台湾旅行より 宿泊(ホテル)について
旅先では宿の選択を重要な要素の一つ
台湾の宿泊設備のジャンルは広く、夢のような時をすごせる高級ホテルから
1泊1000円程度というようなゲストハウスなどさまざまだ!
自分好みの宿を選んで楽しい旅をしたいもの!
経験から台湾の宿泊設備について紹介します。




自分好みの宿を見つけて楽しい旅をしよう!



トップに戻る
台湾旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安台湾旅行方法











ジャンルの広い台湾の宿泊設備
高級志向からバックパーカーまであらゆるジャンルをカバー

まず、知っている限りの台湾にある宿泊設備をピックアップすると
観光ホテル 安ホテル 旅館 旅社 民宿 ゲストハウス 三温暖(サウナ)
といった具合だ。
細かいことはページの下で紹介するとして、各宿泊設備を簡単に説明すると
観光ホテル(シティーホテル)
ツアー(フリープラン)や旅行会社で予約する場合はその部類に入るだろう。
観光ホテルといっても幅広く、泊まることだけを重視したビジネスホテルのような設備から
シェラトンやプリンスホテルといったようなホテルライフを楽しめる高級ホテルまでさまざま
安ホテル、旅館、旅社
明白な部類はないが同じホテルでも安く泊まることができる。
観光ホテルなら1泊5000円以下というのは少ないが
この部類だと500〜1000元(1800〜4000円位?)と格安に泊まれる。
ただし、建物が古いとか部屋が汚いといったデメリットも多く
旅行会社等で紹介されることはないと思う。
宿の予約なしで台北や花蓮などを行けばこういった宿に泊まると思う。
民宿
阿里山とか花蓮、九分といった地方の観光地によく見られた。
1階がお土産屋で2階が民宿というところもあった。
値段は500〜1000元と安く中には値段のわりに快適な部屋ということもあった。
ただ、経験上 当たり外れもあり、旅行会社で紹介されれることも考えがたく
宿の予約をせずに個人で地方の観光地に訪れたらこのような宿に泊まるかもしれない。
ゲストハウス
簡単に言えばユースホステルみたいなもの、ドミトリーという大部屋(相部屋)に泊まることが多く
その多くは2段ベッドである。
シングルルームもあるがプレハブで作った壁など簡素なものもある。
日本でも沖縄(那覇)や京都に訪れると見かけることがあり
台北駅周辺で何件か見かけた
一般の住宅やアパートの1室を改造して作られたといった感じが多く
1泊300元などかなりの格安宿もあったが
入口が狭いなど、外見から宿であることを確認できないこともあった。
個人旅行用のガイドブックやインターネット等で下調べをする必要があるだろう。
旅行会社で紹介されることは考えがたい。
三温暖
宿泊設備ではなくサウナの仮眠室で一泊といったもの
調べると、日本でも健康ランドとかサウナを好んで泊まる人がいて、
台湾旅行でも求める人がいるようだ。
三温暖は大きなお風呂に入れるというメリットはあるが
台湾には旅館や旅社といった安宿があるため金銭的メリットは少ない。
私の経験から三温暖台北で1件見かけただけだった。


ドミトリールーム

ツアー(フリープラン)なら観光ホテルに泊まるのが一般的

いろんな宿泊設備を紹介したが、ツアー(フリープラン)や旅行会社を通して
宿の予約をする場合はそのほとんど観光ホテルに泊まるだろう。
観光ホテルでもビジネスホテルのような宿泊設備から高級ホテルまでさまざまだが
そのほとんどは快適な部屋に泊まることができる。
ただ、あまりエコノミーホテルになると部屋が狭いなど若干の違和感を感じることがある。
日本でも
1泊4500円〜6000円程度のビジネスホテルと
1万円以上する観光ホテルとなれば部屋の広さが違う。
それと同じだ。
逆に
それ以外の宿泊設備は予約をせずに現地で宿を探す場合や
インターネットの情報(旅行会社のサイトではない)、個人旅行対応のガイドブックから
見つけて泊まることが多いのではないか?
駅前で安宿の客引きもなんどか見かけた。
もちろん個人旅行者ならいろんなジャンルの宿泊設備を選択できるだろう。
旅慣れない旅行者には安宿をすすめたくない
バックパーカーなどで旅慣れている旅行者ならともかく
あまり旅慣れない旅行者なら日本から予約して観光ホテルに泊まることをすすめたい。
安く泊まれるというメリットはあるが、中には部屋が汚く宿に戻るのが嫌になることもあるのだ。
日本の旅行会社で予約できるホテルのほとんどは快適だ。
それに
今やインターネットでも簡単に台湾のホテルを予約できる。
田舎のホテルに泊まる
多くの日本人旅行者が台湾に訪れるがそのほとんどが台北など都市部とその周辺が多く
都市部のホテルに宿泊する場合が多いようだ。
あまり田舎になると、
日本の旅行会社でホテルの予約を受け付けないことが多く、
都市部より安いのだ。そうするとホテルの予約をしない個人旅行者も予約なしで
ホテルに泊まることがあった。


地方のホテルは旅行会社で予約ができないことも多い。
(宝山温泉にて)

