台湾旅行の市内交通

タクシーを利用する

都市部へ行けば多くのタクシーを見ることができる。
そして、好きな時間に好きなところへ移動もできるし手際もいい
チャーターをして観光を楽しむ方法だってあるのだ。
自分の旅行経験やその後の調査から
台湾のタクシーについてまとめてみました。






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








台湾のタクシー


台湾のタクシー
基本的に黄色いボディーである。

台北や高雄といった都市部の他、地方でも見かけることが多いタクシー
基本的にボディーは黄色でTAXIと書かれているのですぐに分かるだろう。
ちなみに台湾ではタクシーのことを「出祖汽車」と書くらしく
「出祖汽車」と表示していることもあった。また計程車と書くこともあるらしい。
いずれにせよ黄色の目立つ車体、慣れればすぐに分かるだろう。
乗り心地など
ドアは手動であり、運賃を表示するメーターや運転手の名前表示など一部を除くと
一般の乗用車に乗っている感覚を覚えるかもしれない。
しかし、世界をみれば日本のタクシーのようにドアが自動で乗り心地がいいのも珍しいと思っている。
運賃
(タクシーの運賃は日本と比べると安いのだ。)

台湾のタクシーは日本のタクシーと比べると安いのだ。
まずは、初乗り確か1.25kmまでは70元であった。
そして250mごと進むと5元ずつ追加されるしくみなのだ。
ちなみにあまりにも減速するとある一定の時間で運賃が加算されるとか?
大きな荷物でトランクを利用するとサービス料として10元が追加されるようだ。
また夜間(23:00〜6:00)の間に利用した場合は夜間割増がかかる。(20%の割増らしい。)

1台湾元≒4円と見れば
初乗りが1.25km280円で250m進むと20円追加
単純に考えて2kmの移動で340円ということになるから
日本のタクシーと比べると安いのだ。

その他のタクシー
タクシー運賃も地域によってバラつきがあるかもしれない。
例えば高雄や台中でタクシーを利用したときメーターをみたところ
初乗りが85元でその後5元ずつ追加しているように思えた。
また、地方など必ずしもメーターを倒すのではなく、交渉制ということもあるらしい。
なんともいえないが行きと帰りで大きく運賃がことなることもあった。
(自分の場合、交渉制の方が高かったが・・・)

チップについて
台湾の場合、基本的にはチップ制度はない。タクシーも同様でチップを払う必要はないのだ。
ただ、よく聞かれるのが特別なサービスを受けた場合など気持ち程度にチップを払うのもいいとか?


黄色いボディーなので分かりやすい


街中ではタクシーは拾いやすい
大きな鉄道駅前など沢山見かけた

時間帯や条件にもよるかもしれないが昼間 台北や高雄、台中といった都市部を
歩くと多くのタクシーを見かけた。大きなホテルや空港、そして大きな鉄道駅など
客待のタクシーも多いし、経験上、都市部なら流しタクシーも拾うことができたが
場所によってはどこでも簡単にとはいえないこともあり
ホテルなどで呼んでもらった方がいいこともあった。


主要な駅やホテル前など多くのタクシーを見かけた


バスやMRTと比べれば高いが・・・
便利さを思えばなんともいえない

ちなみに台北の路線バスは1区間15元 高雄で12元である。1区間とはいえ
タクシーなら100元位するような距離である。
MRTにおいても街中の移動なら20〜25元といったところだろう。
台湾のタクシー運賃は日本と比べれば安いものの、台湾の公共交通機関は全体的に安く
それから見ればタクシーは安いとはいいがたい。
しかしながら、路線バスやMRTは待ち時間もあるし、万一乗り間違えということもある。
タクシーなら間違える可能性も低いと思うし、好きなところへ移動できるメリットがある。
短い期間の旅行を思えばタクシー利用もいいと思う。
ちなみに自分は
MRTがなく路線バスでもあちこち乗り換えなくてはいけないポイントをタクシーで結んだ。


好きなところへ行けるのがいい
(台北、天母にて)



