあ
最近は国際電話可能の携帯電話もあるが・・・

その他
ガイドブック
特に個人旅行では地図やホテル、その他、観光地などガイドブックに頼って
行動をとることが多い。ツアーでもガイドブックがあったほうが旅が楽しくなった。
(予備知識がないとどこを走ってどこに立ち寄ったか分からなくなる。
筆記用具やメモ
台湾では漢字を使うので、筆談できることもある。
他にも旅の記録など、
ちなみに台湾での文房具は結構安かったが、ボールペンは
あまり安いのを買ったら(6元)すぐ壊れた。メモ帳も安いのを買ったが(8元)、壊れることはなく
今も健全である。
カメラと充電器
ちなみに台湾は100Vの60HZ、コンセントもプラグも日本と同じだが
オシロスコープで調べたわけではないので周波数の安定性は不明
精密機器がそのまま使えるかは分からない。
ティッシュ
ポケットティッシュ1個
衣類
ちなみに旅の荷物で一番かさばるのが衣類だ
幸い夏だったので薄着でよかったが、なるべくコンパクトにしたい。

シャツ
Tシャツ3枚 Yシャツ1枚 ランニングシャツ1枚
ちなみにスポーツ店にある登山用のシャツなど1枚2000円以上と高かったが
匂いもつかず、洗濯してもすぐに乾いてよかった。
蒸し暑い季節では、すぐに汗まみれになる。

あと多くのガイドブックに書かれているが、
車内などエアコンが効きすぎるので薄手の羽織るのがほしい。
他にも朝夕が冷えたりすることもある。
もうひとつ大事なのは雨対策
雨が降れば冷えるが、服も濡れてしまいもっと悲惨なことになる。
折りたたみの傘があってもいい。

ちなみにTシャツ現地で自分のお土産用として買ってそれを着ることを
予定しており枚数を少なくしたが、お土産によいTシャツが見つからなかった。
(アメリカやタイではあったのに・・・)
2泊3日や3泊4日ならもっと少なくていい
パンツ7枚 靴下7枚
日数に応じて持って行く。
もちろん現地でも購入可能だが、時間のロスになる。

タオル3枚
バスタオル1枚
ゲストハウスなど一部をぬいてホテルに備え付けてあった。
タオルなど汗拭きによかった。
持って行けばよかったもの
電卓
必要か不要かは個人差があるがお金の計算などに便利だろう。
ウエットティッシュ
市場で果物を買って食べるとき、ふくのがほしかった。
ちなみに市場など切ってある果物を串をつけても売っていたが、
ベトベトした手をふくのにほしかった。
コンビニにも売っている(が売ってないことも多かった。)

着てきたもの
ズボン(登山用のズボン)
Tシャツ
靴下、パンツ
ほとんど普段着のままだった。
靴など履きなれたものでないと靴ずれをおこすと、
小学校の遠足のときいやなほど言われたため
今でも活かされている。


但しあまりみっともない格好は控えたい
高級ホテルやレストランに入りにくくなる。




トップに戻る

台湾旅行


07年9月の経験によるものです。
実際と異なることも考えられます。その他のガイドブックを開いたり、
旅行会社などへリンクしていろいろ調べてください。