台湾旅行より 台北観光

龍山寺(りゅざんじ)

台北最古のお寺である。
台湾の寺院で一番おすすめだ!


拝観時間 拝観料
6:00〜22:00 無料
滞在時間
境内は特別広くはなく15分もあればいいと思う。
周辺の散策もしてみたい






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








龍山寺



龍山寺の場所
(MRT 龍山寺駅からすぐ 個人でも行きやすかった)



目次

1.龍山寺とは?

2.龍山寺の行きかた

3.龍山寺の魅力・まわりかた

4.注意点



1.龍山寺とは?
台北最古の寺院

1740年完成

とは言っても創建されたのは1738年着工 1740年に完成
日本の江戸時代にあたる。
御本尊は観音菩薩
1945年に空襲
1945年米軍の空襲で多くが焼けたものの
御本尊は焼かれなかった。
1953年再建
1953年に再建される。
現在は人気の高い寺院であり
多くの人々が参拝に訪れている。


歴史ある寺院



2.龍山寺の行きかた
オプショナルツアーに参加

現地発のツアー 日本語プランも多く安心
台北市内観光も豊富だ。
龍山寺に訪れることもある。

詳しくは
オプショナルツアーの魅力




台北では観光バスをよく見かけた


オープンバスを利用
台北にある主要な観光スポットをまわる2階建観光バス
30〜40分間隔で出ており、有効期間中乗り降り自由
日本語オーディオガイドがあるので不慣れな旅行者にも安心
龍山寺に停車する予定はないが、
西門から1q弱 徒歩で15分しない位で行けたはず。

詳しくは
台北の観光スポット
に示す
どのように台北をまわる?
にまとめました。



個人でも簡単に行けた。
MRT(地下鉄)を利用

MRT(台北の地下鉄みたいなもの)の
土城線の龍山寺駅で降りてすぐだ。
MRTの乗り方はコツをつかめば
そんなに難しくはない。

詳しくは
台湾旅行(MRT、地下鉄)



MRT 龍山寺駅の入口


台北駅から歩いて行く
参考に台北駅からスラスラ歩いて30分ちょっとだった。
台北の原宿と呼ばれている西門町や
日本統治時代の建物などみることができ
ゆっくり寄り道しながら歩いたら1時間位かかった



3.龍山寺の魅力・まわりかた
朝食前に訪れた

朝6時から夜10時まで拝観できるのも魅力
朝食前に訪れ、参拝の後、お寺近くの屋台で食事をとった。
周辺の雰囲気がよかった
龍山寺に入る前に、その周辺の雰囲気がよかった。
コンビニ(セブンイレブン)やお洒落なパン屋もあったが、
古びたような商店や屋台があり、
地元風の人で賑やかだった。


龍山寺周辺の様子

境内の様子
境内に入ってすぐ、右手に滝のある庭園があった。
庭園の緑と滝の音がさわやかで印象的だった。


滝が印象的だ!

中国風の寺院、多くの神様が祀られている。

さらに奥へ入ると、そこはまさに中国風の寺院
中には黄金色に輝く観音様をはじめ多くの神様や仏像が祀られ
何よりも印象的なのは人々の信仰心の強さである。
本尊は観音菩薩であるが、他にも多くの神様が祀られており
いろんな宗教が融合しているとか?
お経と祈りの空気
多くの人が集まり皆でお経を唱えていた。
一瞬、近寄りがたさもあったが、それほど堅苦しくなく、お寺の人にカメラを
見せて写真撮影してもいいかと言ったら(ジェスチャー)快くOKしてくれた。
ただ、お参りしている人の邪魔はするものではないだろう。
男女老若多くの人が参拝
台湾の有名なお寺では男女老若多くの人が入れ替わり立ち代り
線香をたててお参りをする姿をみる。
日本では正月など限られた日にしか参拝に訪れないであろう。
信仰心の強さを感じさせる。


お参りをする人

龍山寺近くの屋台で朝食
お寺を後にする。向かいの公園には
地元のおじさんらが集まり
朝から囲碁をうっている人がいた。
近くの屋台で朝食 25元(約100円)
安い!うまい!
多くの人で賑わっていた。

 
近くの屋台で朝食


近くには華西観光夜市
近くには華西観光夜市がある。
他の夜市と比べ独特で
巨大な蛇にトカゲ、スッポンなどゲテモノを扱う店も多い。
夕方に龍山寺に訪れて
そのまま夜市へ行くのもよかった。
ただ、周辺は暗く物騒なので、あまり外れた所は歩かない方がいい。

詳しくは

華西街観光夜市



華西観光夜市



4.注意点
夜は避けた方がいい

龍山寺や華西観光夜市は明るくて賑やかだが
ちょっと離れると暗くで物騒な雰囲気
明るい所から離れないようにしたい。


 






台北観光に戻る


トップに戻る
台湾旅行



スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。