タクシー利用方法
街中でタクシーを拾い目的地までの利用についてまとめてみました。


タクシーを拾う
流しのタクシーを拾う

日本と同様、大きな駅や有名な観光地、有名ホテルなどは、タクシーが待機している場合が多い。
なので、タクシーを利用したいときはそういう所へ行けばスムーズに乗れる可能性は高いだろう。
しかし
流れタクシーの場合、大きな通りにでて手でも挙げてつかまえることになる。
都市部の場合は流しタクシーを拾えることも多い。ただ、すぐに拾えるわけでもなく
なかなかタクシーが来ない(停まってくれない)こともあった。
タクシーを拾うのも多少時間の余裕がほしいもの
あまりと通りの激しいところでタクシーを拾うのはやめた方がいい
他の車の迷惑になるだろう。
場所によってはタクシーブースも見かけた。

郊外(田舎)で流しタクシーを拾うのは難しいかも?
駅やホテルから目的地までタクシーを利用するする場合はだいたい駅前にタクシーが
待機していたり、ホテルでタクシーを呼んでくれたりして安心だったが、
逆に目的地が郊外にあったりして戻るときのタクシーが捕まらず困ったことがある。
ホテルなどをとおして事前に予約しておくなど、なんらかの対策もとっておきたい。

ホテルを早朝にでるときも前日にタクシーの予約をしている。
台湾に限ったことではないが
列車や飛行機の関係でホテルを早朝にでるときは、前日にフロントでタクシー予約の
お願いする。台湾の場合、そこそこのホテルなら日本語の通用度も高いが、経験から
ジェスチャーでもなんとかなった。心配なら台湾語の旅行会話集でも持っていけばいいだろう。

運転手に行き先をつげる
日本語は通じないが言葉の心配はほとんど不要であった。

タクシーに乗車する。扉や手動である。もっとも自動扉のタクシーがあるのは日本と一部の国やエリアしかない。
次は行き先をつげることになる。基本的には日本語は通じないが、筆談は可能、ガイドブックなどの地図を見せる
方法がある。ほとんど言葉は不要であった。
(まれに片言の日本語を話せる運転手がいた。)

注意点
土地に不慣れな運転手

大きな駅とか有名ホテル、空港などメジャーな場所なら心配ないと思うが
マニアックなところだと、運転手もよく分からないことがあるし
思っている場所と異なるところに降りてしまった経験がある。
例えば
高雄で澄清湖へ行こうとタクシーに乗った。そのとき、運転手に「澄清湖」と紙に書いてみせただけである。
連れてかれたのはキャンプ場など青少年のリクリエーション施設のようなところ
シーズンもオフでとても観光地とは思えない感じのところだった。
観光地として紹介される「澄清湖」とはその隣にあり、そこまでかなり歩いたのだ。
今後、マニアックな場所や広いところへ行くときは地図などで場所を明白に示した方がいいと思った。
もっとも
自分も「澄清湖」とは台湾旅行のガイドブックに載っているので興味を示しただけであり
一体どのようなところも分からなかったのだが・・・


一体ここはどこ?
(高雄にて)


田舎などタクシーがない場合もある。

日本でもそうだが、田舎だとタクシーは拾いにくいことがある。
よくありがちな失敗が駅や有名ホテル前でタクシーを拾い
田舎へと向かう。帰りもタクシーと思ったが、タクシーがない
電話をするにも言葉が通じない・・・
そのようなことを防ぐためにもページ下に示す「タクシーのチャーター」など活用したい。




タクシーの中で
メーターを倒してもらう

運賃を交渉したり、チャーター(貸切)などを除くと基本的には
メーター制である。必ずメーターを倒してもらおう。
メーターを倒さずに運転し後で、高額な運賃を請求されるのも気分悪い。


メーターを倒してもる


親切なタクシー運転手も多い

というよりほとんどの運転手は親切ではないか?
タクシーは走る密室不安を思うし、ましてや言葉の通じない海外なおさらであろう。
しかし
カメラなど向けていると、街中の観光スポットで減速してくれる運転手もいたし
自分は台湾で何度かタクシーを利用しているが
ほとんどの運転手はにこやかに対応してくれたのだ。


観光スポットなど減速してくれた
(台中にて)


その他、便利なタクシー利用方法
他にも便利なタクシー利用方法をまとめてみました。


タクシーをチャーターする
観光に便利!?

