台湾旅行より

出発までの計画

台湾へ行こう!と思ったときから出発まで
どのような下調べをしたのか
準備をしたのかまとめてみました。



格安台湾旅行方法



空港に到着
(出発までの準備も万全にしたい!)






 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源













 




自分の経験から
台湾出発までの準備を簡潔にまとめました

まずは航空券(フリープラン ツアー)の手配

一番重要なのが航空券の手配 基本的には安くて条件のいいチケット
から埋まってしまい。シーズンともなれば3ヶ月位前で満席ということもある。
多くの旅行者が利用する台北3日間というようなフリープランも
出発時間帯や航空会社を選ぶことになるが 条件のいい時間帯など
早くに埋まってしまうのだ。
自分の場合
簡単な旅程やプランを選んでから
まず、値段 時間帯から自分が希望するフライトの手配ができるかどうか
からはじめている。
(ただし、高くてもいいというならほとんど問題はないだろう。)


いろいろ下調べをしよう!
(インターネットでも多くの情報が手に入る。)


もちろん パスポートチェックも

はじめての海外旅行者の場合はパスポートの準備も必要
パスポートを持っている人も 有効期限が近くないか確認しよう。
有効期間〜日以上というのを入国条件としていることもある。
片道切符の旅や商用目的など
査証が必要なことがある。
個人旅行の場合
プランもたてている

格安航空券や正規割引航空券だけを手配
ホテルや交通機関など別途手配する場合は大雑把でもプランをたてよう!
交通機関やホテルの手配
これも個人旅行の場合 プランをたてたらそれに基づき
ホテルや交通機関の予約をする。インターネットを通せばいろんな予約ができ
ホテルや飛行機の他、レストランの予約にオプショナルツアーなど
日本語で簡単に手配できるのだ。
もちろん 予約なしで行くバックパーカー型の旅行もあるが
そこそこの観光ホテルに泊まるなら予約した方が安いことがある。


インターネットを使えばホテルも予約も簡単だ!

ツアー(フリープラン)でも
どこへ行ってみたいかまとめておきたい。

ツアーなら行程もホテルも全てセットされているし
現地自由型のフリープランでも航空券+ホテルがセットされてるし
台北市内観光などがセットされているので詳しい下調べは必要ないが
フリープランは原則現地自由行動 パックツアーでも
最終日に自由行動日を設けることもある。
おおよそどこへ行きたいか何をしたいか調べておきたい。


台湾旅行の人気観光スポットの一つ九分
(台北から半日位でも行けるし日本語オプショナルツアーも多い)


海外旅行慣れをしていない人なら空港での手続き方法もチェックしよう

初めての海外旅行(飛行機利用)の場合
成田空港や関西国際空港のような大きな空港ならあまりの広さに戸惑うかもしれない。
ツアーの場合 〜日〜時に〜集合と書いてあるが
一応 前もって下調べしておきたい
台湾旅行のガイドブックには日本の主な空港の見取り図が書かれている。


不慣れな旅行者の場合 大きな空港だと迷うこともあった。


交通機関の利用方法など調べる。
鉄道やバスなど

個人旅行はもちろんツアー(フリープラン)でも現地で自由行動をとることがある。
観光バスを使ったオプショナルツアーもあるが
ある程度交通機関の利用方法も下調べしておきたい。
台北を走りまわるMRT(地下鉄)の乗り方なら
ガイドブックに書かれていることも多いし
慣れれば難しくはない。
ただし、日本と勝手が異なることがあるので注意点のチェックもしよう。
(例 車内での飲食 ガムや飴も含み 1,000元以上の罰金)


MRTが利用できれば台北の行動範囲が広がる


荷物のチェック

出発が近くなったら荷物の準備
海外旅行なら必需品も多い ガイドブックの持ち物リスト参考にしたい。
また、スーツケースやバックパックなどのレンタルや購入も早めにしよう