その他 台湾の宿泊設備について
予約した宿(ホテル)の場所を確認しよう。

ホテルまでの送迎付きのツアーならばよいが、ホテルのみ予約した場合や
ツアーでもホテルまで送迎がないこともある。
そのときは、前もってホテルの場所を調べとこう。「駅の近く」と言っても
大きな駅なら広くて分からないし、有名ホテルでもない限り、地元の人に
聞いても分からないのだ。まあ、タクシーという手もあるが、何も知らないと
歩いて3分位だったというのもありうる。
日本語通用度について
台湾のホテルは全体的に日本語通用度が高いと思った。
まず、台北の場合はそこそこのホテルなら片言でも日本語が通じることが多く、
ゲストハウスなどもお年寄りなら日本語が話せ、日本人が経営しているところもあった。
日本語が通じなくても
しかし、安宿であったり地方へ行くと、そこそこのホテルでも日本語が通じないこともあった
しかし、それほど苦にならなかった。
まず、漢字表示なので、日本人でもなじみやすいし、基本的なシステムは日本と同じ
普通に泊まる分では言葉が通じなくても日本と同じ感覚でいられた。
どうしても心配なら台湾語の旅行会話集を持っていけばいいだろう。
参考に安ホテルや旅館・旅社、民宿で日本語が通じたことはほとんどなかった。
ホテルのマナーについて
日本とほとんど同じだった。チップもないが、そこそこホテルで特別なサービスを
受けたときはチップを払う。
ホテルの設備
日本の観光ホテルやビジネスホテルと同じだろう。
エコノミーホテルならフロントやロビーも狭く(ロビーはないこともある。)
泊まるだけといった要素が強く
グレードがあがると、レストランやバー プールなどホテルライフを楽しめる施設も充実している。
宿泊代
そこそこのホテルは日本と同じくらいだった。
大ざっぱではあるが
都市部で安くて5000円前後だがだいたい8000円〜 といったところか?
田舎で安くて3500で5000円〜といったところか?
高級ホテルともなれば35000円〜40000円以上といったところか?
ちなみに朝食付きも多い。
同じホテルでも旅行会社(予約サイト)によって値段の違いがあった。
日本の旅行会社でホテルの予約するのに、同じ日に同じホテルでも旅行会社によって
若干の違いがでることがあった。
安ホテルや民宿、旅館などははっきりとした値段がなく、
平日でお客さんがいなさそうなときは半額位になったりした。
まあ、だいたい1800〜4000円位ではないか?
ゲストハウスは1000ちょい〜3000円位か?
三温暖(サウナ)で2000〜2500円程度であった。
当たり前であるが全体的に田舎の宿の方が安かった。
宿(ホテル)の注意点
注意したいと思うことをいくつか挙げました。
知らない人を部屋の中に入れない
海外のみならず当たり前のことだが、ノックしたら、内側からチェーンロックして他人を
部屋の中に入れない。
お風呂のお湯に注意
ドミトリー(大部屋)なら部屋に戻っても緊張感がぬけないことも多いが、
慣れない海外でホテルに戻ると、緊張感がぬけドッと疲れがでることが多い、
そこでお風呂にお湯を入れた後、ベッドの横になったとたんグ〜!
目がさめたら水浸しで高額な損害賠償を請求されることもあるらしい。
非常口
日本のホテルなら当たり前のようにホテルに非常口が確保されているが
海外ではズサンなことが多いのだ。特に安宿は注意が必要で、自主的に非常口を確認
したい。ただ、台湾は安いホテルでも非常口の確保はしっかりしていたと思う。


安宿でも非常口の張り紙はあった。

貴重品の管理
特にゲストハウスのドミトリー(大部屋)は貴重品の管理はしっかりしたい。
盗難があるとみんながいやな思いをするのだ。

台湾の宿泊設備の紹介!
台湾旅行で泊まった宿泊設備とその感想を紹介します!

観光ホテル(シティーホテル)

ツアーでも個人でも旅行会社で予約した場合は
ほとんどホテルになるでしょう。
ホテルの設備は世界中どこへ行っても同じだ。プライベートが保たれ
快適に過ごすことができるのだ。
日本の旅行会社でホテルの他、ツアーやフリープランを予約した場合は
ホテルになるだろう。


フロントにて

詳しくは

観光ホテル




安ホテル
建物が古かったり部屋はあまりきれいでないこともあったが、
その分安い。値引きもしてくれて、ゲストハウス並みの値段で泊まれることがあった。
安ホテルもフロントでツアーなどを取り扱うことある。
値段は安いことが多いが、日本の旅行会社で予約できないクラスを安ホテルとした。


簡単なフロント

詳しくは

安ホテル



旅館・旅社
旅館、旅社は気軽に泊まれるし、安いことも多く、予約なしで気軽に泊まれた。


廊下の様子

詳しくは

旅館・旅社


民宿

宿の予約をしない個人旅行をする人にすすめたいのが「民宿」アットホームであり、
こじんまりとしていた。ただし、都市部では少ない


アットホームな雰囲気

詳しくは

民宿


ゲストハウス

いわゆるユースホステルみたいなもので、部屋はだいたいドミトリーという
相部屋である。台北など日本人が経営していたり日本人の多いゲストハウスもあり、
フレンドリーなことが多く、旅の情報交換をおこなったり、同じ旅人同士として夜遅くまで
語り合うこともある。一人旅の利用が多い。


自炊もできることもあった

詳しくは

ゲストハウス


三温暖(サウナ)

宿泊設備ではないかもしれないが「サウナ」台湾では三温暖といい
台北や高雄で確認した。日本と同様、仮眠室もしっかりしていたし
大浴場とサウナでゆったりできるのが最大の魅力なのだ!
宿泊でなくとも入浴を楽しむために利用するのもいいと思った。
観光ホテルと比べると値段は高くはないと思った。


詳しくは

三温暖(サウナ)












トップに戻る
台湾旅行


07年9月の経験と調査によるものです。
実際と異なるものや、状況が変化していることも考えられます。
旅行会社などへリンクしていろいろ調べてください。