台湾旅行での食事について

台湾での食事方法、種類などまとめてみました!


          


格安台湾旅行方法




中華料理と火鍋そして、台湾ビールを楽しむ






 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源












 



食事をするところは沢山あった。
街を歩くと屋台や一般食堂を多く見かけた

台北や高雄 花蓮 台中などの街中を歩いて思ったことはとにかく
多くの屋台や一般食堂を見られたことだ。
どこでもいいならば 食事に困ることはないと思った。
フリープランでも
日本にて食事の予約をして高級料理を楽しむもいいし
屋台や一般食堂を利用してみるのもいい。
言葉が通じなくても気軽に利用できた。
衛生面についてはなんともいえない
古っぽい食堂なら抵抗を感じるかもしれない。
個人的に思ったことは
全体的に衛生的だと思ったし、腹を壊すことはなかった。


街中を歩くと食堂や屋台をよく見た。

言葉や食事の内容
台湾での食事のマナーやルールについて
(特にこだわることはなかった。)

日本とほぼ同じ、細かいルールはないようだ
例えば、アメリカのレストランならチップを払う必要があり、
テーブルマナーを求められることもあるなど
国や地域によって異なるマナーやルールがあるのだ。
経験から台湾での食事は日本とほぼ同様であった。
味もよかった。


一般的な食堂の雰囲気

言葉の心配はほとんどなかったが

観光地のレストランなど日本語メニューや写真付であることも多いし、
台湾は日本と同じ漢字の国だから。「〜麺」とでたら麺類だろうというような
区別くらいはつく。
ただ、ほとんどのレストランとなれば漢字(中国語)のみ
漢字のみの場合は分かりにくく誤解もしやすいので、、
ガイドブックにあるメニュー表と照り合わせてみた。
注文はメニューに指をさせばいい。ジェスチャーでも結構通用した。
ただ、台湾旅行中、食事で言葉が分からなくて困った記憶がほとんどない、
そこそこのレストランで本格中華のコースを注文するなら
あらかじめ日本で予約しておいた方がいいと思う。
日本語で予約可能で
インターネットで予約も簡単にできるし値段も特段高くなく3,000円位からあった。

食事の量に注意
例えば、日本の焼肉屋でカルビ1人前を注文すると
たいていは1人前とは程遠い量(少量)で本当に肉しかないことが多いのではないか?
韓国や台湾など、日本と同じ感覚で注文すると、かなりの量になってしまうことがあるのだ、
例えば、台湾の食堂で肉を注文すると小サイズでも野菜の上に大量の肉がのっていたりして、
かなりのボリュームであることが多い。(特に一般の中華食堂で皿で注文したときなど)
私の場合、日本と同じ感覚で2人前も3人前も肉を注文して追加で野菜も注文しうえに、
かなりの量になってしまい、さらにビールを飲んで腹がかなりふくれた。
ただ、それは皿で注文したときであり
麺類はそれほどの量とは思わなかった、お粥の店もあるようだ。
経験からファーストフードは量、味ともに日本とほとんど変わらなかったが、
マクドナルドのドリンクは大きかった。(ちなみにアメリカもそうだった。)


意外と量は多い

辛さに注意

台湾のみならずアジア旅行をして食事の注文をすると、日本語で「カライ」と言ってくれたり
「辛い」とメモした紙を見せてくれたりした経験がある。
過去の経験から外国の食事は日本と比べ物にならない激辛というのもあるのだ。
辛いの好きだから辛くしてなんて言ってしまうと。
唐辛子を丸かじりするような辛さになってしまうこともあった。
台湾も日本と比べれば辛いものも多いようだ。


美味しいけど辛かった!(高雄の夜市にて)

個人旅行やフリープランの場合はレストランの営業時間に注意したいと思った。
こだわりがなければ街中で食事に困ることはなかったが
お目当てのレストランなどがある場合
不慣れな土地を個人でまわると、迷ったりして、思った以上に
観光に時間を使ってしまうことが多いのだ。
食事が遅くなってしまい店が「閉店」なんてこともありうる。なので、
時間的に余裕をもちたいし
前もって営業時間とかチェックしよう!
ツアーなら時間配分はしっかりしているようだ。

個人や食事なしツアーでも、本格レストランでも中華料理を楽しみたいと思った。
フリープランなど食事なしのツアーや個人旅行の場合は、自分で食事をするところ
を探す人も多いであろう。台湾の街や地方でも気軽に食事ができるところは多かったので。
こだわりがなければ普通の観光旅行で特別食事に困ることはないだろう。、
ただ、ほとんどは地元風の食堂や屋台、ファーストフード店であり
台湾旅行中、そのようなところばかりの食事も心残りだった。
(それはそれで新鮮で美味しい味に出会えることも多いが・・・)
一度は本格的な中華料理を味わいたいものではないか?
しかし
いわゆる高級中華料理店はそこらをブラリと歩いて見つけることはできなかったし、
みつけても入りにくかった。
(値段も心配だしコースなど予約が必要とすることがある。)
前もってインターネットやガイドブックなどで
調べたり予約したほうがいいと思う。
また、日本の旅行会社でも3000円位から食事の予約ができるようだった。
台北など現地発のオプショナルツアーでグルメツアーを設けていることも多かった。
グルメツアーもある
フリープランなど食事なしのツアーとは別に台湾をまわりながら郷土料理や
各種中華料理を楽しむというツアーもあった。
グルメ三昧でそれはそれで楽しい旅行ではあるが、
ちょっとは地元の食堂に立ち寄ってみたいという人もいた。
台湾の街中には多くの食堂や屋台があり気軽に立ち寄れたし
衛生やみためで不安という人はドリンクだけを楽しめるところもあった。
台湾は南国だけにフルーツジュースなど疲れた体を元気にしてくれ
私にとっては栄養ドリンクのようなものだった。
(旅行中とくに腹を壊さなかったが衛生面については不明)
喫茶店や茶芸館もよかった
台湾の街中には多くの喫茶店(ファーストフード店)があり、
また九?などは伝統茶を楽しめるところもあった。
お茶やコーヒーでも飲んでゆっくりと休みながら旅を楽しみたいものだ。