行程表や緊急時の連絡先をノートにまとめた。
個人旅行はもちろんツアーでも何かあったときの旅行行程や連絡先のメモはしたい。
例えば
旅程の他 時間になっても係員が迎えにこないこともあるのだ。
滞在先のホテルの名前 利用する航空会社や便
参加するオプショナルツアーの連絡先や利用する列車の時刻に
加入している保険会社やカード会社の連絡先
(台北などに日本語対応可能事務所を設けていることが多い。)
何かあったときはもちろん
空港での入国手続きでは滞在先のホテルと住所を記入することもある。

保険加入手続き 携帯電話にパソコンなど

主な空港でも保険の加入はできるができれば旅行前自宅にて
保険の加入をしたい。インターネットでも加入ができるし
いろんなお得プランもある。
携帯電話レンタルにパソコン(WiFiの設定やホットスポットの確認など)
も事前にしておこう!

地域性や文化の違いについても調査したい。
ガイドブックで調べると その国や地域の文化 習慣について
まとめられていることがある。台湾の場合 大きなカルチャーショックはなかったが
例えば
物事に対し 大げさを表現をするとか
ストレートな質問をする国もある
馬鹿にされたと思うかもしれないがその国の風習なのだ。

ある程度下調べをした方が嫌な思いをしないで済むこともあるのだ。



台湾出発まで
どのような過程を得て準備したかまとめてみました。


8月27日
台湾へ行くことを決定する。

まず、9月8日〜9月17日まで休みがとれることになった。
台湾旅行は通常2泊3日〜3泊4日
長くても5泊6日位で行く人が多いので
10日も休みをとって台湾旅行はちょっともったいない気もするが
出発までの間も短いので台湾旅行に決める。
旅行期間は10日もあるので台湾を1周することにする。
ピークシーズンから外れたので航空券の手配はできたが
できれば早めに手配したい
自分の場合
通常海外旅行は1〜2ヶ月位前に行き先を決めて
インターネットなどで旅行会社を調べている。

8月28日〜29日
インターネットで旅行会社を調べる。

旅行会社や航空券のチェックをはじめた
これもできれば1ヶ月以上前には行いたいものだ。
というのは、航空券などまれに早割りといって1ヶ月以上前に予約すると
安くなることがある。その他、ツアーでも個人でも、早くしないと
条件のいいチケットから「満席」ということも多いのだ。
ピークシーズンなら1ヶ月前も満席かもしれない。
昔は「近場の旅行会社を探す」というのが普通だったが、インターネットの普及で今は
いろいろな旅行会社を調べることができる。値段やサービスも異なるので
いろいろ調べて、自分にあった格安プランを見つけたい。
ちなみにチケット(というかチケット引換券)は郵送されたり、
最近は、Eチケットとしてプリントアウトしてそれを航空会社のカウンターや
ホテルのロビーに持っていって黙って渡せばいいものがある。
本当にチケットとして有効なのか不安だが、このほうが安いことも多いので
よく利用している。

8月29日
台湾の行きかた(旅程)を決定する

ツアーで行くか個人で行くか、台湾をどのような「あし」で入り
どうまわるかだ。
まずは、関西国際空港から台北まで往復航空券(格安航空券)を購入する。
ちなみに航空券は一番安い航空会社未定にした。
本来なら時間との関係のため、多少高くとも航空会社
は指定しているが、旅行期間が長いことから、航空会社は安さを優先した。
ちなみにツアーにしろ個人旅行にしろ社会人層を中心に追加料金がかかっても
午前便の利用にする人が多いそうだ。
あとは、個人で列車の切符などを買って台湾を周遊するつもりだ。
高雄でホテルを1泊予約する予定だが自由な旅行をするために基本的にどこも予約しない。
ちなみに
最近はツアーも安いうえに、フリーな時間があることも多いのでおすすめだ。