日本でも2時間とか3時間タクシーを貸しきって観光を楽しむ方法がある。
京都など有名だ。台湾でもタクシーをチャーターして利用する方法だ。
ホテルから出発して主な観光コースをすすむことができる。
台北など1日(8時間)で5,000元程度の貸切タクシーがあるとのこと
路線バスや鉄道と比べれば高上がりではあるが、とにかく便利
それに、人数が集まれば特段高いとも思えない。
(太魯閣峡谷のタクシーチャーター)
台北や高雄など都市部ならMRT(地下鉄)などその他の公共交通機関が発達しているが
地方だと、路線バスがあっても本数が少ないなど不便を感じることがあった。
そのときタクシーのチャーターが便利なこともある。
例えば
花蓮から太魯閣峡谷観光、
峡谷のビュースポットなどあちこちで下車して風景を楽しんだりするのだ。
定期観光バス(オプショナルツアー)もあるが
お土産屋に連れてかれることも多いし、自由がない。
路線バスもあるが本数は少ないし、途中で乗り降りするなら綿密な計画が必要となろう。
待ち時間など時間のロスも多い。
観光タクシーなら観光バスよりも自由度が高いし短時間で手際よくまわれるメリットがある。
確か1日チャーターで3,000〜4,000元程度だと思った。


太魯閣峡谷めぐりなどタクシーチャーターが便利なことも?


チャーターなら予約した方が安心!?
言葉の心配もあるだろう

ちなみに、観光タクシーともなれば言葉が通じる通じないの問題もあるだろうし
事前に予約した方がいいだろう。インターネットで調べると
台北などのタクシーチャーターの予約ができることがある。
オプショナルツアーを企画する会社でもチャーターの
観光案内をしていることが多いのだ。


詳しくは下をクリック

オプショナルツアーの魅力



料金交渉する
タクシー運賃の目安が分かれば交渉してみるのもよかった

花蓮へ訪れたとき、地方の町で地下鉄はないし、路線バスもゴチャゴチャして分からない。
そこでタクシー利用となったのだが、
花蓮駅前で夜市に近い民宿までの往復+その民宿で1泊+民宿から阿美文化村までの往復
で交渉 1,000元で交渉した。値段も割安、不慣れな土地で迷い迷いまわるよりもはるかに効率的であった。
そこまで細かくなくても
〜ホテルを出発して〜に立ち寄り〜へ行くというコースで値段の目安が分かれば
タクシーの運転手と交渉してみるのもいいかもしれない。筆談でも通じた。

注意点
よく分からないで言い値で乗ったり交渉すると損することも

これも自分の経験から台南に訪れたとき台南駅からタクシーで宝覚寺へと向かった。
行きは運賃の交渉で言い値は200元であった。これは高い?と思って
その他のタクシーを利用したら、メーターを倒さずに運転、結局200元と言われ
仕方なく払った。帰りもタクシーで駅に戻ったのだが、メーターを倒して運転
なんと110元であった。ボッタクリなのかお約束価格なのか不明だがあまり気分はよくない。
メーターを倒さずに運転したら「めーたー!めーたー!」とでも言って
メーターを倒してもらえばよかった。

空港の送迎
大きな荷物のときなど便利

例えば桃園国際空港から台北市街までタクシー利用、
エアポートバスもあるが、タクシーなら宿泊先のホテル前まで行ってくれるし安心である。
空港にタクシーサービスと書かれたカウンターがあるはずなので利用したい。
その場合、正規の場所からタクシーを利用した方が安心である。
航空局側で許可されたタクシーであることも多いし
何かあったときのクレーム対応ができることがある。
桃園国際空港から台北市街までの運賃は1,300元程度だと思った。
エアポートバスが125元と思えば、数人で乗車しても割高だが便利はいいだろう。


 






市内の交通に戻る


トップに戻る
台湾旅行



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。