美しい風景を眺めながらお茶を楽しむ

1人旅の食事
1人旅だと食事に困ることが多い。
全体的に台湾では1人で入りやすい店は多いと思ったし
大人数で入る雰囲気の店でも受け付けてくれることは多かった。
問題となるのは
中華料理とは一般的に1人一皿注文して人数分のお皿(メニュー)を楽しむ
ものだが、1人だと1皿のみとなってしまう。昔、中国(中華人民共和国)へ旅行したときは
量が多すぎたり物足りなかったりして困ったものだ。
しかし、台湾では小サイズにすれば2皿位は食べれた。
1皿を野菜のみにすれば3皿ははいった。(私の場合)
そこそこのレストランならとにかくお腹をすかせて行きたいところだ。
ちなみに
麺類やお粥は一人でもほとんど問題なかった。

1人で食事?みんなで食事?
先にも述べた通り、中華料理とは1人1皿で皆で分け合うというパターンが多い。
つまり人数が多いほどバライティーに富んだ食事ができるということだ。
逆に少人数だと不便である。
台湾旅行の経験から
1人(個人旅行)で楽しめる食事とグループで楽しめる食事も沢山あった。
夜市や屋台、食堂で麺類やちょっとした食事をするなら1人でも食事を楽しめるが
中華料理ならば人数がいたほうがいいだろう。

例えば
食事付ツアー参加の場合
一般の食堂や屋台での食事をしたければ自由行動があるプランなど見つけ
のときを狙うがいいと思った。
旅行中、一般の食堂や屋台で食事をしたいという日本人ツアー客をみた。
ただ、衛星面とか雰囲気的なことから抵抗を感じる人もいるかもしれない。
個人旅行や食事のないプランなら
食事付オプショナルツアー(グルメツアー)に参加したり
空腹にしておもいっきり食べた。
(先にも述べた通り、私の場合、1皿を野菜にし、小サイズにしたら3皿はいった。)


あと一応念のため
フランスやイタリアでは
1皿をみんなで分け合うのは行儀が悪いのだ。
国によって文化が違うものだ。



経験から以下の食事の種類を紹介します!
数多い食事以下の8種類に分けてみました。

(その1)本格的なレストランで台湾料理
(その2)民族料理(原住民料理)
(その3)一般食堂で食事(中華料理)
(その4)一般食堂で麺などの軽食
(その5)茶芸館でお茶
(その6)鼎泰豐で小籠包
(その7)駅弁などの便當(弁当)
(その8)ファーストフードや喫茶店


なお、夜市(屋台)での食事は「夜市を歩こう」にまとめました。

その1
レストランで本格中華料理

台湾に来たなら、一度は高級感のあるレストランやホテルで
本格的な中華料理(台湾料理)を楽しみたい。
ちなみに台湾料理だけではなく
四川料理や北京料理なども紹介されていた。


これから食事だ!

詳しくは

中華(台湾)料理

その2
レストランで民族料理(原住民料理

ブヌン族やアミ族といった、もともと台湾にいた「原住民」の料理である。
中華料理とはまた異なった味がある。
「地場産」も多く、素朴な感じもしてよかった。
健康的にも思えた。


店内の様子
(中華料理の店とは雰囲気が異なりまたよかった。)

詳しくは

原住民料理

その3
一般的食堂で中華料理

都市や地方でよくみた食堂で中華料理を楽しめる。
気軽に入れて値段も安上がり、そして結構美味しいのだ!
居酒屋気分で呑むにもよかった。


店に入る
(庶民的な雰囲気で中華料理や鍋(火鍋)で呑んだり食べたりできた。)

詳しくは

一般食堂で中華料理


その4
一般的な食堂で軽食(麺類やデザートなど)

台湾旅行中の街や田舎でもよくみた。
ドリンクだけ取り扱う店もあり
食事付きツアー参加者の人も、フリーな時間にちょっと立ち寄れば
いい思い出になるかもしれない。


ドリンクだけでも立ち寄れる


詳しくは

一般食堂で麺類などの軽食

その5
高級感あふれる茶芸館でお茶を楽しむ

九分をはじめ台湾には茶芸館というお茶を楽しむところがある。
高級感あふれる店内でゆっくりと台湾の名茶を楽しむのもよい。


クラシックで高級感のある店内


詳しくは

茶芸館でお茶


その6
鼎泰豐で小籠包

多くのガイドブックやパンフレットにも紹介され、とにかく有名な名店「鼎泰豐」
台湾人や日本人旅行者をはじめ多くの人が訪れる。


多くの人で賑わっている大人気の鼎泰豐


詳しくは

鼎泰豐で小籠包

その7
駅弁などの便當(弁当)

台湾でも駅弁などの弁当(便當)がある。味付けは日本と異なっていたが、
車窓を眺めながら鉄道の車内で食べる駅弁は旅情を高めてくれた。


駅弁を楽しむ


詳しくは

駅弁など便當(弁当)


その8
ファーストフードや喫茶店

日本同様、台湾でもファーストフードや喫茶店が多い。
味や中身は日本とほとんど同じだが、外国でのファーストフードも
いい思い出になることもある。

詳しくは

ファーストフードや喫茶店



 






トップ
台湾旅行の情報


07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。