8月31日
航空会社が決定する。

航空券引受書と共に航空会社が決定、関西国際空港〜台北の
ノースウエスト航空(アメリカの航空会社)だ。
行きは69便、帰りは70便だ。
アメリカの航空会社というと条件がよさそうに思えるが、
アメリカから大阪経由で台北に行くもので、大阪(関西国際空港)は
20:00に出て21:55に台北着、
帰りは台北を8:00に出て、11:55に大阪(関西国際空港)に着く。(時差1時間)
行きは台北市街に着くのは0:00頃に
帰りは2時間前に空港に着く必要から、台北市街を5:00にでることになるだろう。
安さのかわりに時間的に条件はかなり悪いチケットだ。


ちなみに格安航空券の値段
関西〜台北 往復航空券
17200円
休日出国のため +5000円

空港使用料(国内)   +2650円
空港使用料(海外)   +1060円
燃料チャージ       +10400円
で合計36310円だ。
最初に提示されていた航空料金は17200円
と書いてあったがが、空港使用料や燃料チャージで
合計36310円になってしまった。


8月29日〜9月6日
台湾についての調査と旅行行程を決める。

ガイドブックやパンフレットで台湾の旅行行程や調査を以下のようにおこなった。
個人旅行なので詳しく調べたが、ツアーでもある程度の知識があった方が
旅行が楽しくなるだろう。
なお、ガイドブックは個人旅行用のガイドブックと
雑誌方式のガイドブックなど複数を見比べてみた。
(本屋へ行ったら、いろんな種類のガイドブックが売られていた。)

調査内容についてまとめると
・旅行会社のパンフレットからおもな観光地とガイドブックから地理(アクセス)を調査
(ツアーでも知っておいたほうがいいだろう。)
換金のしかたやレートについて
現地通貨への両替 国や地域によって どこでに両替すればいいのか
どれくらい両替した方がいいのか
意外と大切なのだ。
例えば
日本で両替するのと現地(台湾)で両替するの どちらが得か
とか
旅行中 曜日感覚を失いやすいので
両替したいのにその日は土日で銀行が休みということもある。
また、ツアーでも個人旅行でも、いくらくらい使うかもおおよその目安があれば、
それに基づいて両替ができる。
両替する金額が少ないとお金がなくなって切ないし、多く換金すると損だ。
どこで換金すれば便利で得かも調べた。

台湾国内の交通(バス、鉄道、について、台北の空港から市街地へのアクセス)
(個人旅行なら必要な知識、ツアーでもフリーなときに鉄道を利用したりするなら必要だろう。)

台北をはじめとする市内の交通(路線バスやMRT(市内列車)やタクシーなど
(個人旅行なら必要な知識、ツアーでもフリーなときにバスなど利用したりするなら必要だろう。)

台湾の食事について(どんな食事を楽しめるかマナーなど)
個人旅行では必要だが、ツアーでも知っておいたほうがいいだろう。)

ホテルの種類とおおまかな値段
(ホテルを予約しない個人旅行なら必要)

ビザやパスポートについて
ビザが必要か(ごく普通の観光なら必要ないが)
台湾入国するのに必要なパスポートの有効期限など

台湾の国民性
文化面では基本的に台湾も日本もあまり変わらなかったが、
ちょっとしたことで誤解が生じることがあるのである程度知っておいたほうがいい。

現地のインターネットや通信事情など、

他にも緊急連絡先など調べておきたい

海外旅行保険に加入すると現地のアシスタントサービスや提携病院の
連絡先を書かれた冊子を送られることがあった。

あと日本国内でも空港までの交通機関の確保や手配について

9月6日〜7日
出発のため荷物のチェックやまとめをする

行動型の旅行なら荷物はなるべく軽くしたい(特に個人旅行)
ラフな格好にした。

9月8日
出発

時間に余裕をもつために早朝に出発した。
空港には余裕をもって着きたい。
一般的には出発2時間前までに着くべきといわれている


いよいよ出発だ



 






トップ
台湾旅行の情報


スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。